俳優 大野俊亮が今まで培ってきた芝居の技術、想いを持って地元にいがたに芝居の文化を作っていくプロジェクトです。今回は第1弾としまして、2019年9月21日、22日に三条市のieスタジオにて70分程度のミニマムな作品を開演します。 公演日程 9/21(19時半~)、22(12時半~、15時半~)

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

大野俊亮 35歳

新潟県西蒲区巻町出身


19歳の時に大学進学のために上京。しかし20歳の時に芝居に目覚め、大学に通いながら今の事務所・宝映テレビプロタグションに入り、芸能活動スタート。

テレビ・映画・モデル・舞台など、多方面で活動し、2013年には美輪明宏氏と出会い、それから今年の2019年まで7年連続で美輪明宏氏が手がける舞台に出演している。


そして俳優の傍ら、キネスティックセラピスト(背骨調律士)としても活躍し、俳優や声優や歌手の方々の背骨の可動域を広げる事で、肩凝り腰痛改善だげなく、姿勢改善や声のだし方改善などにも手掛けている。



今回の「燕三条公演プロジェクト」は初のプロデュース作品となる。



このプロジェクトで実現したいこと

芝居とは全く無縁な地元で育った私ですが、上京してから15年、ずっとお芝居をして参りました。


しかし、年を取るのと同時に、里帰りする度に地元の商店街の活気もなくなって来ているのも見受けられ、いつも目を細めていました。


地元のために何か町おこしをしたい、

地元に何か恩返しがしたい、

そして、地元でお芝居をしたい、


そんな思いで辿り着いたのが、

「燕三条公演プロジェクト」

でした。


お芝居で地元の活性化、

そして生まれ育った地元への恩返し、

さらにはお芝居という新しい風を地元に吹かせてみたい一心で、地元の有志の仲間と一緒に燕三条で挑戦をする、町おこしプロジェクトを立ち上げました。



とにかく何よりほんの少しでも、地元の活性化に繋がれればなと思っているので、諸経費を除いた売上金額は、今後、今回のような地元で芝居に関するイベント(公演など)を行う際の資金に全て充てます。

自分の地元ではまだまだ芝居という文化が少ないため、今後、今回のような公演をすることで、地元にいる役者の卵や芝居に実は興味がある!という人たちにいいきっかけになれればと思っています。

芝居というもので、いつか地元の文化の繁栄となるのであれば、今後もやっていきたいと思っている。





プロジェクトをやろうと思った理由

地元の若者離れが多く、商店街も段々と廃れてる中、お芝居で地元の地域の活性化、そして、生まれ育った地元への恩返しとして、お芝居という新しい風を地元に吹かせてみたい!という、地域の方々と一緒に挑戦するプロジェクト。


これまでの活動

これまでの主な出演実績(公式プロフィールより)


●舞台   

・「毛皮のマリー」(2019年公演/新国立劇場ほか全国公演byPARCO)【鶏姦詩人役】

・「美輪明宏版 『愛の讃歌』~エディット・ピアフ物語~」(2018年公演/新国立劇場ほか全国公演byPARCO)【レーモン・アッソー役】

・ 近代能楽集より「葵上・卒塔婆小町」(2017年公演/新国立劇場ほか全国公演byPARCO)

・「毛皮のマリー」(2016年公演/新国立劇場、パルコ劇場ほか全国公演byPARCO)【鶏姦詩人役】

・「黒蜥蜴」(2015年公演/新国立劇場ほか全国公演byPARCO)【黒蜥蜴の部下・北村役/用心棒・原口役】

・「美輪明宏版 『愛の讃歌』~エディット・ピアフ物語~」(2014年公演/新国立劇場ほか全国公演byPARCO)【レーモン・アッソー役】

・「黒蜥蜴」(2013年公演/ルテアトル銀座ほか全国公演byPARCO)【黒蜥蜴の部下・北村役/用心棒・原口役】

など大劇場~小劇場多数出演


●TV

・NHK

大河ドラマ

「軍師官兵衛」

「八重の桜」

「平清盛」

「江~姫たちの戦国~」(豊臣家近習役)


Eテレ「Rの法則」 ランコレ×ドラマ#5

「天才てれびくんYOU」


・TBS

「ザ・今夜はヒストリー」(新田義貞役)

「ウルトラマンネクサス」

「ヤンキー君とメガネちゃん」


・CX

「東京DOGS」

「鬼嫁日記」


・E X 

「刑事吉永誠一 涙の事件簿」

「記憶捜査」(小酒井肇役)

など


●CM    

参天製薬「fx Neo」

「BANDAI namco」

明星食品 「一平ちゃん夜店の焼きそば」

など


●映画    

「罪とバス」

「25NIJYU-GO」(田神組・山本役)

「花と蛇ZERO」

「クローズ ZERO-Ⅱ」

「スケバン刑事」(大前俊介役)

「探偵はBARにいる2」

「ザ・ガーディアン」【吹替え】

など





資金の使い道

とにかく何よりほんの少しでも、地元の活性化に繋がれればなと思っているので、諸経費を除いた売上金額は、今後、今回のような地元で芝居に関するイベント(公演など)を行う際の資金に全て充てます。

自分の地元ではまだまだ芝居という文化が少ないため、今後、今回のような公演をすることで、地元にいる役者の卵や芝居に実は興味がある!という人たちにいいきっかけになれればと思っています。

芝居というもので、いつか地元の文化の繁栄となるのであれば、今後も継続していく気持ちです。

リターンについて
当日演者との写真撮影
コーヒー(今回公演のオリジナルブレンド)
今回の演者3人のサインおよび特典
大野俊亮と飲みに行ける権利(*面会時には同伴者をつけます。また公共の場所で面会いたします。)
各々の東京での芝居観劇券


実施スケジュール
8月中旬クラウドファンディング開始、情報公開
8月末 演者顔合わせ、稽古開始(随時紹介)
9/15クラウドファンディング終了予定

公演
9/21(土) ❶19時半
9/22(日) ❷12時半  ❸15時半


最後に

正直、クラウドファンディングというものを初めて行うため、不安がないと行ったら嘘になります。

公演企画自体もすでに進行中のため、例え支援して頂ける合計金額が1円だとしても、このお気持ちを無駄にすることの無いよう、地元の皆様のお気持ちに届く作品作りをさせて頂き、必ず最後までやり遂げたいと思っております。

ちなみに、今回の出演者は私を含め皆30代半ばの年齢となっております。30代半ばの役者というのは、今後の人生の岐路を考える年頃でもあります。

その中で私は「地元での恩返し」として芝居をやろうと思えたことは、ある意味感謝すべき事であり、この選択は必然だったのかと思います。

ぜひ私達と共に、我が地元で芝居という新しい風を吹かせ、活気ある町おこしの第一人者になりませんか?


長々と最後までお読みいただきありがとうございます。今プロジェクトに限らず、今後も私達を応援して頂けますと幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。


大野 俊亮

▼     ▼     ▼

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください