地域活性化のため、開拓されていない農地を開拓し50mのビニールハウスを3棟増設する。風評被害に負けないファームを作るため、福島の農作物を広く多くの方に味わってもらいたい。安心安全な福島の野菜、果物を是非ご賞味ください!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

福島県伊達市で農業、農園を営んでおりますモスト絆ファームと申します。

平成27年度から、モスト絆ファームとして福島県復興、地域活性化、開拓されていない農地を開拓し

社会貢献に取り組んでおります。野菜作りから初め、苺、桃、ニンニク、キュウリなど野菜や果物を作っております。

2011年 東日本大震災での、原発による風評被害は未だに消えません。

スーパーで福島産の野菜や果物を購入することに抵抗を感じている方もたくさんいらっしゃいます。

海外に関しましても、アメリカ他輸出禁止になっております。大変悔しい思いをしている現状です。

福島復興、風評被害に負けないファーム作りを目指し、

今後もハウス栽培を増やして、地域活性化と福島県の野菜や果物をもっとより多くの方に広めていきたいと思っております。

このプロジェクトで実現したいこと

50mのビニールハウスを3棟増設を目指します。野菜や果物の収穫量を増やし、県外の方へ福島県産を届けられればと思っております。

私たちの地域のご紹介

福島県伊達市は、桃の里、あんぽ柿の発祥の地として果樹の栽培が盛んです。

他にも、苺やリンゴ、ぶどうなど、くだもの王国として知られています!

プロジェクトを立ち上げた背景

農業、農園を営んでいる人口の減少、若い方の農業離れ、過疎化が進む現状を打開したい、また、東日本大震災による原発での風評被害、苦しいからこそ今行動を起こさなければならないと考えこのプロジェクトを立ち上げました。

また、丹精込めて育てた福島の桃を返礼として食べて頂き美味しさをわかって貰い、復興出来る!頑張っている!福島の今を見て頂きたいと思います。

これまでの活動

平成27年5月 モスト絆ファーム始動  7月~野菜作りを開始(トマト、ホウレンソウなど)

平成28年10月 10アール借地にハウス組み立て(苺作りを始めました)

平成28年12月 桃畑買取、剪定から手入れ開始しました

平成29年4月 一口農園主募集を開始  5月~桃の出荷

平成29年10月 2棟目のハウス組み立て(苺の生産量を増やすため)

平成30年1月 3棟目のハウス組み立て(きゅうりなどを栽培)

現在に至る

資金の使い道・実施スケジュール

50mのビニールハウス 3棟増設

福島県の食材をたくさん生産し、多くの方へ届けたいと思います。

2019年7月  クラウドファンディング終了

2019年8月  リターン(極桃)発送

2019年10月  ビニールハウス増設

2019年11月  設備投入

リターンのご紹介

伊達の極桃(はつひめ、あかつき、まどか)を返礼品としてお送りいたします。

極桃は、モスト絆ファームでの桃の生産量の10%にも満たないブランド桃となっております。

■はつひめ・・一番早くに収穫できる桃。

■あかつき・・福島に代表される品種で最も多く作られています。

■まどか・・あかつきの後に収穫される大きな桃。

極桃(5個~6個入り1箱)  6.000円   350個限定となります。 

※更に、今回クラウドファンディングに参加頂いた方々に、「特別いちご狩り」を

期間中3月末から5月初旬に無料体験を付け加えます!
・場所:福島県伊達市保原町字大和101-1
・交通費、滞在費は自己負担にてお願いいたします。
・その他詳細はメールにてご案内致します。

最後に

風評被害に苦しんでいる農家さんが福島県内にはたくさんあります。

全量全袋検査で世界一安心、安全な食材をお届け出来ます!

県内のみならず、県外の方へ福島の今を伝えられればと思っております。

また、我々の発信では多くの方に伝えることは限りなく限界があります。

5月に福島県の松川の祭り 山車を新しくしたいというクラウドファンディングが出ていました。

支援を集める目的も当然ながら、全国に発信され祭りも注目されます。

モスト絆ファームも極桃、極苺などブランド化した商材をクラウドファンディングに参加されなかった方に

も知って頂けるチャンスだと思っております。

最後になりますが、将来的には観光農園を行い、子供たちが収穫しBBQなど体験型農園を目指しております!!

宜しくお願いいたします!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください