将来まちづくり活動の一端を担っていく学生にリアルな経験をしてもらうため、 コンペ最優秀案の原寸大モデルを製作します。8月の1次審査で6案を選出、10月5日の公開審査で最優秀作品を決定します。作品はこちらをご覧ください。http://www.asanet.or.jp/competition/ 

プロジェクト本文

最近は学生を対象としたコンペも増えましたが、アイデアをペーパーにまとめるアイデアコンペが主流です。当委員会でも以前はアイデアコンペを実施してきましたが、多くの案を見るうち、ある事が気になりました。それは、学生が材料の性質をよく理解していないまま、イメージ先行でアイデアを作っているものが多いということです。つまり、作ることが不可能な、絵本のおうちのような。 将来は街を実際に造っていく役割を担う訳ですから、とても不安に思いました。そこであれこれ検討した結果、愛知建築士会学生コンペでは、実際につくることを前提としたアイデアを募ることで、学生に材料や構造について勉強してもらおうと考えました。実作前提の募集に切り替えてからは、まだ甘さはあるものの、学生なりにメーカーに問い合わせたり、実物模型を作ってみたりと、具体的に作り方を考えた案が集まるようになってきており、効果を実感しているところです。しかし実際に造るには相応の費用が掛かるため、協賛各社様にご協力頂いておりますが、まだまだ必要な分までは届かないところであります。ぜひ皆様のご協力をお願いします。(スタッフは手弁当でやらせて頂いており懐に入れるような事はありません。笑) 今年のリターンは審査委員長の原田先生ご協力により、他ではまず手に入らない図面のパネルなどを用意しました。このページの終わりの方にサンプル写真を掲載しております。是非ご検討頂き、重ねてご協力をお願い申し上げます。

愛知建築士会学生コンペHP

https://www.facebook.com/asacompe/

http://www.asanet.or.jp/competition/index.html

▼公開審査・原田真宏先生講演会のご案内(無料)

今年は原田真宏先生(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO主宰・芝浦工業大学 教授)を審査委員長にお招きし、公開審査及び講演会を行います。当コンペでは公開審査(無料)を行っています。著名な先生の考え方や、学生へのアドバイス等を直接聴講することが出来る貴重な機会です。是非公開審査へもお越しください。

日時:10月5日(土) 学生プレゼン10:30~ 審査12:35~入賞決定14:00頃 講演会15:00~16:30終了予定
会場:名古屋工業大学 51号館(愛知県名古屋市昭和区御器所町)

▼リターンについて

1)Mount FUJI Architectの代表作の 断面詳細図(実施設計図)A1パネル(サイン入り)アルミフレーム
2)Mount FUJI Architectの代表作の A1サイズ写真パネル(サイン入り)アルミフレーム  

3)設計スケッチ(コピー)サイン入り         

4)立ち上がれペン(サイン入り) 申し訳ありません、当方の手違いで準備できませんでした。
  リターンで選択されないようお願いします。
  
5) xxxxhouse 模型キット 学生限定価格あり!  
    

※リターンは目標金額に達しない場合でもお送りいたします。


▼これまでの活動
学生コンペは平成18年度より毎年開催し、学生が著名な先生から直接指導を受けられる機会を提供してきました。一般公開での学生プレゼンテーションや審査、また審査員長の特別公演を行い、応募した学生に限らず広く一般の方も参加できる教育的な場を創出すると共に、入選作品のパネルおよび模型の展示会を開催してきました。

昨年度はクラウドファンディングと協賛各社様のご協力により最優秀作品1点の原寸大モデル建築を制作しました。
建築総合展 前年度最優秀賞モデル展示
応募全作品パネル展示
パネル展示 協賛社紹介(昨年)

今年も協賛いただける企業様を募集中です。 昨年の「旅の建築」最優秀案は建築総合展(名古屋市中小企業振興会館吹上ホール)の会場にて展示します。

 建築総合展の風景(昨年)

▼資金の使い道

優秀作品の原寸大モデル建築の制作費 材料購入並びに展示のための運搬や設置費用に使わせていただきます。 

モデル制作・材料購入・運搬設置費 80万円
ポスター・チラシ制作費、リターン送料 約11万円
CAMPFIRE手数料    9万円
委員会スタッフ人件費  PRICELESS


これまでの作品展示風景(建築総合展)

セントレア イベントプラザでの展示(協力:セントレア)



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください