通訳案内士資格(国家資格)を持つプロ観光ガイドが季節性のある「まちあるきツアー」を開催し、日本人と外国人の垣根なく参加者を募り、交流の橋渡しをします!英語での開催により外国人の方も歴史的・文化的洞察が深いまち歩きを気軽に楽しめ、プロのツアーは、日本人が参加しても新しい発見があります。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

プロジェクトを見てくださってありがとうございます。箕浦由莉(みのうらゆり)と申します。26歳です。通訳案内士という国家資格を持ち、プロの観光ガイドとして英語で主に京都をご案内しています。この度、「たびのむし」というサービスを立ち上げました。

このプロジェクトで実現したいこと

「たびのむし」では、京都を中心に近畿地区でまちあるきツアーを英語で開催します。日本人でも外国人でも垣根なく参加できるツアーを生み出すことで、お互いの交流の場を作ります。

今、日本人の間ではまちあるきがブームになりつつありますが、歴史的・文化的な背景はどうしても日本語がわからないと知ることができない、というのが現状です。この状況を打開するため、プロの観光ガイドが英語で継続的に開催します。

また、日本人だからといって、地域の歴史に詳しいわけではありません。その点、プロの観光ガイドは歴史学や民俗学にも精通していますので、日本人の方が参加しても十分に楽しめます。英語での開催なので、英語を勉強されている方のモチベーションも上がりますし、ガイドは日本人なので、わからないときには日本語で聞くこともできます。日本人でも外国人でも楽しめ、同じ体験をするということで、会話のきっかけも簡単に掴めます。

ただ観光で見て回るのとは違った、一歩踏み込んだ体験を提供していきます。

庭師の方の説明を通訳するガイド。皆さん熱心です。

過去に鉢庭づくりツアーを開催しました。このとき、英語を勉強している日本人と、日本文化に興味のあるアメリカ人の参加者が集まり、鉢庭づくりを通してお互いの交流が生まれました。

自分たちだけで観光をするのではなく、写真のようにガイドが適宜解説をすることでより深い理解へとつながります。

このときの参加者のレビューでは、「気軽に質問ができて、学びのあるものだった」というお言葉をいただきました。

原文はこちら↓
Good Point: a small and intimate event that allowed you to freely ask questions, receive attention and feel that you were learning something important.
Bad Point: really nothing

プロジェクトをやろうと思った理由

観光という非日常の場面において、「楽しかった!」といって日本が好きになって帰っていかれるお客様が多いのは喜ばしいことですが、今、日本に住む外国人をとりまく状況は決してやさしいものではありません。社会保障や選挙権、引っ越しや学校に至るまで、どこか排他的な日本や、日本人コミュニティを感じてしまうこともあります。その一つの理由として、私は外国人が「どこか遠い人」になっているからではないかと思っています。英語を勉強したいから友達が欲しいとか、国際交流がしたいからパーティーに参加するというのをよく聞きますが、外国人が英語や国際交流のための手段になっていないでしょうか。そうではなくて、もちろん彼らも人間です。お互い興味関心が合って、自然と仲良くなっていく、という身近で、当たり前の出来事があって欲しいと常々感じていました。小学校で友達になることを想像するとわかりやすいですが、同じわくわくする体験を共有して、一気に仲良くなり、また別の体験を通してさらに絆を深めていく、ごく自然なことですよね。そんな場としてツアーを提供したいです。

地道な活動ですが、そうやって「どこか遠い人」である感覚をなくしていくことで、外国人と日本人という分け隔てのない居心地の良いコミュニティーになると信じています。


私のバックグラウンド

プロの英語観光ガイドとして、約3年、海外から関西へ旅行に来られるお客様を英語でご案内し、安定して高評価を得てきました。仕事を獲得するのが難しいことでガイド業は有名なのですが、運よく1年目から100本を超えるツアーを担当し経験を積んできました。国家通訳案内士、京都市ビジターズホスト(京都市認定通訳ガイド)として認定されており、英検1級を所持しています。

私は中学校に入るまで、英語を勉強したことがありませんでした。それでも、今はネイティブの英語話者に臆することなく英語を駆使していますので、英語や外国語を勉強されているみなさんに、「やればできるよ!」と応援しながらオンラインで英会話を教えたこともあります。

ガイドという仕事にとてもやりがいを感じるので、続けていきたいし、このスキルを観光に来られる方だけでなく、広く日本に住んでいる人に還元したいです。

資金の使い道

皆様からのご支援は、たびのむしの営業活動に使わせていただきます。例としてガイド紹介動画の作成や、プロモーションにかかる広告費・印刷費、ロゴやガイド旗デザイン費用、ミラーレスカメラの購入(今はスマホで頑張っています)、ツアー立ち寄り先・提携先の開拓です。

八坂神社(京都)

三大祭りの一つ・祇園祭の由来を鴨川との関りから探るツアーを計画しましたが、参加されるお客様はいらっしゃいませんでした。

とても青い夏空でした。



このように悲しい思いもしていますが、街頭でのチラシ配りや飲食店にチラシを置いてもらうよう、地道に活動しています。辞めてしまっては今までやったことが無に帰してしまう…と自分を奮い立たせています。

そして、今はまだ「たびのむし」のロゴがありません。まちで見かけて「あ!たびのむしだ!」となっていただけるように早く作りたいなあと思っています。ご支援をいただけたら、真っ先に手掛けたいと思っています。


リターンについて

リターンとして、ガイドならではの価値をご提供させていただきます。たびのむしでは一般募集ツアーと貸し切りプライベートツアーをご用意します。一般募集ツアーは京都を中心に月に4回ほどの開催を予定しています。リターンの有効期限内であれば、お好きなツアーにご招待いたします。それぞれのツアーで季節感のあるテーマを設定し、2~4時間程度のウォーキングツアーです。ツアーは内容によって2500円~8000円程度の設定です。過去に開催したツアーのブログがありますので、ぜひご覧ください。(みたらし祭を体験!)

貸し切りプライベートツアーはお客様のご都合に合わせて開催します。例えば、京都に来ることになった、ご家族やお友達と関西に来ることになったけれど、どこに行ったら良いかわからないというときにご依頼ください。リターンの有効期限内であれば、その時々でおすすめの場所を含めて工程を立案させていただき、当日は楽しくご案内させていただきます。なお、ツアー中の公共交通での移動にかかる費用と、拝観料込みでご提供させていただきます。それ以外の、例えば滞在費用や昼食費、お土産代、タクシー費用はリターンに含みませんのでご注意ください。

実施スケジュール

今現在、たびのむしの立ち上げは完了し、これからプロモーションをしていきたいと思っている次第です。特に、秋に向けて継続的なツアー計画の立案と、1年をかけて安定的なお客様の獲得を目指しています。また、京都にいなければ目にすることの少ない行事を日英対訳つきのブログで発信し始めたので継続します。英語の勉強にもなると友人から好評を得ていますので、「英語の勉強がしたい」と思っている方は是非ご覧ください。更新はFacebookTwitterから簡単にご確認いただけます。

最後に

ここまで目を通してくださってありがとうございます。もしご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお友達にもご紹介ください。金銭的なご支援だけでなく、話題にあげていただけるだけでも大変ありがたいです。Facebookでいいね!やTwitterでフォローをしていただけると嬉しいです。

最後までありがとうございます!


<ご連絡>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/10/03 17:23

    みなさん、こんにちは!日本人も、日本に住む外国人も、観光客もみんなが楽しめるまちあるきをつくる「たびのむし」のプロジェクトオーナーです。先日クラウドファンディングが終了しました。ご支援いただいた皆様、心よりありがとうございます。また、ページを見てくださった皆様、拡散に協力してくださった皆様も大...

  • 2019/09/09 16:40

    みなさん、こんにちは!日本人も、日本に住む外国人も、観光客もみんなが楽しめるまちあるきをつくる「たびのむし」のプロジェクトオーナーです。昨日TwitterとFacebookでクラウドファンディングについて告知させていただきましたところ、たくさんの方から個別にメッセージをいただいたり、ご支援をい...

  • 2019/09/08 10:43

    みなさん、こんにちは!日本人も、日本に住む外国人も、観光客もみんなが楽しめるまちあるきをつくる「たびのむし」のプロジェクトオーナーです。昨日、お二人の方よりご支援をいただきました。ありがとうございます!メッセージもいただき、大変うれしく思っています。何度も読み返してニヤニヤしてしまいます。昨日...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください