夏の甲子園出場は28年ぶり、春夏連続の甲子園出場は59年ぶり。進学校として、「野球」も「勉強」も「地域貢献活動」も頑張っている鳥取県立米子東高等学校硬式野球部。人口が最も少ない県「鳥取県」から、最少部員数で戦う甲子園での姿を応援していただければと思います。

プロジェクト本文

▼はじめに

鳥取県立米子東高等学校勝陵野球クラブ(野球部OB会) 副会長で今回のプロジェクトを担当させていただいております、阿部功平と申します。

今回のプロジェクトは野球部OB会として、夏の甲子園出場を果たした米子東高等学校硬式野球部の全国の支援の輪を広げるために立ち上がりました。

近年は私学の強豪が甲子園で活躍する中、人口の一番少ない県の県立高校として、また県内有数の進学校として、文武共に、また地域貢献活動も行っている野球部員たち。その部員たちの全国での活躍のためにも是非ともご支援をしていただければありがたく思います。


▼現在のチームについて

28年ぶり14回目夏の甲子園の出場を決めた鳥取県立米子東高等学校硬式野球部春夏の甲子園連続出場はセンバツで全国準優勝した年以来、59年ぶりの快挙になります。夏の高校野球の第1回地方大会からの皆勤校でありますが、今回で大正、昭和、平成、令和と四元号の甲子園出場、今年が創部120年目を迎えるなど、先輩達が築き上げてきた歴史にも、大きな花を添えてくれました。練習環境が限られた県立校であり、現在、文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール」に指定されている進学校でもあり勉学にも励まなければならない環境の中、勉強と野球を両立しながら「文武不岐」の精神の下、甲子園に春夏連続出場を見事に果たしました。また、2019年の春、夏ともに甲子園出場校の中で最も部員数が少ないチームです。


▼地域貢献活動について

現在の野球部員は地域の野球普及活動のため、定期的に保育園学童保育施設を訪れたり、学童野球チームとの合同練習を行ったり、地域貢献として子ども達との交流も大切に続けてきました。平成30年の野球科学研究会 第六回大会においては野球部員を含む生徒が研究発表「表情や姿勢及び言動とパフォーマンスとの関係性について」「ゴロを打ては正しいのか」を発表し、「大会特別新人賞」を受賞しました。これは「日本一を目指す野球部員として地域に誇りと幸せと感動を提供し米東野球を通じて社会貢献を行う」という野球部の理念の下に生徒たちが自ら考えて行っている活動の一部であります。

 

▼このプロジェクトについて

このプロジェクトは、野球部OB会が、米子東高校野球部の甲子園出場に伴う滞在旅費及び選手強化費用選手の練習環境の整備(甲子園出場終了後も含む)の支援の輪を広げることを目的とし、今回の甲子園出場期間の援助はもちろん、今後、継続的に甲子園に出場し全国で勝ち上がるための練習環境の整備の援助も目指すために企画しました。数十年、甲子園から遠ざかっていた時期は、公立校ということもあり選手強化のための資金不足に悩んでいました。県大会等でも中々、勝つことが出来ずに苦しい時期もありました。この春の甲子園には出場しましたが、未だに練習環境は変わっておらず、工夫しながら練習を行っています。限られた環境で戦う選手のためにも、全国の強豪校に勝ち上がっていくためにも、野球部OB会として何とかしたいという思いでこのプロジェクトを行っております。


▼鳥取県立米子東高等学校勝陵野球クラブ(野球部OB会)について

このプロジェクトを企画しています、鳥取県立米子東高等学校勝陵野球クラブ(野球部OB会)については、当クラブのホームページhttps://www.beito89.com/に活動内容等が紹介されていますのでご確認をいただければと思います。また、FacebookやTwitterでも情報提供を行っています。

 ※当クラブのHPより一部抜粋。(卒業後、活躍した、またはしているOBについてのページ)


▼これまでの米子東高校野球部の甲子園での歩み・軌跡

1925(大14)第11回全国中等学校優勝野球大会

1930(昭 5)第16回全国中等学校優勝野球大会

1932(昭 7)第18回全国中等学校優勝野球大会

1935(昭10)第12回全国中等学校選抜野球大会

1935(昭10)第21回全国中等学校優勝野球大会

1939(昭14)第25回全国中等学校優勝野球大会(ベスト8)

1950(昭25)第32回全国高等学校野球選手権大会(ベスト8)

1954(昭29)第36回全国高等学校野球選手権大会

1956(昭31)第38回全国高等学校野球選手権大会(ベスト4)

1960(昭35)第32回選抜高等学校野球大会(準優勝)

1960(昭35)第42回全国高等学校野球選手権大会

1961(昭36)第33回選抜高等学校野球大会(ベスト4)

1965(昭40)第37回選抜高等学校野球大会

1966(昭41)第38回選抜高等学校野球大会(ベスト8)

1970(昭45)第42回選抜高等学校野球大会

1977(昭52)第49回選抜高等学校野球大会

1983(昭58)第65回全国高等学校野球選手権記念大会

1986(昭61)第68回全国高等学校野球選手権大会(選手宣誓)

1989(平 1)第71回全国高等学校野球選手権大会

1991(平 3)第73回全国高等学校野球選手権大会

1996(平 8)第68回選抜高等学校野球大会

2019(平31)第91回選抜高等学校野球大会(応援団賞の優秀賞)

2019(令 1)第101回全国高等学校野球選手権大会

・春の甲子園 9回 、夏の甲子園 14回 、合計 23回 出場 


▼資金の使い道

 野球部員の甲子園出場に伴う滞在旅費及び選手強化費用 100万円以上(大会中の勝利により変動)

 ※滞在日数にもよりますが、滞在旅費や選手強化費は多額の金額が必要になります。今回のプロジェクトはその一部の費用に充てさせていただきます。また、もし滞在旅費や選手強化費を超える金額が集まった場合は、全国高等学校野球選手権大会終了後の米子東高校硬式野球部員の練習環境の整備に充てさせていただきます。

 

▼リターンのご紹介

リターンについましては、今回、選手により多くの支援を行うため、メール、はがき、封書のいずれかにてのお礼のみにさせていただきたいと思います。何卒、ご了承の程、よろしくお願いいたします。


▼最後に

今、この時代に「野球」「勉強」「地域貢献」も行う、言わば三刀流で頑張っている野球部員たちの活躍のためにも、何卒、ご支援の程、よろしくお願いいたします。


▼<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください