現在2020年4月を目処に千葉県印西市に介護タクシーの個人事業所の設立を目指しています。人材は私1人で資金が集まりましたら介護タクシー協会のアイラス(http://ailus.jp/)に相談し事業申請に移ります。千葉・茨城県在住の方々からのご支援をお待ちしています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、千葉県印西市在住の髙田雅史です。この度はじめて購入型クラウドファンディングにおいて

資金調達を行いプロジェクトの実現を目指します。どうぞよろしくお願い致します。

このプロジェクトで実現したいこと

千葉県印西市において介護タクシー事業所の設立・運営

プロジェクトをやろうと思った理由

出身地でもある千葉県印西市において、これまでの活動で得た経験を活用し地域社会に貢献しようと考えました。

これまでの活動

・福祉業界で現場と施設入居の営業を含め10年以上の経験あり、介護福祉士免許所持

・運転は普通自動車1種取得後、20年以上無事故無違反のゴールド、資金調達後に二種免許取得予定

介護タクシー事業所設立の根拠

千葉県の高齢者人口推移を載せました。みて頂いても解るように年々増加しています。勿論、全国的に見ても高齢者が増加しているのはデータを取らなくても皆さん解っていると思います。

本県における高齢者人口の推移(各年4月1日現在)

平成20年:総人口:6,199,089  65歳以上:1,180,939(19.1%) 75歳以上:481,258(7.8%)

平成25年:総人口:6,240,461  65歳以上:1,425,574(22.8%) 75歳以上:621,045(10.0%)

平成30年:総人口:6,297,271  65歳以上:1,663,564(26.4%) 75歳以上:787,386(12.5%)

※県統計課「千葉県年齢別・町丁字別人口」をもとに作成。人口は、平成24年までは各市町村の報告に基づく登録人口(登録人口とは、住民基本台帳人口に外国人登録人口を合算した人口)、平成25年以降は住民基本台帳法に基づき住民票に記載された者。

では印西市と市別にみた場合の推移も載せました。54の市町村がある為、全ては載せませんでした。印西市と近隣の大都市、そして過疎地とみられる市町村を載せました。

市別の高齢者人口の推移(2018年4月1日現在)

    総人口  高齢者人口 65歳以上 75歳以上 85歳以上 高齢化率()内は順位

市川市 485,767  101,733  54,286  34,817  12,630   20.9%  (53位)

印西市 99,1332    1,6331     2,816           6,071         2,746           21.8%       (52位)

船橋市 636,539       150,822        76,668       55,913       18,241           23.7%       (49位)

千葉市 967,966  246,846  128,12  489,690   29,032      25.5%       (43位)

御宿町   7,561   3,734    1,773     1,276   685    49.4%   (1位)

鋸南町   8,013   3,670    1,710     1,218   742    45.8%    (2位)

南房総市   38,727         17,114         7,869          5,775        3,470            44.2%      (3位)      

※県統計課「千葉県年齢別・町丁字別人口」をもとに作成。人口は、住民基本台帳法に基づき住民票に記載された者。

市川市や船橋市などの大都市は高齢者の人口では多いです。しかし問題なのは1万人に満たない市町村での高齢化率が多いことです。何らかの介護が必要であろう85歳以上ではこの7都市だけでも67546人います。この中には既に施設入所されている方や通所、在宅とその状況において介護サービスを利用しつつ生活されています。勿論現在も元気で介護の必要のない方々もいるでしょう。

そこで私が目を向けたのは在宅にいる方々です。施設は入所待ち、かつ高額です。支援制度も見直され介護認定も厳しくなりました。データは用意できませんでしたが在宅で頑張っている方や在宅で最期をと思っている方は多いと思われます。そんな社会情勢の中で昨今、高齢者による車の交通事故が各地で発生しています。在宅にてご自身で運転しなくてはいけない状況の方が多いのです。判断能力の低下等により危険な運転になりがちな方もいて事故の予備軍もいらっしゃるでしょう。これから益々、高齢者の交通事故は増えると思われます。有名人の方々が率先して免許の返納等をされていますが、現実問題で車という足が必要であったり様々なニーズの中この現状は中々改善するのは難しいです。そんな中でも運転の代行や買い物の代行、介護タクシーの利用等、介護サービス以外のサービスもあり、これを利用してもらうことも出来ます。実際この度私が加入予定の介護タクシー協会アイラスの予約内容でも買い物や通院の為の利用が多いのです。ですので今後介護タクシーの利用状況は増加する見込みがあります。介護タクシーの導入については国土交通省が平成32年度までに2万8千台導入するとしています。


現在2019年の段階では2万8千台はクリアされているそうです。しかしユニバーサールデザインタクシーを含む台数であり、実際の介護タクシーと呼べるものはアイラスの調べでは1万3千台です。

ではこの2種の違いは何かというと。

  • 介護タクシーとは? タクシー事業を許可されたヘルパーの資格取得者が身体介助と運行を行うタクシーの事。車椅子がそのまま入る専用タクシーで中にはストレッチャー乗車も出来、救急車に近い設備も整う民間救急車も広義の意味でこの介護タクシーに入る。 運賃+介助料金(機材使用料も含む)の合計が利用料金となる。

お客様対象者は 障がい者・要支援、要介護者の高齢者・透析患者・一般タクシーバスに乗ることが困難な者に限られる。

  • ユニバーサルデザインタクシー(UD)とは? 車椅子がそのまま入り、一般タクシーに比べドア開口部・手荷物を収納できるスペース、ステップ・手すりへの配慮が行き届いたタクシー。ヘルパー取得は必須でなく、基本料金は運賃のみだ。

お客様対象者は誰でも。縛りがない。年齢、身体状況に縛られない誰もが利用できるユニバーサル精神が反映されたタクシー。

台数は確保されましたが実際に利用する方にとって必要なものは専門的な介護タクシーであり、UDでは必要なサービスに対応しきれないのも現実なのです。

この背景を見て頂ければ介護タクシーが1台でも増える事の意義を解っていただけるかと思います。

これまでの活動

・福祉業界で現場と施設入居の営業を含め10年以上の経験あり、介護福祉士免許所持

・運転は普通自動車1種取得後、20年以上無事故無違反のゴールド、資金調達後に二種免許取得予定

資金の使い道
車両代金+入会資金+設備資金+その他諸経費=830万円(推定)

・車両代金:370万円(トヨタハイエース ウェルキャブ 新車)

・入会資金:105万円=80万円(アイラス入会金)+25万円(二種免許取得)

・設備資金:190万円=10万円(車椅子・ストレッチャー購入)+12万円(タクシーメーター取り付け)+8万円(事業所初期費用)+140万円(パソコン・社内用電話・携帯・電話回線・FAX・コピー機・シュレッター・デスク・椅子・休憩用ベット・ロッカー)+1万円(名刺作成)+20万円(HP作成)

・その他諸経費:165万円=5万円(ガソリン代1年間分)+45万円(事業所家賃1年間分)+20万円(車検・3か月点検)+3万円(車両保険1年間分)+13万円(アイラス月会費1年分)+4万円(駐車場代1年間分)+9万円(通信費1年間分)+36万円(水光熱費1年間分)+1万円(HP維持管理費1年間分)+25万円(雑費)

※ここに手数料の17%分と税金8%をプラスしないといけないので推定1100万円が必要です。

※また限定数を30個にする為、最終目標金額を1200万円に設定しました。

リターンについて

リターン① 40万円

※お礼のメールと利用料金から1400円引

※千葉・茨城以外の方はお礼のメールのみ

※アイラス料金設定

支援者は事業開始後の登録日から286回、特別料金で利用可能

(週1回、月4回利用しても6年間有効)

※支援者が亡くなったり登録を解除した場合の支援金の返金はありません。

起案者である高田雅史が運営する事業所を利用した場合に割引が発生する

例)起案者の事業所で予約が取れなかった場合は近隣の事業所に応援を提案する、その際は定価の料金が発生するため。

※限定数30

※支援者は起案者の事業所においてUDの料金で期間内に限り利用出来る。(車椅子の場合に限る)

リターン➁ 1万円

※お礼のメールと利用料金から1400円引

※千葉・茨城県の方以外はお礼のメールのみ

※支援者は事業開始後の登録日から8回、特別料金で利用可能。

※支援者が亡くなったり登録を解除した場合の支援金の返金はありません。

起案者である高田雅史が運営する事業所を利用した場合に割引が発生する

例)起案者の事業所で予約が取れなかった場合は近隣の事業所に応援を提案する、その際は定価の料金が発生するため。

※限定数1200

※支援者は起案者の事業所においてUDの料金で期間内に限り利用出来る。(車椅子の場合に限る)

実施スケジュール

2019年   7月某日 プロジェクト計画・申請・公開・SNSに支援内容の投稿

2019年   7月31日 2回目のSNSに支援内容の投稿

2019年   8月15日 3回目のSNSに支援内容の投稿

2019年   8月30日   4回目のSNSに支援内容の投稿

2019年   9月15日   5回目のSNSに支援内容の投稿

2019年   9月29日   プロジェクト公開終了(目標金額未達の場合プロジェクト凍結)

目標資金到達後

2019年 10月30日 資金確認・アイラス加入申請・普通自動車2種免許取得開始予定

2020年   1月   加入申請受理予定

2020年   2月   開業研修開始予定

2020年   3月   開業・運営開始予定(状況により前後する可能性あり)   

開業後の売り上げ推移です。

  • 開業一ヵ月
  • 売上15~35万

  • 開業6ヵ月
  • 売上30~50万

  • 開業12ヵ月(1年目)
  • 売上40~60万

コールセンターからの受注や周辺のアイラス加入事業所からの応援が多いのは解ります。実際アイラスでは首都圏で約200台の介護タクシーを所持し月のコール数は2000を超えます。利用率は150%以上。リピーターの割合も記載されていますが、これは確実な数字ではないので実際はもっと多いのが現状です。すなわち利用率からしても介護タクシーが足りていない状況です。コールセンターでは98%請け負っています。残りの2%は断っているそうです。その98%からメンバーに依頼します。そこから受注できているかは把握できていないので実際サービスを受けられないお客様もいるということです。介護タクシーが1台でも多く増えることは大きな課題でもありますし売り上げからみてもビジネスとしても成り立つわけです。

最後に

介護タクシー運営に伴い、運用上の理由から現実的に見ても千葉・茨城県の2エリアのみの狭い範囲のプロジェクトです。しかし公共性と社会貢献度は非常に高いです。私としては千葉、茨城県に住む高齢者や障害者、その家族の為にも、また事業主として業務に当る私自身の為にも実現したい案件です。応援よろしくお願い致します。


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及び

 リターンのお届けはございません。

  • 活動報告

    ご報告

    2019/08/15 07:52

    先日、SNSのログアウトを行いました。理由は現在の支援状況を残り期間で計算したところ目標金額に到底及ばないことがわかったからからです。開始から約2週間で2件、20000円では達成は難しいです。社会貢献度、重要性、需要度は高い案件でしたが、にわかじこみのSNSへの発信と高額な目標金額の設定が支援...

  • 活動報告

    2件目

    2019/08/05 18:11

    本日、2人目の支援者が現れました。船橋市の在宅を主とする薬局経営者の方です。県内からの支援は初です、支援者にリターンも発生しますし正直、嬉しいです。またFacebookのシェア数も前回29件から今回41件と12件も増えました。着実に情報が拡散されているのが解ります。シェアして下さった方々にも、...

  • 活動報告

    第二回SNS投稿

    2019/07/31 08:38

    定期報告です。スケジュール通りSNSに支援内容を投稿完了、支援を待つ。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください