無農薬の愛媛ミカンの栽培に挑戦したいと思っています。年間に、3回~4回の農薬散布を止めたいです。今年は、春の1回の散布で来年からの「無農薬栽培」に挑戦します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして、生産者の近藤久人と申します。

義兄の藤井誠治とタッグを組んでクラウドファンディングに参加します。

どうぞ、宜しくお願い致します。


このプロジェクトで実現したいこと

「無農薬栽培・愛媛みかん」を成功させたいと思いぷろじゃえくとに参加!

ミカンは、春1回・夏1回~2回・出荷前1回の農薬を散布します。

無農薬での栽培のミカンを、消費者へ届けたいと考えています。

安全・安心な愛媛ミカンを一人でも多くの人に食べて貰いたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

愛媛県では、豪雨によって大変な被害が出ている所がおおいです。

昔と同じ栽培方法では、付加価値が付けにくいですし経営が苦しい農家が

大変多いのが現状です。

無農薬に変ええるには、失敗したら二度と立ち直る事ができません。

一気に変えるのは不可能です。

資金を集めたら、ミカンの種類をふやして苗木を植えてゆきたいです。

ミカンは、大半がジュース用に買われますが15キロで50円から100円です。

これが、普通に販売ができたら農家の宗美優改善ができます。

オーナーになって頂ける人には、「愛媛みかん」を食べて貰いたいと思っています。

口コミこそが、一番大事な集客だと信じています。


これまでの活動

昨年から、農薬を散布を春の1回と決めていましたので草刈りをしませんでした。

今年の春に、1回だけ農薬を散布しました。

載せている写真は、最近のものですので下草が沢山生えているのがわかります。

農薬を散布すると、ミカンの下や周りには雑草が枯れて生えていません。

来年を、目指して農薬の散布を止めています。


資金の使い道

4WD軽トラックと、水まき用のシステムを購入したいです。

無農薬にするために、有機肥料や無添加育成材だどの購入費にします。

春しか農薬を散布していないので、アルバイトで草刈りをしたいです。

これからは、1200坪を人力での草刈りをして行く事になります。

いろんな種類の苗木を購入して、ミカンの種類を増やしたいです。

重機を借りて(ユンボ)枯れたミカンの木の除去をしたいです。

個人での出荷ができる体制を構築したいです。(段ボール箱)

1200坪を電気柵にて、猪から守りたいので工事を開始しています。


リターンについて

一度で集まらない場合でも、少しづつ前に向かって進めてゆきたいです。

オーナーに参加して頂いた方へ「愛媛みかん10キロ」を食べて欲しいです。

継続できるように、毎年オーナーを募って「無農薬栽培・愛媛みかん」を

広めて行く為に、何度でもリターンをして行きます。


実施スケジュール

今年に入って、既に一度だけの農薬散布にして夏と出荷前の農薬は散布しません。

無農薬にちかい「愛媛みかん」を食べてほしいのです。

初出荷が、12月には始まりますので9月の29日までには終了したいです。

来年に備えて、年末までには工事を終了したいと考えています。


最後に

「無農薬栽培・愛媛みかん」を成功させたいのです。

いきなりの無農薬は、やはり怖いので今年は、春に1っ回だけ農薬を散布しました。

夏と、出荷前の農薬散布は止めます。

「愛媛みかん」を、オーナーになって食べて欲しいのです。

来年は、完全に無農薬の「愛媛みかん」を成功させます。

応援のほど、よろしくお願いいたします。(合掌)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください