被災地、宮城沿岸部メンバーで構成されたダンスチーム『B-crew』が今夏、宮城初の日本代表チームとしてロサンゼルスで開催される、ダンス世界大会 -WOD- WorldOfDanceに挑戦します。日本中の方にこの活動を通じて世界に挑戦するこどもたち、そして被災地のダンスを是非知ってもらいたい!

プロジェクト本文

東日本大震災被災地、宮城沿岸部メンバーで構成されたダンスチーム『B-crew』が今夏、宮城初の日本代表チームとしてロサンゼルスで開催される、ダンス世界大会 -WOD- WorldOfDanceに挑戦します。日本中の方にこの活動を通じて世界に挑戦するこどもたち、そして被災地のダンスを是非知ってもらいたい!



宮城の被災地、名取を拠点に活動するダンスチーム

B-crewとは、県内初の大人数ダンスクルーとして2013年に結成。BRIGHT(ブライト=明るい・輝く)集団の意味を込めて命名しました。毎年メンバーを増員・選抜しながら、B-crewのダンスは、世界につながる「光」となる事を目標として活動しています。過去大人数の日本最大のダンスコンペティション【LEGEND東京】では東日代表チームとして、全国大会に出場致しました。

B-crew振付師TOMOMI自己紹介

宮城県名取市出身の小野寺友美(TOMOMI)と申します。今回はこのような機会を頂き本当にうれしく思います。ダンスを始めて約15年。今まで数多くのダンスチーム、ダンスクルーを指導してきました。過去には全国大会に出場、入賞することが出来たチームもございます。被災地ではありますが、光に満ちたダンサーは多くおります。今回は初の世界大会ということで、こどもたち、父兄の皆様、全員が気合い十分に練習に励んでおります。

地元の方々のご協力もあり少しずつではありますが、B-crewの活動を周知して頂いております。今回のクラウドファンディングで、日本中に方にB-crew、そして宮城の被災地のダンサーを知ってもらう機会になれればと思います。


今回のB-crew2019日本代表メンバー

・TOMOMI(名取出身:振付&監督)

・髙橋 遥(多賀城出身:振付&コーチ)

・小藤 咲良(名取出身)

・福島 美緒(亘理出身)

・吉田 歩夢(仙台出身)

・三輪 里果子(気仙沼出身)

・小田 紗千(名取出身)

・佐藤 乃愛(仙台出身)

・目黒 玖玲愛(角田出身)

・高橋 ひより(名取出身)

・星 天愛来(大河原出身)

・遠藤 大輔(角田出身)

・髙橋 咲陽(石巻出身)

・北川 莉緒(仙台出身) 以上14名

日本予選時の動画&写真



WOD(ワールドオブダンス)とはLAで毎年開催の世界中のダンサーが憧れるダンスの世界大会!全世界50都市で開催される世界最大のダンスコンテストです。毎年夏にロサンゼルスで開催されるWORLD CHAMPIONSHIPには全世界から厳しい予選を勝ち抜いた各国代表チームが集結します。

WORLD CHAMPIONSHIPの出場権利の条件もスポーツ国際大会の採点基準と同様、最高得点と最低得点を無効とし、残り3つの平均点数が80点を超えた場合のみWORLD CHAMPIONSHIPに出場権利が獲得できます。BEST3内に入っても、80点を超えない場合は受賞と賞金のみとなります。WORLD CHAMPIONSHIPに参加できるのは、BEST3内にて80点以上取った場合参加となります。BEST3に入らない場合は、80点超えていても参加出来ません。上記の厳しい条件を満たしたチームのみが各国の代表チームとなります。World of Danceの出演者も豪華で、世界的人気アーティストジェニファー・ロペスやR&Bシンガーのニーヨ、エミー賞受賞経験も持つ振付師デレク・ハフと豪華キャストが審査を担当します。世界トップアーティストたちがダンスに対してリアクションやコメントする姿も見所の一つであります。

WOD2019 (ワールドオブダンス2019) スケジュール

渡米期間 :2019年 7月24日日本発 ~ 8月1日日本着

●大会日程 : 

2019年 7月26日 WORLD CHAMPIONSHIP

2019年 7月28日 WORLD CHAMPIONSHIP FINAL

●参加部門 : 17歳以下のメンバー構成(ジュニアデビジョン部門)

●世界大会会場 : グローブ オブ ア ナハイム City National Grove of Anaheim

●参加人数 :B-crew大会メンバー13名 + 引率振付師STAFF2名

●渡航費用 : 日本ロサンゼルス間 TOTAL渡米費用 約30万 / 1名 

※別途食事代・現地移動費

●滞在ホテル : ラマダ ニューポート ビーチホテル



被災地・宮城でのB-crewの活動

私達B-crewは、2011年(平成23年)3月11日東日本大震災を経験し、自身が不測の困難に出会うこともあれば、家族や友人が当事者になる場合もあると考えます。誰にとっても、自分ごとになり得る事なのではないかと思います。私達にできること=DANCEを通して、自分の可能性を活かし羽ばたいて生きていける未来をつくることが、私たちの信念です。

B-crewは『誰もが持つ生きるエネルギー・喜び・感謝を、DANCEで情熱を込めて全力で表現する』をコンセプトにしています。私たちは、人は誰でも生まれたときからエネルギーや可能性に満ちていると信じています。ただ、世の中には様々な要因から、その可能性を活かせない人たちもいます。私達は、被災経験を活かし、様々な苦難の状況にあっても、ダンスをする姿を通して、日本中の方に被災地で頑張っている子供達を知ってもらいたい!子供達の勇気・未来への可能性を広げたいと活動してきました。ダンスを単なる運動だとは考えていません。誰かの勇気や生きるエネルギーのきっかけにつながる「光」だと考えています。

-震災を乗り越え未来へ-

切磋琢磨しあう若者が名取でダンスのフィルターを通して繋がることで、地域の活性化にもつながっています。ネクストステージとして、宮城から世界の舞台を目指して活動していきたい!今回の国際大会での経験が必ずこどもたちの未来、そして復興宮城にも繋がっていきます!



B-crew大会参加メンバー&引率STAFFの渡米による、メンバーの負担軽減のためにという思いもありますが、このクラウドファンディングを通じて、日本中の方に『B-crew』の活動、被災地でもここまでやれるという、SOUL『魂』を知ってもらいたいという思いがあります。B-crewの活動を通じて地元の方の認知度は少しずつ上がってきましたので、今後は、日本中の方に被災地で頑張っているこどもたちを知ってもらいたい!



参加メンバー13名&STAFF1名分 トータル費用(約450万円)

今回は半分の費用(225万円)をクラウドファンディングでご協力頂きたいです。

経費詳細 メンバー1名分の渡航費(約30万円)

東京ーLA航空券、ホテル代、WOD参加費(コンペティション・ワークショップ)

・日本での移動費 宮城ー東京間



①3000コース

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


②10000コース

・B-crewオリジナルステッカー(2枚)

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


③20000コース

・B-crewオリジナル日本代表Tshirt(S/M/L 1枚)

・B-crewオリジナルステッカー(2枚)

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


④50000コース

・B-crewメンバーサイン入りお礼色紙(●●様へ)

・B-crewオリジナル日本代表Tshirt(S/M/L 2枚)

・B-crewオリジナルステッカー(4枚)

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


⑤100000コース

・お礼のビデオレター(●●様へ)※メンバー1人1人からコメント

・B-crewメンバーサイン入りお礼色紙(●●様へ)

 ※支援時、必ず備考欄に色紙に記入するご希望のお名前をご記入ください。記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。 

・B-crewオリジナル日本代表Tshirt(S/M/L 2枚)

・B-crewオリジナルステッカー(4枚)

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


⑥200000コース

・お礼の額縁入りTshirt(日本代表Tシャツにメンバー全員でコメントし郵送いたします)※A2サイズ予定

・お礼のビデオレター(●●様へ)※メンバー1人1人からコメント

・B-crewメンバーサイン入りお礼色紙(●●様へ)

※支援時、必ず備考欄に色紙に記入するご希望のお名前をご記入ください。記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

・B-crewオリジナル日本代表Tshirt(S/M/L 2枚)

・B-crewオリジナルステッカー(4枚) 

・お礼のメール・大会記録、報告書(PDF)メール


【リターンに関する注意事項】

※支援時、必ず備考欄にご希望の返信アドレスを記載ください。

※Tシャツが2枚のリターンについては、2枚分のサイズを選択下さい。

※色紙のリターンについては、必ず備考欄に色紙に記入するご希望のお名前をご記入ください。記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください