プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、加藤貴裕と申します。

関西学院大学に通う4回生で、主に情報について学んでいます。

2016年から株を始め、普段はプログラミングで株価の分析などを行っています。

 

現在、人工知能で株価を予測しているのですが、資金が必要になったため本プロジェクトを立ち上げました。

 

どうやって予測しているのか

2013年1月〜2016年12月の株価・為替・経済指標などのデータを分析し、1ヶ月後の株価の騰落、つまり、1ヶ月後に株価が上昇するのか、下落するのかを予測します。

対象銘柄は、336銘柄あり、この中から予測可能な銘柄のみを抽出し、予測を行います。

予測の難易度は月によって異なるため、月によって予測可能な銘柄数は変動しますが、だいたい30〜100銘柄ほどで平均すると60銘柄ほどの予測を行うことができます。

 

予測を行っている対象銘柄は、1日の売買高10億円以上の銘柄に限っているため、みなさんがご存知の会社が多いと思います。

例えば、三菱東京UFJ銀行や日産自動車などです。

 

現状の説明

2016年1月〜2016年12月の計12ヶ月分のシミュレーションを行っています。

平均予測精度は57%です。

これは、100銘柄の予測を行った時、57銘柄の予測は的中するということになります。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

シミュレーション結果を見ていただければわかると思うのですが、予測精度の高い月と低い月と2分割されています。

株価を予測する際に重要なこととして、幅広くデータを集めてくることが挙げられます。

これは人工知能にとっての「予想外」を減らすためです。

 

株価は月によって、効果的なデータが異なります。

ある月は為替のドル円レートに反応したり、ある月は米失業率に反応したりと。

もし、集めてきていないデータに反応した月があれば、それは人工知能にとって「予想外」であり、その月の予測精度は悪化します。

データを幅広く集めることで、この「予想外」が起きる確率をできるだけ減らすことができます。

 

現在は、無料で集めることができるデータのみで分析を行っています。

もし、有料のデータを分析することができれば、予測精度が向上、あるいは安定する可能性があります。

あくまでも可能性であり、有料データを分析してみないことには、有効かどうかは確認できません。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

現状、予測精度は安定性に欠けます。

安定性というのは、株式の世界ではとても重要な項目であり、実用的に使用するには欠かすことができません。

どうにか予測精度を安定させ、実用レベルに持って行きたいと考えています。

▼これまでの活動

株価予測の結果を以下のサイトに掲載しています。

現在掲載しているのは、1月分の予測結果です。

https://stockdogi.herokuapp.com/

 

予測を行うまでの開発の過程や予測手法について、技術的な部分をブログに記載しています。

http://doz13189.hatenablog.com/

▼資金の使い道

2つの有料サービスを利用したいと考えています。

・会社四季報オンライン プレミアムプラン 月額5400円

・yahoo!ファイナンスVIP倶楽部 月額1980円+税158円

 

本プロジェクトの期間は2ヶ月を予定しています。(2月〜3月)

そのため、上記の有料サービスの2ヶ月分が本プロジェクトでの資金の使いみちとなります。

5400円×2ヶ月 + (1980円+税158円)×2ヶ月 = 15076円

 

yahoo!ファイナンスは初月無料となっていますが、2ヶ月での解約を予定しているので、初月無料は適用されません。

▼リターンについて

3月分の予測結果をリターンとしてお見せします。

3月分に関しては、サイトへの掲載を中止し、ご支援してくださった方にのみ公開致します。

 

現状、予測精度57%の予測システムは完成しているので、予測結果の開示は確約することができます。

もし、本プロジェクトで予測システムをさらに改善することができれば、改善した予測システムでの3月分の予測結果を開示致します。

 

予測精度は保証することはできません。

シミュレーションでは平均予測精度は57%ありますが、過去50%を大きく下回った月もあります。

その上をご了承下さい。

▼最後に

他のプロジェクトからすれば少額ではありますが、大学生の私からすれば大金です。

どうかご支援くださいますよう、よろしくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください