「匠」という言葉を心に刻んで、製品の開発にチーム全員で取り組んでおりました。日に夜が継ぎ、繰り返して研鑽を重ねて、我々の全てを一本のメガネに凝縮させていただきました。「メガネはただの商品ではない」と我々は信じております。