CLOSS by CAMPFIRE

300年の歴史を持つ⻲⽥縞×FACTOTUM 限定アイテム登場

購入金額
¥1,307,200
購入数
44口
募集終了まで残り
終了

このプロジェクトは、2017/01/12に募集を開始し、44人の参加により1,307,200円の資金を集め、2017/02/03 23:59に募集を終了しました

農民が、自らのために水と泥に強い綿織物を求め、自作したことが始まりとされる亀田縞。その優れた機能性と独自の縞模様が評判となり、江戸時代に瞬く間に全国的に広がりました。一度は衰退したものの、意志ある人たちの手により蘇り、FACTOTUMデザイナー有働との出会いを機に、亀田縞は新たな歴史を歩み始めます。

亀田縞カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ

亀田縞ロングレギュラーカラーシャツ

 亀田縞クルーネックスウェット

亀田縞スタンドカラーシャツ

亀田縞カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン

▼亀田縞とは


農民の日常着をルーツに持つ300年以上もの歴史を誇る織物

新潟、亀田地区に古くから伝わる織物。そのルーツは、農民の日常着として生まれました。亀田地区の農民は、まるで湖のような沼地で、冷たい水に腰までつかりながら田植えや刈り入れの作業を行っていました。そのような環境の中で、泥や水に強い綿織物を求めて農民たちが自作したのが亀田縞です。日常着として作られたものなので、洗えば洗うほどにしなやかになる特長もあります。そのような機能的に優れている点と、独自の縞模様が評判となり、亀田縞は全国的に有名な織物となっていきました。

歴史年表によると、元禄九年(1696年)「この頃、木綿縞(のちの亀田縞)が生産開始」とありますので、およそ310年の歴史ということになります。日本の江戸時代における縞は粋の象徴であり、その機能性とデザインが当時の人々の心を打ち、亀田縞は瞬く間に全国的に有名な織物として発達していきました。

最盛期は明治末期から大正期で、大正の末期には600を超える織物業者がこの地に存在していました。しかし、1938(昭和13)年に戦時指定生産が始まり、和服から大量生産の洋服へと移行が始まったことを理由に、300年続いた亀田縞も一気に衰退し、その歴史の幕を一度、閉じてしまいました。

ただ、2005年、亀田に残る織物職人たちが伝統を後世に伝えるべく、立ち上がり、亀田縞を復活させました。2017年1月現在、機屋は2つ。細々と、当時の伝統ある織物を伝えているのが現状です。




▼FACTOTUMとは

デザイナー有働幸司が、2004年に立ち上げたメンズファッションブランド

デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合することをテーマに、テーラード、ワーク、ミリタリーをベースにワードローブを展開しています。毎回、テーマとなる国を訪れ、そこで出会った人や風景、空気からインスパイアされた服づくりを手がけています。2006年2月に代官山店をオープンし、その年の9月に東京コレクション、メンズラインでデビュー。2012年には、シンガポールにて初の海外コレクションに参加。2014年10月、第一回TOKYO FASHION AWARD 受賞。現在、モード学園デザイン学科、ビジネス学科、スタイリスト学科の特別講師を務めています。

▼両者の共通項とコラボレーションの理由

FACTOTUMデザイナー有働は、知り合いから紹介を受けて、亀田縞の存在を知りました。そして、実際に機織工場を見て、生地自体の耐久性とこの独特の縞模様のデザインは現代にも通用すると感じ、深い感銘を受けました。

また、何より、当時、農民たちが自ら着る日常着として誕生したという起源を聞いて、モードとリアルクローズの融合という自身のブランドのテーマとの共通点も見つけ、2016 A/Wのコレクションに採用を決めました。

それは、単純な伝統工芸を守りたいとう正義感からではなく、その機能性とデザインを兼ね備えた一つのファブリックとして、亀田縞に可能性を見出したからです。

▼リターンについて

今回は、2016 A/Wのコレクションアイテムではなく、CLOSSのために限定アイテムを用意しました。

クルーネックTシャツ

クルーネックTシャツ ポケット

亀田縞の生地をポケットに使用したクルーネックTです。
身幅にゆとりのあるボディを使用しています。
製品洗いのため、サイズに若干の個体差があります。

クルーネックスウェット

クルーネックスウェット ポケット

亀田縞の生地をポケットに使用したクルーネックスウェットです。
身幅にゆとりのあるボディを使用しています。
製品洗いのため、サイズに若干の個体差があります。

エプロン

エプロン ポケット

ボディにはライトオンスのデニムを、ポケットに亀田縞の生地をしたエプロンです。
製品洗いのため、サイズに若干の個体差があります。
エプロンサイズ
FREE 着丈80cm x 身幅60cm

ドルマンスリーブTシャツ

ドルマンスリーブTシャツ 袖

ドルマンスリーブ ボディ

亀田縞の生地をボディで切り替えたTシャツです。
袖をドルマンスリーブにし、身幅にゆとりを持たせたルーズフィットなデザインになります。

スタンドカラーシャツ

スタンドカラーシャツ 襟

スタンドカラーシャツ ポケット

スタドカラーシャツ ボディ

亀田縞の生地を使用したスタンドカラーシャツです。
ボディのサイドの大きなポケットが特徴的なデザイン。
身幅の広いボックスシルエットになります。

ロングレギュラーカラーシャツ

ロングレギュラーカラーシャツ 襟

亀田縞の生地を使用したロングシャツです。
身幅が広く、着丈の長いデザインになります。

カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ(前面)

カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ(後面)

カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ(亀田縞パッチワーク)

カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ(ポケット)

カスタムクラッシュデニム テーパードパンツ(バックポケット)






亀田縞の生地を、襟とボディにパッチワーク風に配し、職人による手作業で加工を施したスペシャルなデニムです。
シルエットは、ファクトタムで定番でリリースしている細身のテーパード型です。
手作業による加工のため、一点一点若干風合いが異なります。

カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン

カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン(襟)

カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン(パッチワーク)

カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン(ボタン)

カスタムクラッシュデニム 2ND Gジャン(タグ)

亀田縞の生地を、襟とボディにパッチワーク風に配し、職人による手作業で加工を施したスペシャルなデニムです。
ファクトタムで定番でリリースしている2NDタイプのGジャンで、身幅と袖にゆとりのあるシルエットになります。
手作業による加工のため、一点一点若干風合いが異なります。

カスタムキップレザー ダブルライダースジャケット 

亀田縞の生地を裏地に使った、特別仕様のライダースジャケットです。

【実物展示中!!】
クラウドファンディング期間中、今回の限定コラボ商品をFACTOTUM APARTMENTにて、実際に展示しております。お時間ある際に、足を運んで、現物をご覧になってください。
よろしくお願いいたします。

[展示場所]

FACTOTUM APPARTEMENT
東京都渋谷区鶯谷町11-3
MAP
TEL: 03-5459-9779
Open Time 12:00 - 20:00
Regular Holiday : Wednesday


▼FACTOTUMの今後の取り組み

日本の生産現場に光を当てたい

今回の取り組みは、FACTOTUMのファンだけでなく、より多くの人に亀田縞のことを知ってもらいたく実施しました。なぜなら、日本のアパレル生産現場は今、非常に厳しい状況に置かれているからです。海外からのファストファッションの上陸や、国内ブランドの生産拠点の海外移転などにより、※1 2015年には、国内供給に占める国内生産の割合は、わずか3%となってしまいました。※2 また、繊維製造事業者数は、1990年以降、約1/4に減少しています。このままでは、日本のものづくりの現場は、衰退の一途をたどる一方です。

※1 経済産業省 アパレル・サプライチェーン研究会報告書より
※2 経済産業省「工業統計」より

もちろん衰退していくものには理由があり、その全てを守って、継承させていくことは難しいかもしれません。ただ、失くなりゆくもの中には、失くしてしまうものが惜しいものも数多くあります。今回のような活動を通して、日本各地に残る繊細な技術を生かしたものづくりを行っている職人に光が当たるよう、今後も積極的に優れた技術を持った職人とのコラボレーションを行っていく予定です。