東京の高校で女子硬式野球をやる為には、私立高校に行かなければできません。東京はグランドを十分に確保できている学校も少なく、最近では他県へ留学する傾向もみられ、減少傾向となっています。また東京の大学には女子野球部のある学校がなく、野球環境が揃っておりません。そこで今回その問題を解消します!

プロジェクト本文


はじめに・ご挨拶

東京BRILLIANT(ブリリアント)は、2019年1月、江東区に誕生した女子硬式野球クラブチームです。
チーム構成は、中学生~大学生までの15名構成。(募集は中学生~大人までです…)
経験者~初心者、健常者だけでなく、障害を持っていても一緒にプレー出来る取り組みで、全員が平等に行っています。

代表兼監督は、羽野一之監督。
国士舘高校(選抜甲子園ベスト4進出)ー早稲田大学の野球部で活躍し、教員免許と心理カウンセラーの資格を所持。現在は広告代理店を起業しつつ、人事コンサルタントとして活躍しています。
また、指導者としても都立高校で外部指導員として3年間行い、強豪校でのコーチングを学び、昨年より女子硬式野球の指導者として埼玉県で活動をスタート。
今年1月から東京に活動拠点を戻し、東京BRILLIANTを設立。
コーチには、理学療法士の資格を持つ内野守備コーチとデータ分析を得意とする投手コーチの2名が5月より仲間入りしました。     【 羽野監督 】

このプロジェクトで挑戦したいこと

東京の男子硬式野球は、当たり前のように出来る環境があります。
もちろん、予算や環境の関係で、他県に遠征して練習をしている学校もありません。
しかし、女子硬式野球ではその環境すら数えるほどしか存在しません。
そこで、東京BRILLIANTでは東京で女子硬式野球ができる環境を提供し、さらに高校・大学のように部活としての野球教育を学べ、将来に向けた相談も受けられることをアピールさせていただきます。
その結果が、小学生・中学生を持つ保護者の方や世間の方に広まることで、現在頑張っている他の高校への刺激ともなり、お互いに相乗効果が望めると考えております。
さらには男子硬式野球にも影響を与えることが出来るので、昨今の野球人口減少に対し、少しでも野球に興味を示して頂けると考え、このプロジェクトに挑戦しました。

   【 メンタルトレーニング講座 勉強中 】


【 トレーニング法・ストレッチ法講座 】


女子硬式野球をはじめたきっかけや経緯について

女子硬式野球は、チームスポーツとしては珍しく、現在、飛躍的に人口数が伸びている競技です。
なぜ軟式ではなく硬式野球にこだわったのか。
それは、世界基準のスポーツだからです。
世界には、軟式野球はほとんど存在しません。(学童は別です)
もちろん、軟式野球を否定するつもりもありません。
これからも野球が世界に広まる為にも硬式の野球を普及させることは必須条件なのです。
しかし、その硬式野球は現在、減少の一途をたどっています。
そんな中、女子硬式野球が広まることで、男子部員が増えたというデータがあるほど、相乗効果が望めることから、東京に女子硬式野球クラブチームを立ち上げることにしました。

これまでの歩み・軌跡

2019年1月:女子硬式野球クラブチーム東京BRILLIANTを設立。
2019年2月:板橋区の小学校にて野球教室を行う。

【 野球教室の様子 】

2019年4月:全員が揃って本格的チーム練習がスタート。     
        関東女子硬式野球連盟に加盟し、ジャイアンツ杯争奪ヴィーナスリーグに参戦
2019年5月:全日本女子硬式野球連盟に加盟
2019年7月:第15回全日本女子硬式野球選手権大会関東予選を突破
2019年8月:第15回全日本女子硬式野球選手権大会(愛媛)出場予定

資金の使い道・実施スケジュール

・第15回全日本女子硬式野球選手権大会(愛媛)への移動費・宿泊費の一部負担
 ならびに期間中に四国内での野球教室を開催運営費(8月上旬~中旬)
 約60万円
・試合用ユニフォーム一部負担
 約10万円
・練習球・備品購入費
 約10万円
・イベント開催(10月~2月まで毎月開催予定)企画・運営費
 約50万円

リターンのご紹介

・ 2,000円 :チームキーホルダーをお送りいたします。
・ 3,000円 :お礼のメッセージ(動画)をお送りいたします。
・ 5,000円 :応援Tシャツ、応援帽子をお送りいたします。
・ 5,000円 :応援メッセージ+チームタンブラーをお送りいたします。
・10,000円:レプリカ帽子+タオルマフラー+お礼メッセージ(動画)をお送りいたします。

最後に

東京BRILLIANTは、学生中心のチームですが、大人の方も募集しております!!
お問い合わせ:tokyo@brilliant-girl.net【羽野】まで

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください