プロジェクト本文

このクラウドファンディングはAll-or-Nothing方式で、期日の2日前まではクレジットカードでの申請となりますが、皆さんのサポート金額が目標の1億2千万円にならない場合は決済されません。

私がこの施設を知ったのは本年9月にテレビ番組で放送されたのがきっかけでした。

東日本大震災で大きな打撃を受けた東北の地にリゾート施設を建設することを夢見て、構想を練り続けていた最中のことで、早速現オーナーである後藤社長と連絡を取り、面会しました。

東北の人に夢や希望を与えられる施設を作りたいことを話すと、後藤社長も子供たちの笑顔を見たいとの思いでこの地を開発してきたことを話してくれ、構想に大変共感して頂き、当地の購入を熱く要望されました。

それより多方面で準備を進め、また購入金額は5億円でありましたが、努力を続け、あと1億2千万円までになりました。

この資金を皆さんにご協力いただきたいと思っております。

 

 1.当施設の特徴
●経緯

 1974年5月にオープンした化女沼レジャーランドは好景気にも支えられ、ピーク時には年間30万人以上の客で賑わい、湖畔が望めるホテルも宿泊や宴会で順調な経営でありました。

 しかしバブル崩壊により経営も行き詰まり、2001年10月に閉園となりました。

●現在

 閉園から15年が経過しているため、施設の劣化は激しく、また東日本大震災の影響もあり施設の破損が多くみられます。

更に閉園後、窃盗団が入りサッシ等が盗み出されています。

 しかし逆にこれらのことが廃墟マニアの間で話題となり、テレビを始めメデイアで次々と取り上げられ、また温泉マニアなども加わり廃墟ツアーの申し込みが絶えぬなど現在注目を集めています。

●強み
※立地

国道4号線からも近く古川市内からは5~10分程度、東北自動車道の長者原サービスエリアのスマートインターチェンジより3分で到着し、仙台中心地からも50km以内(30分程度)の距離にあります。また岩手・青森・秋田・宮城には大きなリゾート施設がないため、特に自動車を利用する東北には有力地です。

そして隣接地には化女沼が広がりこれを高台から見下ろす桜や梅の咲き誇る景勝地です。

※温泉

温泉成分として秋保温泉と作並温泉を合わせたようなナトリウム塩化物泉・高張性弱アルカリ性高温泉で神経痛・消化器病などへの効果や泉質別効果として慢性皮膚病・児童の虚弱体質・慢性婦人病の療養に適している温泉が51℃の温度で豊富(73㍑/毎分)に湧出しています。

 ※注目

現在メデイアに注目されており、早急に開業し、温泉や廃墟のファンをはじめ皆様の期待に応えていきます。

ことに廃墟マニアの間では、堂々と廃墟に入れる場所が他にはないとの言葉を耳にするので、皆さんが楽しめる場所にしたいと考えております。

※地域協力

現在、後藤社長に対し大崎市の商工会議所からレジャー施設を復活させて欲しいとの要望があり、当地の商工会議所の協力も得られる予定です。

 

2.事業の内容
●購入

現在閉園している化女沼レジャーランド(宮城県大崎市古川小野字遠沢10-39他、都市計画区外35000坪、株式会社古川商会所有、5億円売却希望)を購入します。

●時期
※購入

後藤社長に1月中の回答が必要なため、これに応える買い取り資金の目処を立てたいと考えています。

※購入後

温泉を早期に立ち上げるとともに、現在の廃墟を利用し、当面は廃墟ツアーやサバイバルゲーム、アドベンチャーゲーム等を開催し野外ステージも利用しつつレジャー施設として開業を目指します。

●施設

施設内に川や滝、ショーができる大きな池等をつくる予定です。(温泉水利用も検討)

川には非常用にも備え発電・蕎麦ひき・餅つき等を行う水車小屋等を建築する予定です。

映画撮影等の協力しながら江戸の街並みや宿場町、武家屋敷、火の見櫓等を建築し、物販等も行えるように計画しています。

施設内を日本の過去・現代・未来・廃墟地域に分割し、現在ある観覧車等の遊具は廃墟地域のシンボルとしてその形を維持していきます。

●開発

東北を中心とした中小企業と連携し、復興の象徴として夢のある施設を建設していきます。

各施設建設にあたりできる限り、産廃の削減にも貢献しながら施設の建設を行っていきます。

●企業誘致

部分的に飲食業やサービス業に土地をリースし、企業集合体としていきます。

建設する施設は地域の景観を保持するものとします。

●入場料の徴収

開園当初は大人¥3000/日を予定していますが、徐々に開発の進展に伴い値上げを予定しています。

●将来

施設を発展させ、アニメ・ゲーム等の施設なども建設し、夢と希望溢れる施設にしていくことを目指しています。

3.リターン

【個人の方】

¥10,000毎に入場券4回分

¥100,000毎に年間フリーパス1年分(開園イベントへも招待します)

を進呈します。

【企業の方】※詳細打ち合わせします

¥500,000毎に25坪を10年間リースします。(20年をご希望の場合は倍額)
場所は金額順となります。(西側道路隣接地は園外での商売も可能としますが、入園を管理できることが条件となります。建設地域は保護区域、池、道路(道路隣接地は可能)を除きます。←画像を確認願います)
商売は飲食店、衣料店、雑貨店、グッツ販売店、喫茶店(メイド系も可)、工芸品店、ホテル(ホテルは建設候補地が決まっています)に準ずるものとします。
各地域の景観保持が原則

※現在は200万円100坪までの設定となっていますが、キャンプファイヤーにて追加予定です。ご希望の方は質問にコメント願います。

¥50,000,000→現在湧いている温泉の20年間リースいたします。基本的にはホテル運営権権利者を優先させて頂きます。※1

¥50,000,000→ホテル運営権(2500坪程度)20年間リースいたします。未来地域の高台に土地を用意しております。※1

【スポンサー希望企業の方】※詳細打ち合わせします

¥2,000,000→5年間命名権(池、未来地域、現代地域、過去地域、廃墟地域、野外ステージ、旧ゲートボール場、旧ゴルフ打ち放し場、梅園)

¥5,000,000→5年間スポンサー権(施設の名称に冠するなど大々的にPRを行います)※1

※1.現在はまだ申請可能となっておりませんが、キャンプファイヤーにて追加予定です。ご希望の方は質問にコメント願います。

4.事業計画者

夢と希望溢れる國ジパング(化女沼レジャーランド再開発計画)

代表 赤羽 翔鶴(岩手県盛岡市出身)

東北に夢と希望溢れる施設を建設したいと思っています。

皆さんのご支援をぜひともお願いします。

 

5.理念

日本で唯一となる廃墟のテーマパークを立ち上げ、日本の文化・歴史を集めた東北初のリゾート施設を建設し、日本および世界の人々をおもてなしし、東北に夢と希望を与える。

※顧客
この施設に来ることで東北や日本の人々が幸せになる時間を過ごし、日々の意欲にしてもらう。

※復興
廃墟となっている施設を立て直し、周辺地域の遊戯施設として復活させ、リゾート開発により東北の復興の象徴として地域の活性化に貢献する。

※従業員
ひとに喜びを与えて感謝され収入を得ることの喜びを従業員が感じ、笑顔溢れるおもてなしの心を育成する。 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください