「大海原を仲間と駆け抜ける冒険をしたい」なんて思ったことはありませんか?freenaは、ボート業界の抱える課題を解決する持続可能なモデルを提案し、少年少女の頃のロマンを具現化させていくプロジェクト。いわば『現代の海賊団』の立ち上げです。

プロジェクト本文

▼言語障害に悩んだ幼少期を契機に、日常を変えるカーニバルを生み出すリーダーを志した

ヨーソロー! プロジェクトの責任者を務める巴山雄太(トモエヤマユウタ)と申します。珍しい苗字で、親しい友人からは「ともえ」って中性的なあだ名で呼ばれたりしているサッカー部出身の23歳です。突然ですが僕は、CARNIVALを興しつづけることを人生のテーマに掲げています。CARNIVALは「参加者の自発性と新規性のある熱狂」と自身で勝手に定義しているエンターテインメントのことなのです。表現し合える計画的な内輪があって、関わる人が日常における一歩を踏み出せるような体験を仕掛けたいと企んで活動しています。昨年末の在学中には社会実験集団『学校異法人よろず大学』を立ち上げ、これまでに断食のフェスや地域イベントを主催したり、コーポレートブランディングのベンチャー企業に務めながら放浪している23歳です。掴みどころのない自己紹介になってしまいましたが、僕は今本気です。燃えています。







▼令和時代の海賊団『freena』を立ち上げたい!!


”いつでも 誰とでも 出航できる”





 『freena』という、海賊団をモチーフにしたクルージングを楽しむコミュニティを立ち上げて、気軽に貸切クルージングを行う新しい仕組みを発信します。

 沖縄に遊びに行った際、地元のヤンキーたちが、沖合に船を浮かべておにぎりを食べているのを目にした私は、強い悔しさを覚えました。こんなに自由でロマンのあるアウトドアの世界があるのか、と。

 我々は、乗り物の中でも、車道のような枠に左右されず自由に動き回ることができる船舶の『ロマン』を信じており、誰もが、もっと気軽に水面を走り回ることができる活気の溢れる世界を夢見ています。


 一方で、免許取得の手軽さ(3日間約70000円から取得可能)に対してレンタルボートの仕組みや航行のルールなどは一般人に対して不透明な部分が多く、クルージングに対する高いハードルを感じ、どうせやるなら構造から変えていきたいと思ったことがプロジェクト立ち上げの動機です。

 我々は、『freena』を通して、もっと気軽に貸切クルージングを行えるような仕組みを作ることで、「移動」ではなく「レジャー」としての可能性を追求する新しいコミュニティの在り方を提案してまいります。

 




▼どうやってやるの?

・クルー : 免許非保持者で、貸切クルージングしたい人

・船長 : 1級,2級船舶免許保持者

・船舶オーナー : 小型船舶を個人所有しているオーナー

freenaは、『船舶オーナー』が所有する小型船舶を活用し、『クルー』が友人や家族やパートナーを招いて計画する貸切クルージングを『船長』が操縦することで実現させるコミュニティです。freena事務局は企画からリスクマネジメントまで一貫して航行をアシスタントします。クルーから支払われる会費や航行費の利益で運営されるプラットフォームです。freenaの催行するクルージングは「船長が企画し募集して行う企画クルーズ」と「クルーがオーダーメイドで依頼して行うクルーズ」の2つのパターンになります。




▼freenaの目的とは?

① ボート業界関係者だけでなく、僕らの日常に水辺のロマンを取り戻すこと!

上記の通り、ボート業界の現状は厳しく、とても順風満帆とは言えません。freenaは、この課題をチャンスと捉え、ボート業界だけではなく、一般人を巻き込んだ持続可能なコミュニティの立ち上げによりこれを解決していきます。



② 気軽に楽しめる形で水辺レジャーを再定義すること!

 日本人ひとり当たりのレジャー費は、大体年収の約1%と言われており、1航海平均9万円以上と高価格化する貸切クルージングは体験するハードルが大変高いものとなってしまっています。freenaでは、一般的なシェアリングエコノミーで用いられているような個人間のマッチングではなく、透明度の高いコミュニケーションが生まれるコミュニティ型のシェアリングを行うことですべての関係者の安心感を高めて、水辺を楽しむ輪をスイスイと広げていきます。






▼資金の使い道

・リターンでは、原価率の著しく低い金額でプロモーションとしての貸切クルージングを行い、楽しい航行ができるよう支援者からの意見を取り入れ、たくさんの独自のクルージングのノウハウを貯めてまいります!

ボートレンタル×10回 200000円 


・余った費用は、freenaの立ち上げに向けた初期費用に充てさせていただきます!

2級船舶免許取得補助費 ×2人 100000円

雑費(サイト制作費、広告費など) 50000円 




▼リターンについて

①30000円の貸切クルージングプラン 「大阪発、」(2019年10月~2020年5月の希望日)  支援者様の完全主催で、大阪港発の貸切クルージングパーティを行うプランです。会社や学校の同僚とのレジャー、遠くで暮らす家族へのギフト、大阪に遊びに来るお友達への歓迎祭、大切なパートナーへのサプライズ…。大阪港でのクルージングのプランを自由に考えていきましょう!ストーリー立案、サプライズのご相談、準備、手配、実行までスタッフが舵を取り操縦いたしますので、ご心配は要りません。人生最高のクルーズを実現させていきましょう!(例)大阪港発~関西国際空港~友ヶ島  


○キャプテンとして船舶免許を保持しているスタッフが添乗し、楽しいクルーズになるようにサポートし、尽力していきます!

○飲食の持ち込み可能です。ケータリング手配も承りますが、追加料金をいただく可能性があります。

○ヤマハ発動機シースタイル等のボートレンタルサービスを活用し、保険も代理店を介して加入いたします。

○出航場所は大阪港のご希望に添えるいずれかのマリーナを予定しております。

○9月以降、順次開催日程の調整を行います。

○支援者様含めて1~5名様までの参加が可能です。

○集合~解散まで原則3時間(9~14時のご希望時間帯出発)のクルージングを予定しております。 



②30000円の貸切クルージングプラン 「東京発、」(2019年10月~2020年5月の希望日)  支援者様の完全主催で、東京発の貸切クルージングパーティを行うプランです。会社や学校の同僚とのレジャー、遠くで暮らす家族へのギフト、東京に遊びに来るお友達への歓迎祭、大切なパートナーへのサプライズ…。東京湾でのクルージングのプランを自由に考えていきましょう!ストーリー立案、サプライズのご相談、準備、手配、実行までスタッフが舵を取り操縦いたしますので、ご心配は要りません。人生最高のクルーズを実現させていきましょう!


○キャプテンとして船舶免許を保持しているスタッフが添乗し、楽しいクルーズになるようにサポートし、尽力していきます!

○飲食の持ち込み可能です。ケータリング手配も承りますが、追加料金をいただく可能性があります。

○ヤマハ発動機シースタイル等のボートレンタルサービスを活用し、保険も代理店を介して加入いたします。

○出航場所は東京湾、横浜港、東京都の河川のうち、ご希望に添えるいずれかのマリーナを予定しております。

○9月以降、順次開催日程の調整を行います。

○支援者様含めて1~5名様までの参加が可能です。

○集合~解散まで原則3時間(9~14時のご希望時間帯出発)のクルージングを予定しております。 



③3000円の名誉会員権プラン

freenaの初代会員権です。お互いの今後の健康と繁栄を祈念して、来年度以降の立ち上げ時に発行する予定の会員証と1枚1枚直筆で綴ったお手紙、オリジナルグッズ(トートバックか防水スマホケースを予定)を贈らせていただきます。



▼最後に

 プロジェクトの責任者を務めさせていただいている、巴山雄太と申します。最後までお読みいただきありがとうございます。

 突然ですが、あなたにとって「遊び」とはどんなものでしょうか? スノボなら9000円、遊園地なら6000円、飲み会3000円、ボウリング2000円、カラオケ2000円、ダーツ1000円。今僕らは、目の前に丁寧に用意されてる「楽しさ」を当たり前のように選択して日々購入してする機会が多いように思います。

 平成生まれの僕らにとっての「遊び」とはどうあるべきでしょうか? 街でフィールドを定めてケイドロをやったことはありませんか。校舎で鬼ごっこを、公園にゴールを定めてサッカーを、木の枝でチャンバラを、石を拾って比べっこを。僕ら次第で街のどこからでも拾い上げられるもの、それが「遊び」ではなかったでしょうか。


 日本では、船舶のシェアリングサービスは2015年頃から瀬戸内海を中心に作られていますが、まだまだ漁業従事者向けの展開に留まっている現状があります。

 freenaは、生活の営みから離れてしまっている都市の水辺を、僕らの手で、もっと美しく、自由に感じられるようにするためのものです。いただいた支援額は二名の免許取得費、リターンの実費として使用させていただき、余った費用は全てコミュニティの立ち上げの実装に回させていただきます。

 なにもない中、見切り発車で、不安の中でスタートしたプロジェクトです。だからこそ、ドキドキワクワクしながら、この先に待つ景色を見たいと思っています。

 どういった形であれ、長い目で必ず持続させていく覚悟を持って、楽しんでまいりたいと思います。僕らの仲間に入っていただけると嬉しいです。どうぞ、freenaをよろしくお願いします。



 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください