令和元年8/31(土)・9/1(日)、長野県戸隠で「もののけ祭り」を開催します!日本の芸能を革新的に表現するアーティスト達が爽快な夏の高原に集結して行われる “唯一無二の祭り” で、祭りの本当の意味を再認識し、伝統芸能/アート/音楽が価値観をシフトさせる瞬間を一緒に体感しましょう!

プロジェクト本文

▼はじめに

昨年、このCAMPFIREでもご協力いただき創刊した『ぶ ~江戸かぶく現代~』の編集長を努めた写真家、プロデューサーの腰塚光晃です。『ぶ』はおかげさまでもうすぐ初版の3000部が売り切れ、増販を計画中です。読者の方からの反応もすこぶる良く、自分の伝えたい「日本の本当の面白さ」知ってもらい、日本人であることに誇りを感じ、生きる希望を拡大していただけるのは、本当に嬉しい限りです。

『ぶ』進化系として、このたび長野県戸隠の方々からの導きで『もののけ祭り』なる祭りをプロデュースすることになりました。天の導きとも思えるご縁の数々が重なり、出演者、運営スタッフ、やぐらの材木の調達先なども決まりました。唯一無二の絶対面白く、意義のある祭りが実施できそうです。

皆様も是非いろいろなカタチで『もののけ祭り』参加してください!

▲もののけ祭り実行委員会(戸隠メンバー、他)と共に


▼「もののけ祭り」をはじめる理由

長らく戸隠に通い、CM等の撮影でもお世話になる中で、地元の方々との深いつながりが出来ていました。 そんな中で「戸隠に足りないものは何か?」という相談を受けることが多々ありました。
「都会に住む自分からすると、むしろ何も不足は無く、こんなに自然が神々しく清らかでオリエンタルな神域は国内でも数少ない。」それが自分の答えでした。
しかしながら、日々戸隠神社参りで賑わうなか、観光客の人々をもてなす戸隠の人々は多忙によって文化の継承の機会が減っていること、同時に過疎化の進行も少しづつ深刻になっていることも知りました。
そんな中、地元の方から「戸隠のために腰塚さんの仲間を集めて何かやってほしい」という提案をいただきました。
自分の頭には、“現代的で日本的、そして革新的な祭り”が戸隠山の麓で開催される絵が頭に浮かびました。
自分が 5年前に始めた着物屋KAPUKIと昨年編集長として創刊した、江戸とかぶくをテーマにした新和文化雑誌ぶ ~江戸かぶく現代~の流れから、日本の革新的なアーティスト達とのコネクションが広がっています。

▲『ぶ ~江戸かぶく現代~』創刊プロジェクト

彼らを戸隠に集結させることで、フェスとは一味違う“日本一かっこいい祭り”が出来るイメージが湧いていました。
おそらく都会で開催するよりも戸隠の土地のパワーを借りることで、演者の表現も最高潮に高まり、大きな感動を生むことになるでしょう。
このような機会を自分が最も敬愛する戸隠という場所からいただけたことに喜びを感じ、使命感とともに祭りの開催を決定しました。
また、既に出演依頼をお願いしているアーティストの方々は戸隠で表現できることに大きな期待を抱いています。そこには心を揺さぶる表現が生まれるはずです。そして、「もののけ祭り」は参加者全員の祈りの空間となり、この国の祭りの原点を復活させる場になるでしょう


ある意味で「もののけ」とはこの祭りに集う日本の芸能を革新的に表現するアーティストを指します。
そして観客もまた戸隠の圧倒的な自然の美しさを体感しながらアーティスト達の革新的表現に触れることでで、失いつつある人間性に回帰し、自由な「もののけ」と化してして本当の幸福の意味を実感するのです。江戸時代がそうであったように、日本の伝統は革新の連続によって作られてきました
つまり、日本の文化は守りながらも革新させなければ風化してしまいます
アマノウズメのエンターテインメントが暗闇に閉じこもったアマテラスを導き、世界に光を復活させた岩戸伝説に関わるこの戸隠で、 かぶく表現者を集め、日本の伝統を革新させるのです。

*岩戸伝説とは*
https://www.togakushi-jinja.jp/about/history/myth01.php

この流れは高度に経済資本主義に偏ったことによって生じている現代社会の闇を光で包むことに繋がると信じています
このような祭りが、全国で開催されるようになれば、政治が変えれない世の中を祭りで変えることできるような気がします。
まずは、第一回目の「そこにいること
そこから全てが始まります!


▼もののけ祭概要

日程:令和元年8月31日(土)~9月1日(日)2days
場所:戸隠スキー場(長野県長野市戸隠3682)
主催:もののけ祭り実行委員会
実行委員長、総合演出:腰塚光晃(株式会社MORE VISION tokyo/戸隠百年構想)
共催:株式会社 戸隠、戸隠百年構想
後援:一般社団法人戸隠観光協会、長野市
総合プロデュース:株式会社MORE VISION tokyo 問合せ:mail@morevisiontokyo.com
制作:microAction(橋の下世界音楽祭 主宰)
運営:UNITED WORKS(RAINBOW DISCO CLUB 主宰)
8月31日 開場9:00/開演12:00/終演24:30 
9月1日 開場9:00/開演12:00/終演21:00
雨天決行、荒天の場合はスキー場レストハウスシャルマンにて開催
地震などの天災及び戦争、テロなど影響で祭りがキャンセルとなった場合の返金はございません。

<チケットについて>
・1日券 (8/31、9/1ともに)
【CAMPFIRE限定】 早割1日券(50枚限定)+もののけ祭オリジナルステッカー ¥4,000
【CAMPFIRE限定】1日券+もののけ祭オリジナルステッカー¥5,000
*通常価格は1日券のみで ¥6,000です。

・2日通し券
【CAMPFIRE限定】 早割通し券(50枚限定)+もののけ祭オリジナルステッカー ¥7,000
【CAMPFIRE限定】通し券+もののけ祭オリジナルステッカー¥8,000
*通常価格は通し券のみで ¥9,000です。

*駐車場券 1日 ¥1,000

*中学生以下無料。(中学生以下は保護者同伴に限り入場無料となります。)
*戸隠在住者無料。(保険証、免許証等、住民票登録が確認できるものをお持ち下さい。)

・7月6日からは、ぴあ、ローソン、イープラス、LINE TICKET、Peatixで、通常価格の販売を開始します。

*入場料は1年目の特別価格です。(来年からは1.5倍になる予定です)
*CAMPFIREで販売するチケットのみ、オリジナルステッカーが付きます。
*駐車券は当日現地にてご購入ください。

▼バス乗り場、時刻表案内
http://www.alpico.co.jp/access/nagano/togakushi/


<もののけ祭りの見どころ①
日本有数の神域・戸隠

個性的で雄大な景色の戸隠山は古来から山岳信仰の聖地として、幾多の修験者が訪れ続けている土地です。
妙高戸隠国立公園にも指定され、戸隠神社を始めとした五社、鏡池、杉並木などのいくつかの絶景観光スポットが車で30分圏内にあり、半日あればそのほとんどを回ることが可能です。

戸隠にはコンビニも信号もありません。そのような神域は日本にほとんど見られないと思います。
できれば、1日前に戸隠に入っていただき、日本でも有数のオリエンタルな神域を是非を体感してください。また、戸隠名物、三大そばのひとつ(個人的にはナンバーワン)の戸隠そばも味わってみてください。

その流れから「もののけ祭」に参加していただくことで、会場IN&OUTのフェスでは体験できない特別な感動がおりてくると思います!

会場となるスキー場の標高は1200M、東京や長野市内より10℃低いイメージです。
仮に開催時期に東京、長野市内が35℃だとしたら会場は25℃、湿度も下がり、まさに爽快!
そして何より空気が美味しいんです。(鼻の穴が広がる感覚)
宿泊に関してはスキー場周辺に沢山の宿があります。

*周辺宿泊施設情報*
https://togakushi-21.jp/spot/genre/stay/

そしておすすめが戸隠キャンプ場、今年のお盆休みは400以上あるキャンプサイトがすでに埋まってしまっているほど、人気のキャンプ場(人気の秘密は一言で言えば気持ちよさ!)。
今回8/30、8/31、9/1の3日間、広大なメインサイトのスペース(300サイト以上)を貸し切りにさせてもらいました。
戸隠キャンプ場オフィシャルサイトのもののけ祭り特設予約ページから予約が可能です。

https://www.togakusi.com/booking/                       

▲上記サイトに入り、8/30~9/1の日程のいずれかでチェックイン、チェックアウトを指定して検索ボタンを押すと「もののけ祭り参加者専用」サービスからログイン後の予約が可能です。

※キャンプ場から会場までは車で5分、シャトルバスの運行もあります。


<もののけ祭りの見どころ②
日本の芸能を革新的に表現する、出演アーティスト

8月31日(土)は「天鈿女命の新月祭」9月1日(日)は「天手力雄命の太陽祭」をテーマに、それぞれのアーティストに「もののけ祭り」でしか見れないスペシャルな演目を披露していただきます。


8/31(土)〜天鈿女命の新月祭〜
源光士郎 https://bugaku.net
東京月桃三味線 http://tokyo-ghetto-shamisen.com
SARO http://saro.jp
水曜日のカンパネラ http://www.wed-camp.com
オオルタイチ http://www.okimirecords.com
佐藤健作 http://tihayable.jp
花柳凜 http://www.hanayagi-rin.com
酔月 https://www.suiruna.com
オリエンタリズム http://orientarhythm.com
KAIRI https://www.youtube.com/user/kairibeatbox
Lemna https://jp.residentadvisor.net/dj/lemna
Nyantora(a.k.a.ナカコー/HARDCORE AMBIENCE) http://kojinakamura.jp
duenn(HARDCORE AMBIENCE) https://duennjp.tumblr.com


9/1(日)〜天手力雄命の太陽祭〜
SANDHYA https://www.facebook.com/otonotabi3/ 
佐藤タイジ http://taijinho.com
Monaural mini plug https://monaural-mini-plug.jimdo.com 
切腹ピストルズ http://seppukupistols.soregashi.com
TURTLE ISLAND http://www.turtleisland.jp
能勢聖紅 (もののけファイヤーモニュメント)https://seikou-nose.com
造景集団 某 (もののけファイヤーモニュメント)https://nanigashi.co.jp


<もののけ祭りの見どころ③
精鋭アーティストが創造する、唯一無二の祝祭空間

・能勢聖紅×造景集団 某『もののけファイヤーモニュメント、スピチュアルゲート』
岡山をベースに全国で活躍する装飾家 能勢聖紅と、名古屋をベースに活動する造景パフォーマンス集団 某に、地元戸隠の中学生も参加して、祭りにシンボルになる巨大もののけファイヤーモニュメントとスピリチャルゲート(鳥居)を天然素材で建造します。
もののけファイヤーモニュメントは最終日のラストに点火され、天に立ち上がる炎のもののけに進化し、この国の真の意味の無病息災を祈願します。

・浅野健一(彫刻家)
日本の伝統芸能に「憑依」「一体化」をテーマにしながら、木彫にポップカルチャー的要素を融合させ、現代アートヘと昇華させる淺野健一。もののけ祭りでは彼の代表作とも言えるオーパーツが、会場内に展示されます。

・渡辺拓也(茅葺き職人)/竪穴式住居
戸隠在住、北信で数々の茅葺き屋根を復活させている渡辺拓也。彼の手によって会場内に実際に室内に入れる竪穴式住居が完成する。
期間中は、当代きっての茶人、松村宗亮、三橋玄、池田和歌子によるお茶会や様々な催しに使われます。

その他ライブパフォーマンスなど、数多くの芸術表現を企画中。


<もののけ祭りの見どころ④
メインステージのやぐら

メインステージは高さ12メートル(4階建ての高さ)の縄文式物見やぐらです。
その御柱(みはしら)となるのは樹齢70~80年の杉の大木。
6月27日に戸隠しがらみ地区の高森さんのご好意で、山から伐採させていただきます。

▲戸隠山を背景に開催予定地に設置した、20分の1スケールの模型


<もののけ祭りの見どころ⑥
心と身体を満たす、厳選された食と酒

寒暖差がある戸隠で育った無農薬の高原野菜の味わいは格別です。
全国から集まった料理家が地元の素材を使ってもののけスペシャルフードを提供します。
ドリンクも上質さと個性にとことんこだわっています。

◎戸隠そば/戸隠高校そば部
◎戸隠野菜の天ぷら/岩井のごま
◎戸隠野菜のスリランカカレー/太田夏来(旅と酒)
◎かつお食堂/鰹節の女神が作る削りたての究極鰹節めし
◎ここのえ/戸隠農家民泊
◎つばめ/化学調味料を使わない日本一うまい野外ラーメン。
◎月鳥/若鶏半身揚げと焼鳥
◎JAXゴーストレストラン/東京目黒蛇崩にあるウーバーイーツ専門キッチン
◎オフィシャルドリンクバー/協賛:SUNTRY ROKU GIN、宮坂醸造株式会社、祈りの水
◎VINOFONICA/音楽をテーマにナチュラルワインを提供する名古屋のお店のスペシャルテント

他、多数出店予定

▼支援者の方へ

この祭りは自分を始め多くの方々が、ボランティアによって進めています。初開催のため、開催費用を回収できるかは見えていません。もし回収出来なかった場合は、自分個人での負担を考えています。(これを決めないとスタートが切れませんでした。)

既存のお祭りが、奉納や協賛によって成立しているように「もののけ祭り」にも皆様のご支援がいただけると大変助かります。

リターンは大きく入場パスと協賛に分かれています。可能な限りの『もののけ祭り』へのご来場を心よりお待ちしています。遠方で参加が難しい方は、協賛でのご参加をいただければ幸いです!

▼腰塚光晃プロフィール

1969年群馬県桐生市生まれ。プランナー、雑誌編集者を経て1997年より写真家としての活動を始める。2004年クリエイティブ会社(株)MOREVISIONtokyo設立。以後、広告、雑誌、CDジャケット、TVCM、など幅広いジャンルで写真及び動画の制作に携わる。

主なクライアント
《広告・CM》レクサス、サントリー、カネボウ、ナイキ、アシックス、NTTドコモ、読売新聞、JAL、他《アーティスト》安室奈美恵、倖田來未、サザンオールスターズ、シシド・カフカ、GLAY、加山雄三、椎名林檎、SPITZ、他

2014年、着物をファッションとしてアップデートさせるべく着物屋KAPUKIを中目黒にオープン。
2017年、オンラインに特化した映像制作プロダクションスタート。
2018年、新和文化「ぶ -江戸かぶく現代-」創刊。編集長を務める。
2019年、フードイノベーション、アーティストブランディングなど、エンターテーメント関わる数々のプロジェクト進行中。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください