現役パフォーマーがYouTubeを通して、様々なブレイクダンス・アクロバットの技をレクチャーする。またその過程で自身の成長やライフスタイルをアップしていく。そのための必要な資金を集めるため、この企画を立ち上げました。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

当ページをご覧いただきありがとうございます。



現在、主にテーマパークなどでパフォーマーとして活動している、

飛鳥と申します。





↓ My breakdance & acrobat skill






1995年生まれ

23歳です。



福井県で生まれ育ち、中学校、高校はバスケに打ち込むバスケ少年でした。




そして、大学受験の時期になり、高校3年生の時にテレビで見た『九州男児新選組』のブレイクダンスパフォーマンスに衝撃を受け、東京の大学に行きブレイクダンスをすることを決意しました。



翌年福井県から上京し、大学のダンス部に入り、ブレイクダンスを始めました。



大学では週6で練習し、練習漬けのキャンパスライフを送りました。




そして、大学3年の時に、先輩の会社の同僚の結婚式に、先輩や同期とパフォーマンスを披露することになり、この時に自分のブレイクダンスのパフォーマンスをみて、



『すごいね!僕の結婚式の時も是非来て欲しいよ!!』



などと声をかけてくれた方が何名もいて、初めて自分のパフォーマンスで、人を楽しませることが出来ると知り、


同時に、『人を楽しませることの楽しさ』を実感しました。




また、同じく大学3年の時に縁あって大学祭Mrコンテストに出場しました。


特技披露でブレイクダンスを披露し、それが好評で、大学のMrグランプリを受賞しました。


最初はコンテストに参加するか物凄く悩み、また、周りからの期待やプレッシャーが大きく、不安で押しつぶされそうな学祭準備期間でしたが、、この経験を通じて一歩踏み出す勇気の大事さを実感しました。






そして就職活動が一斉に始まる大学四年生の直前、友人とロサンゼルスに観光に行った際、サンタモニカの路上で、世界大会などで見たことがある有名なダンサー達がとても楽しそうにパフォーマンスしているのを目の当たりにし、自分も好きなことで頑張りたいなと改めて感じました。




日本に帰り一斉に就活が始まり、様々な企業の色んな方のお話を聞いたり、実際にお話出来るのも、新卒のうちだけということもあり、説明会や面接にも行き、有難いことに、内定も頂きました。



しかし、上記の大きな経験から、自分の気持ちに嘘はつけず、

やらない後悔よりはやって後悔、やれるだけやってみようと思い、内定を辞退して、ダンサー、パフォーマーとして一歩踏み出すことを決意しました。






そして、『為せば成る為さねば成らぬ何事も』をモットーに、23歳現在テーマパーク等でパフォーマーとして活動しています。





このプロジェクトで実現したいこと


レッスンに通わなくても、手元のスマートフォンでみんながブレイクダンスを練習出来るように、様々な技を動画でレクチャーしていく。



本当に好きな事ならば、諦めずに一歩踏み出すことで仕事にできる、ということを映像を通して沢山の人に伝えたい。




就職活動の時期、親に何度も就職や将来のことを相談しましたが、自分の父は「好きなことで頑張ってみろ」と言ってくれました。


しかし、両親に反対されたり、社会の流れに逆らえず、本当にやりたいことで生きていけない人達が沢山いると思います。

そのような人達が一歩踏み出せるよう、後押しできるような模範となりたいです。



また、一歩踏み出したことで出会い、自分を更にレベルアップさせてくれた素敵な仕事仲間達にも登場してもらい、たくさんの人が楽しめる映像を作っていきたいです。



プロジェクトをやろうと思った理由


11台スマートフォンを手にSNSYouTubeを毎日見る時代です。

そして、そのスマートフォンの普及によって、動画の市場はますます伸びていく一方です。


これから5Gの時代に突入し、ギガ制限がなくなったり、動画の読み込み時間もゼロになる未来が近づいています。


つまり、YouTubeもますます伸びていくと思います。


この時代に、この年齢で、今自分が出来ることは、


『ブレイクダンス・アクロバットをやりたい人にYouTubeを通して技術を届けること』


そして


自分自身もどんどんこれから成長して行くので、その過程をYouTubeを通して発信して行きたい。』


と思ったので、今回のクラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。





また、何故YouTubeを始めるにあたって、このクラウドファンディングなのか? 



その1番の理由は、


『沢山の方々とこのクラウドファンディングを通じて繋がりたい』


と思ったからです。


1人では力足らずです。

みなさんのお力を貸して頂けると嬉しいです。




これまでの活動


バスケットボールは小学校6年生から初めて、中学校ではキャプテン、高校では2年生の時からスタートメンバーでプレイしていました。



また、年に一度の市の陸上大会では3年連続走高跳で1位を受賞したこともあります。



そのため、運動神経には自信がありました。



ところが、大学から始めたブレイクダンスでは、思うように上達せず高校からダンスを始めている友達には全く敵いませんでした。

心が折れそうになり、やめたいと思う時もありました。



しかし、その時に気づいたことが



『上手な人はそれだけ練習している』



ということでした。それから僕は練習量だけは誰にも負けないと決めて3年間ひたすら練習しました。


その甲斐あって、今では大勢の人の前でもパフォーマンス出来る程に自信がつきました。


(Mr.コンテストの特技披露時)


また、大学を卒業してからは、スタントマンの仲間が増えたので、一緒に練習しつつ、アクロバットのスキルも磨いています。






資金の使い道

ご支援頂いた支援金は下記の使徒で使わせて頂きます。



カメラ、レンズ代…20万円


NDフィルター…1万円


3脚… 1万円


SDカード…5千円


マイク…5千円


上記の予定です。


※手数料につきましては「手数料0円キャンペーン」中につき、かからない予定です。


最後に


自分には、ブレイクダンスやアクロバットしかありません。


しかし、それは今、映像を通して、インターネットを通して、世界中に発信出来る時代です。


この時代だからこそ、より多くの人にブレイクダンスを届けたいし、アクロバットをやってみて欲しい。

そして、ブレイクダンス、アクロバットだけでも沢山の人を楽しませることが出来ると思います。




また、今回YouTubeを立ち上げるにあたって、1から映像も勉強するつもりです。


しかし、やるなら全力で。


好きなことならとことん頑張れます


みなさんがもっと見たい!と思える映像を作っていきますので、応援宜しくお願い致します。



スケジュール


2019年 8月末 クラウドファンディング終了

2019年 9月末 支援金の支給

2019年 10月〜  動画作成スタート

2019年 10月〜 リターン開始




<All-or-Nothing方式>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください