愛犬と暮らしていて不安なのが、自分が急死した時に、愛犬がお腹を空かせ散歩できない状態が続くんじゃないかということです。そこで一人暮らしで犬と暮らしている方を中心に、安心して愛犬と暮らせる環境作りをしたいと思いました。急に仕事や私用で帰れなくなっても私がお世話のサポートをします。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶
不幸になる犬を減らしたい

はじめまして。All for わんの上舘(かみだて)と申します。

生体展示販売するというのは反対で、ブリーダーさんから迎え入れるという事を広めたい思いで、

「All for わん」を立ち上げました。

自分でブリーダーさんの犬舎にお伺いして、納得できたブリーダーさんと契約し、

インターネットで子犬を紹介するお店です。

日本ではどうしても生体展示販売の方が主流です。

全ての生体展示販売のお店がそうとは言えないと思いますが、

予算をクリアするために客の生活スタイルに合わない子犬を抱かせて、その気にさせて買わせる。

その子犬は生後60日経たない内に母犬から引き離されオークション会場などを周り、

精神的、肉体的にも不安のある子が多いです。

生活スタイルに合わない子犬が大きくなった時に、「こんなはずじゃなかった」と保健所に連れて行ったり、捨てるということになります。

また、悪徳ブリーダーも存在していて計画繁殖をせず、

母犬の健康には考えずに劣悪な環境で子犬を産ませ続けるのです。

共通するのは犬たちが増え続けるということです。

勿論「こんなはずじゃなかった」と後悔する飼い主も不幸ではありますよね。

All for わんでは不幸になる犬を減らすべく、信頼できるブリーダーさんの犬を紹介して、

生後60日までは母犬と暮らしてから受け渡しという流れでした。

犬を不幸にするのは売り手だけではなく、買い手側にも問題があります。

以前、小さいトイプードル(ティーカップ)を探してほしという依頼がありました。

まずティーカップは体が小さいので、体が弱い子が多いという説明をした結果トイプードルに落ち着きましたが、

小さい犬にこだわり続けるので、先住犬の話を伺ったときに今のチワワは大きくなったので親族に預けると平然と言ってたのを聞いて、

紹介するのをお断りさせていただきました。

頑張って海外のようにネットを使った販売で、不幸になる犬を減らしたかったのですが、

前述したように生体展示販売には勝てなかったです。

そこで犬の保護や、犬を飼う方のサポートができないかと考えるようになっていきました。


このプロジェクトで実現したいこと
一人暮らしでも安心して愛犬と暮らせる環境作りを

愛犬と暮らしていて思っていたのが、自分が急死した時に、

愛犬がお腹を空かせてずっと待ち続けるんじゃないかと思ったのが始まりです。

そのまま餓死させるわけにもいかないですし、飼い主の親族が引き取れない場合、

保健所行きの可能性は高いでしょう。

若い人が飼い主の場合、急な仕事や私用で帰ってこれない場合もあるでしょうし、

一人暮らしのお年寄りが飼い主の場合、お亡くなりになる事もあると思います。

そんな方達に安心して愛犬と暮らす生活を楽しんで欲しいですし、

飼い主が亡くなった後、一人で待ち続けたり殺処分になる不幸になる犬を減らせると思いました。


このプロジェクトはサブスクリプション型サービスで行います。

月額4万円です。

ご契約頂いた方にはqrio lockを配ります。

急用で帰れない時や入院などで犬のお世話が必要な時に連絡を頂き、

qrio lockで解錠してもらいお世話をします。

お年寄りの方でスマートフォンが使えない場合、ご家族にqrio lockのアプリを入れていただきます。

万が一急死してしまった時、ご自宅で倒れてしまった時を考え、

飼い主様への負担にはなりますが毎朝8時迄にLINE、電話、愛犬の写メが無かった場合、

飼い主様に連絡を入れ、応答がない場合は、ご契約時に頂く緊急連絡先に連絡することで、

早期にご家族への連絡ができると思います。

勿論帰れない時だけではなく、普通のペットシッターに頼むように、

旅行に行く際などのご利用でも問題ありません。

もしも飼い主様がお亡くなりになった場合、ご家族が犬を引き取れない場合、

当店でお預かりし、お世話をしながら新しい家族を探すことで、

殺処分されることを防げると思います。

今後は動物愛護先進国のように、保護犬をガラスケースに閉じ込めないで販売し、

その売上やグッズ販売、会員費と合わせて保護犬の飼育費用に充てたいと思います。

余裕があれば保健所からも救える子を一頭でもお店で預かりたいですね。


まずは千葉県西部、都内をサービス範囲にして、

利用者が増えた場合、既存のシッターで信用できる方に都度外注し、

サービス範囲を広げていきたいと思います。

資金の使い道

まず必要最低限の資金を集まればと思っています。

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約60万円

HP作成と個人情報の保守管理の外注:約250万円

qrio lock購入:約30万円

広報費:10万円

(注)現在自宅謙事務所になっているので、暫くはqrio lockを購入して余った資金は事務所を借りるまでプールしておきます。ご了承お願い致します。

リターンについて

モノづくりではないのでリターンや金額に頭を悩ませてしまいます。

今回は大きな金額で設定させていただきます。

①1万円:HPに支援者様として掲載

②4万円:HPに支援者様として掲載

    利用権1ヶ月提供(サービス範囲の方に限り)

③10万円:HPに支援者様として掲載(法人様はバナー貼り付け)

    利用権3ヶ月提供(サービス範囲の方に限り)

    現在飼っているわんちゃんのお悩み相談1件。

    (できるだけ解決するまで頑張ります。飼い主さんのご協力も必要になります。

     サービス範囲外の方はメールや電話でのご対応になります。)

④20万円:HPに支援者様として掲載(法人様はバナー貼り付け)

    利用権6ヶ月提供(サービス範囲の方に限り)

    現在飼っているわんちゃんのお悩み相談1件。

    (できるだけ解決するまで頑張ります。飼い主さんのご協力も必要になります。

     サービス範囲外の方はメールや電話でのご対応になります。)

⑤40万円:HPに支援者様として掲載(法人様はバナー貼り付け)

    利用権12ヶ月提供(サービス範囲の方に限り)

    現在飼っているわんちゃんのお悩み相談2件。

   (できるだけ解決するまで頑張ります。飼い主さんのご協力も必要になります。

     サービス範囲外の方はメールや電話でのご対応になります。)

実施スケジュール

2019年10月末:クラウドファンディング終了

2019年12月上旬:HP作成依頼

2020年1月:開業

最後に

自分が死んだ時に愛犬のフォルテがお腹を空かせてしまうんじゃないか、

そのまま餓死してしまうんじゃないかと不安になり思いついたサービスです。

一人暮らしのお年寄りの安否確認にもなりますし、

万一の場合でも新しい家族を探し、殺処分される不幸な犬を一頭でも減らせればと思います。

安心して愛犬と暮らせるサービスをご提供していきたいです。

また保健所で殺処分待ちの犬を一頭でも救えればと思います。

募集金額は高いのですが、宜しくお願いいたします!


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください