神楽坂6丁目の空き家を1棟借り、改修いたします。2階にはシェアオフィスと個室ブースを、1階にはキッチンスペースと会議用の個室、作業スペースを作る予定。1階は様々なことに使えるよう企画したいと考えています!絡むメンバーにより計画は調整しながら、発展性のある場にしたいと考えております。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

神楽坂で空き家を使い、人と人がつながれる場所を創造しようと考えております。本業は建築設計を行いながら、豊島区にてとしま街づくり推進協会の理事として様々なアプローチを考えております。いいきっかけがあればと仕事ををながら考える中で、物件のオーナーからの立替の依頼が始まりでした。諸条件によりすぐに立替が難しいため、それであれば今の建物を生かさせてほしいと考えた次第です。

このプロジェクトで実現したいこと

木造の2階建てをフルに使い、人が行きかう場にしようと考えております。2階はシェアオフィスとし、複数名入れる部屋と、個人用ブースを設ける予定です。本業である建築設計、それに付随する人などでつながり、プロフェッショナル集団の集まりとなれるよう、会社名のように活動していければと考えております。1階に関しては、会議室と作業スペース、キッチンスペースとすることで、何かしらで日々利用できるようにしたいと考えていますが、何をするか、何ができるかは関わる人によって考えながらいろいろと試行錯誤できたらと思っております。

私たちの地域のご紹介

神楽坂は今でこそ歩行者天国にもなり、人がだいぶ行きかっております。30年前には想像していなかった光景だと聞いたことがあります。そんな中で、働き方を模索したり、グローバルに活動したいと考えている中で、交通の便として集まりやすく、またいろいろな人が集まる地域だと思います。

プロジェクトを立ち上げた背景

建築設計は厳しい労働環境であることが多く、それがいまだにあたり前なことが多いです。働き方改革などで改善されているものの、そもそもの働き方が古い部分も多く、経験がものをいう部分も多いので、老害が生じることも多いと感じていました。多世代の人がプロとしてつながることで、新しい発見が生まれるのではないかと思い、多世代の方が集える場を提供していきたいと思った次第です。

これまでの活動

そもそもの考え方は子供のころのボーイスカウトが起点です。多世代が学校という垣根を超えて関わることで、様々なことを学びました。核家族化が進んだ今の時代、大学の進学率も多くなった現在で、子供食堂の視察や手伝い、としま街づくり推進協会を通じて手創り市や雑司ヶ谷の商店街などからお話を聞かせていただいたりしました。

資金の使い道・実施スケジュール

工事費の一部に充てたいと考えております。プロジェクトは進行しており、7月中旬に物件契約完了予定・クラウドファウンディング終了、7月中旬以降順次解体を開始していく予定です。9月いっぱいで形にし、10月上旬にはオープンパーティーやリターンのやり取り等をかいししたいと考えております。

リターンのご紹介

工事作業体験(なかなか体験できないかと思います。)、完成時のパーティー、1階のスペースの利用券を考えております。

最後に

応援していただいた方々とはその後も通じて行けたらと考えております。ぜひよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    着工日決まりました!

    2019/07/17 19:06

    着工日が決まりました!7月27日から工事に入るとこになり、順次解体から入っていきます!工事完了は9月いっぱいには全て完了できるように目指します!お盆前後で頑張ってすすめないと。。こうご期待!!

  • 活動報告

    左官の勉強がてら、お手伝い

    2019/07/10 23:12

    つながりにて、左官をやらせてもらえることに。なかなか教われることではないのでいい経験。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください