熱帯に位置するマレーシアは、生物の多様性が高いことが知られています。ですが、生物の研究や調査が十分に行われておらず、まだたくさんの新種の生物が生息していると考えられます。そこで、僕自身が大学で研究している昆虫に重点を置き、マレーシアで調査を行い、新種の昆虫を探したいと思います。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、本ページをご覧いただき、ありがとうございます。

僕は北海道大学理学部4年の牧田習というものです。

(2020年4月より、東京大学大学院に進学予定で、北海道から東京に拠点を移す最中です。)

僕は小さいころから昆虫が好きで、大学に入ってからも昆虫の勉強をしてきました。

これまでに10ヶ国で1万種類以上の昆虫を見つけてきました。

さらに、ニュージーランドと台湾から計4種類の昆虫の新種を発見しました。

僕は、研究を通して地球上のまだ人類が発見してない新種の昆虫を発見し、地球の生物多様性の解明に貢献したいと考えています。

このプロジェクトで実現したいこと

本プロジェクトでは実際にマレーシアを訪れ、昆虫採集の調査を行い、新種を発見し、国際的な学術誌で発表したいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

これまでに台湾とニュージーランドで新種を見つけ、人類がまだ見つけてない地球の神秘にせまることに感動しました。また、研究生活を通してマレーシアには多くの新種がいることを知り、マレーシアで新種を見つけたいと考えました。

これまでの活動

私自身、これまでに新種の昆虫を発見するために多くの国を渡り歩いてきました。またテレビやラジオなdにも出演し、昆虫の世間への認知に努めてまいりました。以下、これまでの形跡でございます。

[これまでに昆虫標本の調査を行った研究機関]

北海道大学総合博物館, 小樽市総合博物館, 北海道大学苫小牧演習林研究機関, 国立科学博物館, 大阪自然史博物館, 兵庫県立人と自然の博物館, ランドケア・リサーチ (ニュージーランド), オークランド戦争記念博物館(ニュージーランド), 国立台湾大学(台湾), 台湾行政院農業試験場(台湾), マラヤ大学(マレーシア), シンガポール国立大学(シンガポール), 大英自然史博物館(イギリス), オックスフォード大学(イギリス)

 

[これまでに昆虫採集の調査を行った海外地域]

フィリピン共和国ルソン島(2015), ニュージーランド(2015-2016), 台湾(2016), マレーシア半島西部地域・島嶼地域(2017, 2018), シンガポール(2017), 韓国(2017,2018), イギリス南部(2017), モルディブ(2018)、香港(2018)、オーストラリア(2016)

ニュージーランドには2015年9月から2016年3月まで滞在しました。

[テレビ出演]

アウト×デラックス(フジテレビ系)

99人の壁(フジテレビ系)

バラいろダンディ(東京MXテレビ)

(2018年3月、昆虫を求めて訪れたモルディブにて)

資金の使い道

資金30万円の使い道は

日本とマレーシアの往復航空券代10万円

現地移動費5万円

現地滞在費10万円

昆虫調査器具稼働費5万円

を予定しています。

リターンについて

リターンについて、2つ用意させていただきました。

1つめは、プロジェクトの進捗報告・マレーシアでの活動報告をするもの。

2つめは、上記に加え、マレーシアのお土産として現地のお写真をお届けするもの。

このように設定いたしました。

実施スケジュール

2019年11月 マレーシア現地での昆虫採集調査(2週間)

2019年11-12月 マレーシアで採集した標本を元に日本国内機関での研究

2020年1月 論文投稿予定

2020年 3月 正式に新種として登録

最後に

新種を見つけれるように努力しますので、応援よろしくお願いいたします!!


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください