滋賀県大津市で2009年から毎年秋に開催している大津ジャズフェスティバル(OJF)。第11回となる今年も「世界一美しいジャズフェスティバル」を掲げて開催いたします!

プロジェクト本文

滋賀県大津市で2009年から毎年秋に開催している大津ジャズフェスティバル(OJF)。
第11回となる2019年は、10月19日(土)20日(日)に開催が決定いたしました。

大津ジャズフェスティバルが、本当の意味での「世界一美しい」ジャズフェスティバルであるため……そのためには、皆さまのお力がとてもとても必要です。

メインステージのおまつり広場。びわ湖をバックにした野外ステージはまさに「世界一美しいジャズフェスティバル」!

「びわ湖のロケーションを活かして、何か面白いことができないか?」から早10年。

「大津のまちを音楽で盛り上げたい」とJAZZをこよなく愛するおやじ小山清治(故人)が仲間を集めて立ち上げた大津ジャズフェスティバルは、昨年おかげさまで10年の節目を迎えることができました。
また昨年3月にこれまでの目標でもあった法人格を取得し、「NPO法人 大津ジャズフェスティバル」となりました。

これまでは「まずは10年」「とりあえず10回」を合言葉に毎年開催してまいりましたが、今年は11回目の新たな船出となります。

駅の改札を出てみたら…そこはもう大津ジャズフェスティバルのステージです!

実は100パーセント市民活動で運営する手作りなイベントです。

大津ジャズフェスティバルは有志のボランティアで運営されています。また運営資金は、観客の皆さまからのカンパ、オリジナルグッズ等の売り上げ、出演ミュージシャンからの参加協力金、企業や個人の協賛金でまかなわれています。本当の意味での「有志による」「手作りの」フェスであることが、我々スタッフの…そしてこの大津ジャズフェスティバルの誇りです。

造り酒屋さんの酒蔵も、この日限りのステージに!

「新たな船出」とはいうものの、正直なところとっても難航しています…。

イベント立ち上げ時は、大津市の市民活動の助成金をいただいて運営しておりました。また、100パーセント市民活動の我々の活動をバックアップしてやろうという企業・団体の皆さまにも支えていただきながら10回目の節目を終えたのですが、大津市の助成金は途中から打ち切られ、協賛していただいている企業・団体の状況も年々変化していく中で、継続して協賛のご協力がいただけないことが増えていき、その結果としてお財布事情がかなり厳しくなってきております。

また少子高齢社会に伴って、大津ジャズフェスティバルもスタッフの高齢化が進み、様々な事情で脱落していくスタッフが後を絶たないなか、フェスの担い手不足も否めない状況です。

街角の教会も、ステージに様変わり!

たとえ難航していても、続けたい…いや、続けなきゃいけないのです。

遠方からも出演を希望してくださるミュージシャンの皆さま、「当日だけではあるけど、盛り上げたい!」とボランティアに来てくださる皆さま、そして「毎年楽しみにしているよ」とご来場くださるたくさんの皆さま…そんな方々が10年でじわじわと…でも確実に増えてきています。
お金がなくて、人もいない大津ジャズフェスティバルですが、フェスを支えてくださる皆さまがいてくださる限り、毎年の開催を続けていくことが使命であるとも思っています。

このプロジェクトで頂戴した資金も、もちろんフェスの運営費として大切に大切に使わせていただきます。

昨年のグランドフィナーレで、偶然にも対岸から打ち上げ花火が!素敵なコラボレーションでした!!

大津ジャズフェスティバルを200パーセント楽しめるリターンメニューをご用意しました!

このプロジェクトにご支援いただいた皆さまには、フェス当日に大津に来ていただいて、ステージを楽しんいただきたい…そんな思いでリターンメニューをご用意しました。
昨年大好評だった「ビアンカAFTERNOON JAZZクルーズ」のチケットをはじめ、いずれもフェスを楽しんでいただけるリターンメニューとなっております。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

クルーズ中のビアンカです。昨年と同様、たっぷり110分間のクルーズをお楽しみいただけますよ。

 大津ジャズフェスティバルが名実ともに「世界一美しい」ジャズフェスティバルであるために、フェスを存続させていくことが不可欠です。
このプロジェクトに多くの皆さまに賛同していただき、手を携えていただける仲間になっていただければ、とても幸せです。

昨年、全てのステージが終わった後の集合写真です。今年はあなたもご一緒に!?


NPO法人 大津ジャズフェスティバル

大津ジャズフェスティバル実行委員会

  • 2019/08/23 21:49

    「大津の地酒「浅茅生」で乾杯セット」のワンカップの容量は、300㎖ではなく180㎖です。ワンカップといえば1合なので、日本酒好きの方はお気づきだったかもしれません…が、おバカな間違いで大変申し訳ございません。お詫びして訂正いたします。こちらのリターンメニューでのご支援を検討されている方、くれぐ...

  • 2019/08/22 07:11

    大津ジャズフェスティバルと一緒に大津の街も楽しんでいただくため、会場を貸していただいているお店にご協力いただいたリターンメニューを2種類追加しました。その①「OJFのスタートは大津でランチからセット(3,300円)」10月19日の演奏会場のひとつである、白いピアノさんのスペシャルランチがセット...

  • 2019/08/17 13:38

    ビアンカ船上でSANOVAと記念写真が撮れる「プレミアJAZZクルーズ〈1stクルーズ〉セット」が完売いたしました!ご支援くださった方、ありがとうございます♪「しまった、見逃してた…。」と後悔されているそこのあなた。安心してください…ビアンカAFTERNOON JAZZクルーズチケットは、まだ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください