世界自然遺産の街『知床』でドローンイベントを開催し、知床の新たな魅力の創成と『地域活性化&社会貢献』を実現したい!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

世界自然遺産の街として知られている“知床”ですが、近年観光客数が伸び悩んでいる状況です。

「もっと多くの人々に知床の雄大な自然の魅力を感じてもらいたい」その想いを叶えるために、新しい要素をプラスしたリブランディングの実践が必要であると考えました。

そこで、次世代の社会基盤技術の1つであるドローンを活用し、大人から子供まで幅広い年齢層で楽しめるイベントを新たに創成することを決定、地元の地域活性化団体とドローン業界に精通したメンバーがタッグを組み実行委員会を組成、今回のドローンイベントを実施することとなりました。


【実行委員会メンバー】

(1)知床スロウワークス

斜里町の有志からなるサポートチームです。IT関係事業者、漁師、農家、町のお店やペンション経営者など幅広い職種のメンバーで構成。「しれとこらぼ」の運営管理、テレワークに来られた方のサポート、交流企画等を担当

(2)知床斜里ICT利活用研究会

日進月歩の情報通信技術の利活用に対する体系的な組織構築をめざし、相互に連携を図ることにより新しい価値の創造を生み出すとともに、さらなる地域経済の発展に貢献し行政・教育・福祉の向上を目的として設立。

(3)斜里青年会議所

一般社団法人斜里青年会議所は、1955年に設立。斜里町・清里町・小清水町に居住または勤務する20歳から40歳の青年経済人により構成されています。

(4)横山太郎氏(有限会社横山測量設計事務所)

測量分野でのドローン活用経験が豊富、ドローンに関する幅広い知識と見解をもつ、本イベントの実行委員長

(5)田淳氏(JDRA)

世界で活躍するドローンレーサーの第一人者国内でも数多くのドローンレース・イベントを主催するなど豊富な経験を持っている

(6)チーム空人(そらじん):Prop Tech plus 株式会社

不動産Tech企業を母体に持つドローン専門チーム、ホビー・エンタメから産業利用でのドローン事業を展開


このプロジェクトで実現したいこと

ドローン技術は知床の広大な土地や産業との相性もよく、今後は新しいドローン技術の開発や試験等を行う場所として活用できる可能性を持っています。また、ドローン操縦やプログラミングなどのSTEM教育の実践や普及するきっかけとして、本イベントが機能することにも期待しています。

本イベントは、1度だけでなく継続的に開催していくことで、新しいエンタメコンテンツとして地域に定着し、知床&ドローンという新たな魅力で地元地域の経済発展や産業分野での技術革新、さらにはSTEM教育の実践による未来に活躍できる人材の育成に寄与することを目的としています。


知床ドローンフェスタ開催の目的

(1)ドローン技術・知識の普及

(2)ドローンレーサー・ドローンユーザーの拡大

(3)世界自然遺産の街知床』のリブランディング

(4)イベント創生による地域活性化

(5)未来へ向けた社会貢献活動


イベント企画概要(予定)

(1)FPV ドローンレース大会

FPVはFirst Person View=一人称視点の事。FPVドローンレースとは、ヘッドマウントディスプレイを着用し、最高時速150kmのスピードで約500gのドローンの先端についたカメラから送られてくるリアルタイム映像を見ながら、まるで自らが空を飛んでいる感覚で操縦し、速さを競うレースです。

今回は海外・国内で活躍している12名のトップレーサーを招待し、ドローンレース大会を実施。世界基準の迫力とスピードを体感していただく予定です。

【招待レーサー紹介】

高梨智樹(たかなし ともき)くん:日本代表として数々の世界大会に出場する国内トップレベルのドローンレーサー

白石麻衣(しろまい)さん:初めて世界選手権に出場した女性ドローンレーサー


(2)マイクロドローン目視操作大会

高度維持機能を持つマイクロドローンを使用し、目視操作によるミッションコンプリート型の競技を行います。比較的操作が簡単な機体なので小人から大人までどなたでも楽しむ事が可能です。

(3)知床フォト甲子園

地元の方々や知床に旅行したことのある方々による世界自然遺産:知床の魅力を伝える写真コンテストを開催。プロのカメラマンによる受賞作品の選定、イベント当日に評価コメントと共にコンテスト結果を発表します。

(4)ドローンプログラミング教室

現在の教育現場では、STEM教育やロボット工学は必須の要素となっています。重要なのは、子供たちが早い段階からそれらに触れ、関心を高めて学習し、基盤を作ることです。ドローンプログラミング学習に特化した機体を利用して、プログラミング飛行を体験してもらいます。

(5)ドローン編隊飛行ショー

複数機のドローンの動きをプログラミングで制御し、編隊を組んで飛行させる航空ショー。流れる音楽に合わせて様々なパフォーマンスを実現します。

(6)産業用ドローンセミナー

農薬散布、外壁やインフラ設備などの点検・調査、測量の分野で活用されている産業用ドローンの最新活用事例などに関するセミナーを実施します。

(7)ドローンシミュレータ体験

会場に複数台のPCを設置し、シミュレータを通してドローン操縦の疑似体験をしてもらいます。DJIなどの空撮機体だけでなく、レースドローンの操作も体験可能です。


イベント概要

イベント名:SHIRETOKO DRONE FESTA(知床ドローンフェスタ)

開催日時:2019年9月16日(月・祝日)9:30 - 18:00【予定】

会場:ウナベツスキー場(所在地:北海道斜里郡斜里町字峰浜110番地)

入場料:無料

ブース:飲食、物販ブースあり

動画配信:Youtubem等にてイベント動画配信予定


集まった資金の用途について

皆さまよりいただいた支援金は下記の用途に使用させていただきます

・ドローンレース安全対策用ネットなどの設備費

・イベント実施エリアの地盤整備費

・イベントブース設置費

・簡易トイレ設置費用

・イベント告知・PR用ポスター&チラシの印刷費


リターンのご紹介

① 2,500円 御礼のメッセージ

② 10,000円 御礼のメッセージ、知床セット(カレーセット他)

※写真はイメージです

③ 30,000円 御礼のメッセージ、秋の味覚!旬の知床特産品:魚介セット or 肉・野菜セット & イベントオリジナルTシャツ

④ 50,000円 御礼のメッセージ、秋の味覚!旬の知床特産品:魚介・肉・野菜全部よくばりセット & イベントオリジナルTシャツ

※写真はイメージです

イベントオリジナルTシャツ(白・黒)


最後に

皆様のご支援をもとに、ドローンイベントを通じて、世界自然遺産の街『知床』により多くの笑顔や感動を作りたいと考えております。また地元の主要産業の技術革命や子供達の未来のに貢献したい!!そんな想いにも共感いただける皆様からのご支援を心よりお待ちしております!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください