●ご挨拶●2019年10月27日(日曜日) 福岡市でBBQ・抽選会・ハロウインパーティ・LIVEイベントを開催します。若い人達が初めて企画してイベントを盛り上げるために活動をしてます。我々も演者として応援をしていきますのでご協力お願いします。

プロジェクト本文

【ご挨拶】

〇初めまして!「HYPERMAN BAND(ハイパーマンバンド)」

リーダー:水川(ミズカワ)と申します、宜しくお願い致します。

我々も参加者として「支援」したいのです。


【これまでの活動】

(2007年~2015年)

宮崎県延岡市赴任時地域社会貢献活動として

商工会議所・LIVEハウス・地元大学軽音サークルと連携し

チャリティLIVEイベントを主催し

3度児童養護施設への募金を行いました。

(2015年~2019年)

福岡を本拠地とし、LIVEイベントに参加しております。

【資金の使い道】

全て1往復バス代70000円に充てます

60000の設定ですが、残りは自身で支援をします。


【リターンについて】

①バリフェス&HYPERMANBAND イベントマフラータオル

②2019年 HYPERMAN BAND ツアーTシャツ

③HYPERMAN フェイスタオル

④HYPERMANBAND オリジナル Tシャツ
⑤HYPERMANBAND CD 「応援歌」

⑥HYPERMANBAND トートバッグ


【今後スケジュール】

6月~8月 支援募集

9月末支援確定

10月イベント開催

【最後に】

このイベントを開催する上で「大事件」が起きました。

演者の「イベント主催者への意識」の大きな違いです。

主催者は必ず「責任」「お金」の心配がつきます、

「演者の負担軽減・イベント成功の為」色々な企業へ赴き、「協賛金」のお願いに必死です。

演者は今回「ノルマ」がありません。普通ならあり得ないイベントです。

なぜなら「BBQ」がメインである事、抽選会・ハロウインコスプレパーティなど

お客様が喜んで頂ける工夫をしてますが、100%成功するためには

各出演者が「集客」をせねばなりません。が、残念な事に

「お金は主催者なんで俺たちは関係ないです」と言う残念な演者がいました。

裏で主催者と「経費」の話をすると、やはり「厳しい」との事

「じゃあするな!」と言われるかもしれませんが、「新しい事・楽しい事」に常に

チャレンジしてる「主催者」は「私」も重なる物があり、手伝いたいのです。

是非!イベントへお越し頂きたい! 時間的に難しいならば、支援でお願いします!



<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください