【ミートパイの本場の一つオーストラリアで学んだ本格パイを日本全国に広めたい!】 海外(特に英国系)ではミートパイなどのセイボリーパイが日常にあります。食事パイの美味しさを全国の皆様に知っていただき、そして日本でも「パイのある生活」を日常にしたいです。

プロジェクト本文

はじめまして。私は2004年から地元・熊本でミートパイをメインとしたカフェ「feal」を運営しております松本俊宏と申します。パイおじさんを名乗っております。

パイおじさん ※新宿伊勢丹出店時の様子

私は地元熊本の高校を卒業後、オーストラリアへ留学しました。(約3年間)

その際にオーストラリアで初めて食べたミートパイに感動し、「いつかこの味を日本中に広めたい」と思い、留学中に多くのカフェでミートパイを食べ、アルバイトではオーストラリアの地元のカフェで働きミートパイについて学びました。

日本へ帰国後、ミートパイを広めるべく一念発起でオープンしたのがカフェ「feal」です。

カフェfeal店内

住所:熊本県熊本市中央区上通町4-10 トラヤビル2階

営業時間:平日11:30-18:00 *金土祝前日11:30-24:00

定休日:水曜木曜

お問い合わせ先: pie@feal.co.jp


当時は全国的にカフェブームもあり、少しずつお客様も増えなんとか運営を続けておりました。


2016年春の熊本地震。あの日から数カ月はカフェの運営もままならない日々でした。

厳しい日々が続く中、転機はその夏に突然訪れました。

福岡は北九州市のJR小倉駅で開催された熊本復興イベントへの出店をお声かけいただきました。

ノウハウもないまま初めて熊本県外へ数日間の期間限定出店で行きましたが、JRのスタッフ様やお客様のやさしさ、あたたかさを感じたのと同時に、私たちのミートパイを「お肉の入ったパイなんてはじめて食べた!」「美味しかったよ!」「熊本のお店に行かないと食べれないの?」「また小倉に来てよ」など、数多くの嬉しいお声をいただき、少しの自信もいただきました。

その後、熊本のカフェも何とか持ち直し、さらには福岡を中心に百貨店などへの催事出店(期間限定出店)のご依頼もいただけるようになりました。

翌年からは九州外の百貨店や駅ビルから多数の出店依頼をいただき、現在までに北海道・新潟・群馬・東京・埼玉・神奈川・静岡・愛知・京都・広島・福岡・長崎・鹿児島…など、数多くの場所で出店させていただいております。

※写真は愛知県のジェイアール名古屋タカシマヤ出店時の様子。おかげさまで行列もできました。

一度出店した場所からは再度出店依頼をいただいたり、リピートいただくお客様も増え、少しずつですがスイーツのパイではなく、セイボリーパイ(惣菜パイ)の認知度も上がってきたと感じるようになりました。


私たちのパイは一つひとつ生地から捏ね、伸ばし、折りを繰り返し仕上げます。

中に包むフィリング(具)もしっかり自分たちで数時間煮込みます。

生地に使う小麦粉は地元熊本産の薄力粉と強力粉を独自の比率でブレンドし、バターとヒマラヤ岩塩、そして熊本の地下水を元にした美味しい水を使いしっかり丁寧にこねます。
パイの層を出すために何度も伸ばし・折り、冷蔵で寝かせては再度伸ばし・折りを繰り返します。(冷やして混ぜるバターの粒がしっかり層に散らばるように気を使います。)

包む作業では、1日冷蔵で寝かせたパイ生地を丁寧に伸ばし、丸く切り抜き、特製の丸型に入れフィリングを詰め生地で蓋をし、種類ごとの焼印を押していきます。

仕上げにしっかり溶いた卵を塗りオーブンで焼き上げます。

焼き上がり直後のパイからは芳醇なバターの香り。

現在の定番パイは4種類ございます。

あか牛ミートパイ

一番人気のミートパイは具のメインに熊本のブランド牛「あか牛」を贅沢に使用。

阿蘇の広々とした牧草地で肥育されたあか牛はストレスが少なく、のびのび育ちます。
赤身の味がしっかりした牛で、「ヘルシー牛」とも呼ばれてます。

味付けはシンプルに大量の玉ねぎをバターとニンニクで1時間以上煮込み、そこにお肉、トマトを加え数種類のスパイスを入れ約5時間ほど煮込み仕上げます。もちろん添加物など使用しておりません。

これを自社製パイ生地で一つひとつ丁寧に手包みし、焼き上げます。
焼き上がりはバターの芳醇な香りと、食べる際には生地のサクサク感に具のじゅわ~とお肉の味が広がります。

リピーターも多い一番人気のセイボリーパイです。

他にもセミドライトマトのオイル漬けとゴーダチーズとチェダーチーズを贅沢に包んだマルゲリータパイ

お子様でも食べやすい4種類のチーズ(モッツアレラ・レッドチェダー・ゴーダ・パルメザン)にアカシアのハチミツを落としたクワトロフォルマッジパイ

国産鶏ミンチに25種類のスパイスを贅沢に使ったチキンキーマカレーパイもございます。

feal's pie 定番メニュー


改めまして、

現在、パイ作りはカフェfealの横の小さなパイラボ(キッチン)で少人数で仕込みからやっております。

「ミートパイ」をメインとしたカフェを開業して15年。

開業当初からの「夢」をかなえるため、日本中にミートパイなどのセイボリーパイを知っていただくため、現在のカフェから本格的に「パイ専門店」として進んでいきたいと思っております。

今年の秋には現在のカフェを移転リニューアルし、熊本市中心部バスターミナルにできる商業施設「SAKURAMACHI KUMAMOTO」へパイ専門店として出店予定です。

SAKURAMACHI KUMAMOTO完成予想図

上記商業施設は熊本市中心部にあり、熊本城や中心商店街まで徒歩圏内の位置にあり、地元の方はもちろん、熊本にお越しの国内外の方が行き来する場所となります。

私は熊本の食材を使ったミートパイで熊本にお越しになる方をおもてなししたい、そしてミートパイが熊本の新たなソウルフードになるように努力いたします。

そのためにも現在のパイラボ(キッチン)を熊本市郊外へ移し、より品質向上と日本全国へ本格セイボリーパイを届けられるよう生産力もアップさせます。


日本ではまだまだミートパイなどのセイボリーパイの認知度は高くありません。

このクラウドファンディングを通じてアップルパイなどのスイーツパイだけでなく、セイボリーパイ(惣菜パイ・食事パイ)を多くの方々に知っていただきたい、そして一度食べていただきたい!と思っております。

目標は…

・クラウドファンディングのリターンで全国へパイをお届けする

・生産量を増やし、全都道府県に出店する


資金の使い道・スケジュール

ご支援いただきますお金は


・パイラボの移転・施工費

パイの品質向上・バリエーションと生産量のアップを目指します。

・リターンのパイの材料費・お届けする際の送料(冷凍クール便代込み)

多くの方にセイボリーパイを知っていただきたいので熊本のお店にご来店いただける方用と、冷凍クール便でのお届け用とご用意致します。

・CAMPFIRE手数料


に使わせていただきます。


私たちのパイはパイラボで生地・具を作り、一つひとつ手包みし焼き上げます。(冷凍便でお届けするパイは9割方まで焼き上げてお送りします)

熊本の店舗でお渡しするものはもちろん焼きたて熱々をお渡し致します。

お送りするリターンは、弊社パイラボ(キッチン)で9割方まで焼き上げた熱々のパイを、すぐにブラストチラー(急速冷凍機)で一気に-20℃まで冷凍し真空パックします。

なので全国津々浦々にお住いの方にも冷凍便でお届けし、ご自宅で簡単にオーブンレンジで簡単に熱々サクじゅわ~な本格パイを楽しめるように作り上げております。(焼き時間・温度などの詳細は同封いたします)

※未開封ならば冷凍庫で100日以上の保存が可能です。(食品微生物センターにて検査済み)


私たちには「セイボリーパイを日本全国に広めたい」との想い・夢があります。
ぜひ全国の皆様にもご自宅で私たちのパイを楽しんでいただければと思っております。


そして地元熊本の皆様、熊本にお越しになる皆様には今年9月中旬グランドオープン予定の「SAKURAMACHI KUMAMOTO」での当店で使えるリターンをご用意致します。


まだまだ日本では認知度の低いセイボリーパイ。

元々、英国系のイギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどでは人気の定番フードです。

朝食にもランチにも、そしてスポーツ観戦やお酒のお供にも、カフェやパブでも楽しまれているものです。

いつの日か日本でもハンバーガーやサンドイッチのように、セイボリーパイをどこでも見かけるようになるのを僕は夢見ています。

このプロジェクトに共感いただければ何卒応援の程よろしくお願いいたします。

プロジェクトにご支援いただかなくても、SNSにアップしたり話題にあげて頂くだけでも幸いです。

私たちは小さなカフェですが、15年前の開業当初から夢だけは大きく、いつの日かセイボリーパイを日本の一つの定番にしたいと歩き続けています。

応援して下さる方々と共に一緒にミートパイをほお張れる日が来るように、パイと共に全国を旅したいと思っております。

改めましてご支援、応援の程をよろしくお願いいたします。


feal & feal’s pie 代表 松本俊宏(パイおじさん)


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

    このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください