世界を目的とした高品質自社ブランドトマトの開発。 外国人でも好んで食べていただけるトマトを提供する。 トマトの良さ(栄養価が高い、身体を元気にする)を世界に伝える。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

▲左から吉野秀一(代表、長男)、寛治(父)、房子(母)、幸治(直売所、レストラン責任者、次男)


商品・お店が作られた背景

 吉野農園(以下当社)は、曽祖父、祖父の時代から続く専業農家として自社ブランドのトマト、米、野菜を中心に生産、直売所、レストランを営んでいる。

昭和54年 直売所を開業。

平成27年 直売所にレストランを併設(11:30〜15:00)

平成29年 現代表から後継者に交代


私たちの商品・お店のこだわり

 特徴は自社の野菜・米をはじめ、旬な農作物や惣菜を提供できる。また生産者が直営する店舗なので、作り手の顔が見え、安心感が与えられる。生産者側としても、お客様の声が直に聞け、品種改良に役立てることができる。多くの方に甘ちゃん野菜の良さを知ってもらうために、スーパー・JA直売所の作り手の顔が見える地元野菜コーナーに卸している。

 平成最後の4月と令和元年5月に皇室に献上させていただきました。

 今年度中に「宮内庁御用達商品」になる予定です。


リターンのご紹介

3,000円 トマト(約2Kg)
本体 2,100円
送料  900円
合計 3,000円

トマトを返礼品とします。合わせて、お礼のメッセージカードを同封します。


プロジェクトで実現したいこと

 外国人向け高品質自社ブランドトマト(今年度中に宮内庁御用達商品になる予定)を開発し、実際に提供をすることにより、認知度が上がり、今後の受注・売上向上につなげる。


資金の使い道・スケジュール

 トマトの開発費として、資材・書籍等の購入にあてる。

資材:15,000円

書籍:5,000円


最後に

 今回のプロジェクトを成功させ、販路の開拓はもちろん、自社ブランドトマトを全国・世界に広めていきたいので、ご支援をお願いいたします。

 とてもみずみずしく美味しいトマトです。茨城県西においでの際にはぜひ寄ってみてください。

住所:茨城県筑西市玉戸1270-1107

営業時間:9:00〜19:00

HP:http://www.yoshino-nouen.com/


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください