Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

Japan Cancer Forum2019で正しい「がん医療情報」を届けたい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
1,129,000円
パトロン数
120人
募集終了まで残り
終了

現在56%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2019-07-11に募集を開始し、120人の支援により1,129,000円の資金を集め、2019-08-18に募集を終了しました

日々進歩する各種がんの最新情報、がん医療で現在問題となっているテーマを取り上げ、患者・家族、一般市民ががんを「知り」「学び」「集い」、勇気・希望が持てるフォーラムとすること、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんの克服を目指す。」の実現に資することを目的としたフォーラムです。

日本最大級のがんフォーラム「ジャパンキャンサーフォーラム2019」へ支援をお願いします!

はじめまして、私は認定NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)事務局長の木原康太です。
CNJは、がん患者さんやご家族へ向けて、エビデンスに基づいた「正しいがん医療情報」を発信している団体です。私達の活動の中で一番大きなイベントが「ジャパンキャンサーフォーラム(JCF)」で、多数のプログラムが実施されます。このフォーラムが継続して開催できるよう、寄付や拡散でのご協力・ご支援をお願いいたします。


多くの患者さんやご家族に必要な情報を伝えたい!

今や100万人が「がん」になる時代です。「がん」といっても、患者さんが多い種類もあれば、非常に患者数が少ない種類もあります。どのような患者さんへも最新の情報をわかりやすく届けるために、2014年よりキャンサーフォーラムを実施してきました。このフォーラムは今年で6回目になりますが、主たる参加者は患者さんやご家族のため、受益者の負担は無し(参加費無料)で実施しています。昨年の参加者は3,000名を超え、がんの情報を求めている方々は年々増えています。

ジャパンキャンサーフォーラムの内容

このジャパンキャンサーフォーラムは、100名を超えるがん治療に関わる専門医や研究者に、最新のがん治療情報や、がんに関わるあらゆる情報について分かりやすい講演を毎回無償でしていただき、約150名のボランティアスタッフを募り、CNJスタッフ14名が運営をしています。CNJスタッフの半数はがん治療の経験者、半数はがん患者家族で、それぞれ自分たちの経験を踏まえ、多くの患者さんやご家族に役立ちたい!との思いで、企画・準備・運営にあたっています。実施した講演の多くは撮影収録し、当日に参加できなかった方々もYouTubeで視聴することができます。


開催資金支援のお願い!

ジャパンキャンサーフォーラムの開催費用は、CNJへの個人寄付、共催セッション費、企業からのプログラム広告掲載費など、あらゆる方面へ支援を求めています。しかしながら受益者である来場者には入場料を徴収しない方針を貫いており、収入が見込めないなか、来場できない方々のために収録した講演を無料配信する費用や、資材の運送費、大量の印刷費といった多くの費用がかかります。過去すべて赤字での開催のため、累積した赤字のため、今後の開催が危うい状況です

がんの治療は日々進んでいます。「新しい情報がほしい!」と願う方々のために、私達は納得して治療を遂行してほしいとの願いを込め、このジャパンキャンサーフォーラムを毎年実施していく必要性を強く感じています。どうか、ジャパンキャンサーフォーラムの実施にあたり、運営費への支援をお願いいたします。


私達のMission(使命)とVision(夢)

私達のMission(使命)は、がん患者が本人の意思に基づき、治療に臨むことができるよう、患者擁護の立場から、科学的根拠に基づくあらゆる情報発信を行うことです。

私達のVision(夢)は、がん体験者・家族・遺族、その支援者、医療者と共に、日本のがん医療を変え、がんになっても生きがいのある社会を実現することです。


がん情報を取り巻く問題

近年、がん医療の進歩は目覚しく、臨床研究、各疾患における診療ガイドラインの整備、がん医療の個別化も進んでおり、患者がより良いがん医療を受ける環境は整備されつつあります。しかしながら、未だ診療ガイドラインの普及や、がん医療の均てん化は十分でなく、患者・家族は、治療を行わない放置治療や、科学的根拠が不十分なサプリメント、代替療法など、信憑性に欠ける情報や誤った情報にもさらされています。そのような状況で、少しでも正しい情報を必要な人に届けたく、2014年よりキャンサーフォーラムを実施しています。


過去のプログラム・開催報告

過去のキャンサーフォーラムについては、下記よりご覧いただけます。
【プログラム】
2014年2015年2016年2017年2018年
【開催報告】
2016年2017年2018年

支援して頂いた資金はJCF運営費として使わせていただきます。

ジャパンキャンサーフォーラムの運営費として活用させていただき、来年も開催実現の声に応えるべく、準備をしていくことを約束いたします。


リターンについて

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。

3,000円
サンクスレター
JCF ホームページへの氏名掲載(必ず掲載希望のお名前を、備考欄にご記入ください。掲載を希望しない場合は記入の必要ありません。)
※寄付金控除用の領収書を発行します。

5,000円
JCFオリジナルのトートバッグ
サンクスレター
JCF ホームページへの氏名掲載(必ず掲載希望のお名前を、備考欄にご記入ください。掲載を希望しない場合は記入の必要ありません。)
※寄付金控除用の領収書を発行します。

10,000円
JCFオリジナルピンズ
JCFオリジナルのトートバッグ
サンクスレター
JCF ホームページへの氏名掲載(必ず掲載希望のお名前を、備考欄にご記入ください。掲載を希望しない場合は記入の必要ありません。)
※寄付金控除用の領収書を発行します。

50,000円
JCFオリジナルピンズ
JCFオリジナルのトートバッグ
JCFオリジナルのランチバッグ
サンクスレター
JCF ホームページへの氏名掲載(必ず掲載希望のお名前を、備考欄にご記入ください。掲載を希望しない場合は記入の必要ありません。)
※寄付金控除用の領収書を発行します。

100,000円
JCFオリジナルピンズ
JCFオリジナルのトートバッグ
JCFオリジナルのランチバッグ
サンクスレター
JCF ホームページへの氏名掲載(必ず掲載希望のお名前を、備考欄にご記入ください。掲載を希望しない場合は記入の必要ありません。)
※寄付金控除用の領収書を発行します。

なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


実施スケジュール

7月11日:クラウドファンディング開始日
8月17日〜18日:ジャパンキャンサーフォーラム実施
8月18日:クラウドファンディング最終日。JCFクロージングセッションで金額を発表する予定です!


寄付型クラウドファンディングでの税制優遇について

寄付の領収証はNPO法人キャンサーネットジャパンが発行・郵送いたします。このプロジェクトの寄付は寄付金控除の対象になります。「寄附金控除」「税額控除」を受けていただくためには、確定申告の際に、NPO法人キャンサーネットジャパンが発行した「領収証」の提出が必要です。領収書は9月以降に発送予定ですが、急いで領収証が必要な方は メール info@cancernet.jp までご連絡ください。


LAVENDER RING MAKEUP&PHOTOS

LAVENDER RINGプロジェクト(メークと写真撮影)も実施いたします。今回も30名を超える「がん患者さんの笑顔」をお届けする予定です。
「がんになっても自分らしくイキイキと暮らしている人が沢山いる。がんになったら何もできないのでは?というイメージを変えたい」というキャンサーサバイバーたちの思いから企画されたプログラムです。その場でメイクアップとヘアメイク、そして撮影をし、ポスターに仕上げていきます。


私達の活動について

認定NPO法人キャンサーネットジャパンは1991年より活動をしています。現在は東京と大阪にオフィスを構え、がんをテーマに各地での各種市民公開講座実施冊子作成養成講座レモネードスタンドキャンサーチャンネル(がんに関する動画サイト)運営しています。


最後に

「がん=死」という時代は過ぎ去ったとも耳にする昨今。しかし、がんに対する恐怖心が消えることはありません。闘病という言葉がありますが、「闘う」という文字で表現されてきたとおり、敵である「がん」について、エビデンスのある情報を知って、理解を深め、納得して治療に望むことが大切だということはいうまでもありません。溢れかえる膨大な情報の中、何を入手し、何を信頼し、どうやって治療を遂行していくモチベーションにしていくのか。同じような状況にある患者さんはどう過ごしているのか?
それは6回目になるキャンサーフォーラムの中に大きなヒントがあるはずです。がん患者さんやご家族が、がんについて「知り、学び、集う場」を提供するため、私達は日々活動をしています。どうか私達の思いが継続し、一人でも多くの患者さんの命を消さないために、支援の輪を広げる協力を、よろしく願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください