UCI Gran Fondo World Championshipsへの挑戦。このステージで世界チャンピオンを狙います。私個人の目標であると共に皆さんが世界のどの位置で戦えるのか、身近な物差しになれるようこの身で体感、視察しそれらを今後の競技者講習等でフィードバックしたい思っています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ご閲覧いただきありがとうございます。

私はKBikeService代表 小橋勇利と申します。
北海道出身の元プロロードレーサーで、中学卒業後は単身愛媛の松山工業高校で走り、その後はフランスを拠点に世界の頂点を目指し戦っておりました。

ヨーロッパプロの契約はかないませんでしたが、その後は国内プロチーム「シマノレーシング」に所属し活動しておりました。現在は選手を引退し、現在は競技者をはじめとした全てのサイクリストに私が今までさせていただいた貴重な経験を少しでもフィードバックすべく北海道を拠点にロードレーススクールや、講習会等の活動を行っております。


今回のプロジェクトでは私、小橋勇利 が 8月29日から9月1日にかけてポーランドで開催される
UCI Gran Fondo World Championships に挑戦します。
もちろん狙うのはワールドチャンピオン。
北海道から世界へ挑戦します。

今回は私の個人の目標であると共に、皆さんが世界のどの位置で戦えるのか、身近な物差しになれるようこの身で体感、視察しそれらを今後の競技者講習等にフィードバックしたい思います。




このプロジェクトをやろうと思った理由、プロジェクトでの狙い

まず第一はこのたび、挑戦するチャンスが巡ってきたこと。
正直、このチャンスを捨てるのは勿体無いと思いました。
アマチュアの最高峰、アマチュアレーサー達の頂点。
過去にプロの世界では世界一になれなかったけれど、また別の新たなステージで挑戦できる。

それは大変嬉しく、このチャンスを逃したくないと思ったのがきっかけです。

私はこの挑戦(プロジェクト)で年代別優勝、総合優勝を狙います。
目標は北海道にアルカンシェルを持ち帰ることです。





もう一つの大きな狙い

また、近年アマチュアレーサー達の大きな目標の一つとなっているニセコクラシック。

ここでより高い成績を出す為に昨年からKBikeService主催で「ニセコクラシック対策合宿」や各地で「強化練習会」等を行なって参りましたが、実際に大会で高い成績を残した選手が次に志すのは世界の舞台。

世界選手権です。

実際はどれほどのレベルなのか。
現場ではどういった能力が求められているのか
どんな対策を打っていくべきなのか。

全くの想像がつかないわけですが、そういったところを私が肌で感じて、身をもって体験して「YURIFitロードレーススクール」をはじめ、各地で行なう競技者指導でフィードバックしてゆきたいと考えました。




目標金額 ¥250,000

【航空代金】¥180,000

【自転車運送費】¥35,000

【滞在費】¥35,000


!本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。!


  • 2019/09/01 04:09

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2019/08/29 22:51

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2019/08/29 15:56

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください