パトロンの皆様、ご支援ありがとうございます。

「社会人サッカーの知恵袋」はこちらのリンクで公開予定です。

..................................................



◆サッカーカイゼンコンサルタント?

本ページをご覧いただきありがとうございます。

日本のものづくり企業に勤務し、会社(大阪にあります)のサッカー部に所属しているナックと申します。

サッカー部での役職は、主将でも副将でもなく、、、



「サッカーカイゼンコンサルタント」



サッカー関連のあらゆる「困りごと」をつかまえ、仕組みで解決する役割を担っています。

ものづくり企業のチームならではの、ユニークな役割です。



◆ものづくり×ドイツ


①ものづくり企業に10年勤め「あらゆる不具合を、人ではなく仕組みで解決する」習慣=「カイゼン思考」を叩き込まれている。


②欧州本社勤務時代に、「生産性の国ドイツ」で働いた経験がある。


③2年間、ドイツローカルサッカーチームでプレーしたほどのサッカー好き。


偶然これらの特徴を持ち合わせていた私は、業務で染みついた「カイゼン思考」を、サッカーに転用することを思い付きました。

そんな私が、ピッチ周りの「小さな困りごと」を仕組みで解決するために作った役割が「サッカーカイゼンコンサルタント」です。



..............................

カイゼン

無駄を見つけ、なるべく費用をかけずに迅速になくすことで、作業効率や安全性を高める考え方。
(日本の製造業の強さの源泉とされる)


私たちのチームでは、もう少しカジュアルに

「小さな困りごと」を、人ではなく仕組みで解決すること

と解釈しています。

..............................



◆どこにでもある悩み。でも、どこにも解決策が載ってない!

私たちのチームは、下記のような「小さな困りごと」を抱えていました。



・戦術、連携確認の機会がない。
(主力全員が集まるわけではないので、練習はあくまでコンディション調整。)

・サッカーに使える時間がない。
(練習・試合の拘束時間が長すぎると参加できない。)

・チーム内にレベル格差、満足度格差がある。
(20代から60代まで、元Jリーガーから元野球部まで在籍。)

・他にも、制約の多い社会人サッカー選手特有のたくさんの「小さな困りごと」



「カイゼン策」は、簡単で誰でもできるものほど良いとされます。

最初に取り組んだのは、他のチームが既に成果を出している方法を活用すること。(0から自分たちで考えるより簡単なので)

私たちの「小さな困りごと」は独特なものではなく、全国の社会人チームが同じように抱えているものだろうと考え、解決実例(前例)を探しました。




ところが、、、


ネットにも本にも、探している情報は見当たりません。



見つかるのは、、、


・レベルの高いチーム向けの戦術論系

 (5レーン理論など)


・時間がある人向けのトレーニング論系

 (ドリブルトレーニング集など)



どちらも、理解はできますが、(社会人特有の様々な制約ゆえ)実践できません。



社会人サッカー向けの情報が、世の中にほとんど存在しないことがわかりました。



◆あっという間に小さな努力で大きな成果!

参考資料が見つからないので、自分たちで「カイゼン策」を立案し実行(実験?)するしかありませんでした。

手探りで、「カイゼン思考」をサッカーに転用してみたところ、、、


・1年後に、大阪府3部リーグ優勝(創部51年の歴史で初の快挙!)

・2年後に、大阪府2部リーグ残留(創部52年の歴史で初の快挙!)

という驚きの成果が。


しかも、サッカー関連の「小さな困りごと」を解決するために行った100個以上の「カイゼン策」は、どのチームでもできるような簡単なものばかりでした。


(上記の成績の通り、私たちはプロを目指すような高いレベルのチームではなく、どこにでもある普通のチームです)



◆そこで思いついたのが、「社会人サッカーの知恵袋」!

私たちが行った「カイゼン実例」のうち

・効果が高く

・他のチームでも活用可能

なものを公開すれば、


全国の社会人サッカーチームが、気軽に目の前の「小さな困りごと」の解決策を覗ける「知恵袋」として機能しそうだと考えました。


そこで思いついたのが、、、





◆知恵袋のイメージは?

練習なしでもできる「シンプルな攻め手」を考えたり、、、


「試合を上手く運べているか」を判断する仕組みを作ったりしました。


(他にも最小限の練習時間でコンディションを上げる、ベテラン層の満足度を高めるなど、100個以上の「カイゼン策」を実施しました。)


まずは、私たちが行った「カイゼン実例」の公開から始めますが、ゆくゆくは、(本家知恵袋同様)閲覧者と一緒に進化させていきたいと考えています。



◆どうやって知恵袋を作るのか?

①世の中に必要とされていないなら、やるべきではない。
 (需要確認)


②誰にも届かないなら、やるべきではない。
 (広告戦略)

③大きく赤字なら、やるべきではない。
 (資金調達)


これらを一気に解決してくれる「クラウドファンディング」を活用することにしました。



①私が勝手に有益な情報だと思い込んでいる
->公開後に、誰にも必要とされていなかったことが発覚、、、


②実際に物凄く有益な情報
->だけど無名な私が静かに公開したので誰にも見られない、、、


ということを避けたかったのです。



◆資金の使い道

・クラウドファンディングの手数料

・リターンの原資 

・ウェブメディア制作、運用費(専門業者へ依頼)

・本プロジェクトに関するPR費(専門業者へ依頼)



◆実施スケジュール

・2020年03月01日:クラウドファンディング終了

・2020年08月30日:社会人サッカーの知恵袋オープン



◆最後に

私はドイツローカルサッカーチームで、一生忘れられないようなかけがえのない経験をしました。

言葉が通じなくても、サッカーが心を繋いでくれました。

こんな素晴らしい経験をさせてくれたサッカーへの感謝は、言葉では言い表せないほどです。



幼い頃からサッカーをしてきて本当に良かった。

いつか「日本サッカーへの恩返し」がしたい。



このプロジェクトは、私の想いを形にする最初の1歩です。



「日本サッカーのために」と考えている人はたくさんいますが、トップレベルや育成年代へのアプローチに偏っている感じがします。


・社会人になっても、色々な制約を克服して気軽にプレーできる


・一般の社会人がレベルアップして、上のカテゴリーを突き上げていく


社会人へのアプローチも、きっと日本サッカーの発展に繋がるはずです。



ドイツでは、8部リーグでもゴールを決めれば街のヒーロー。

一緒に、「社会人が思いっきりサッカーを楽しめる環境」を作りませんか?



◆このプロジェクトの要点(おさらい)




ご支援よろしくお願い致します!!!



◆その他

・私たちが行ったカイゼン実例の公開は、50-100個を予定しています。


・本プロジェクトは、All-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


・本プロジェクトに関するお問い合わせは、
 skckaizen@gmail.comまでご連絡下さい。


・本プロジェクトは、阿部梨園(様)の知恵袋の趣旨に賛同致します。
(物凄く参考にさせていただきました。ありがとうございます!!!)


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください