農薬・肥料・除草剤など一切不使用で作り上げた黒豆と赤大豆。今まで納豆屋さんに製造依頼をし手前納豆として知人に販売していましたが、もっと多くの方に食べて頂きたいと思いました。ラベルデザインや専用の箱などをしっかりと作り商品化に向けた準備資金のお願いです。ご支援をお願いしたいと思います。

プロジェクト本文

【はじめに・ご挨拶】

この度は数あるプロジェクトの中からこちらをご覧頂き、誠に有り難う御座います。

私は長野県長野市で農薬や肥料、除草剤などに一切頼らずに大豆類(エンレイ大豆・黒豆・赤大豆・鞍掛豆)を中心に、様々な野菜を栽培し販売している農家です。屋号はmaison KOIWAI(メゾン・コイワイ)と言います。農薬や肥料、除草剤などに一切頼らず野菜を作り始めて6年目。本業の農家としてやってやる!!と思って2年目です。まだ全く販路を見出せない状況で、早朝からアルバイトをしながら、知人達に販売している程度です。

現在、私の黒豆・赤大豆は地元の阿部納豆屋さんに製造依頼をして手前納豆として知人に販売しています。納豆をお買い上げしていただいている知人達からは、「豆の味わいの深い納豆」「他の納豆が買えなくなる」など喜んで頂けて本当にうれしい限りです。
また、先日は阿部納豆さんから「古岩井さんの豆は粒が揃っていて良い豆だね。傷や割れが無い豆ばかりで、本当に丁寧に乾燥・脱穀・選別しているね。なかなか無いよ。応援してるから頑張ってね!!」と言ってもらえました。

そこで⤵
安心安全で栄養満点のプレミアムな納豆「黒豆納豆・赤大豆納豆」の商品ラベルや箱など作り商品化し、もっと多くのお客様にお届けしたい!!と思い、プロジェクトを立ち上げました。どうぞ宜しくお願い致します。黒豆はポリフェノールなど栄養価の高い大豆で、赤大豆は種皮の色が赤く幻の大豆とも言われるような珍しい大豆です。共に長野では昔から栽培されている伝統的な豆の一つです。


【私の作る黒豆・赤大豆】
農薬・肥料・除草剤を一切使わずに育てて、
手作業選別で豆に傷が付かないように
丁寧に作った「黒豆・赤大豆」を納豆にしました!!
何より自分で食べてみたかった(^^)/

黒豆・赤大豆は、農薬、肥料、除草剤を使わずに丁寧に種まきや草取りを行い、土寄せや摘芯を行い実がしっかりとなるように栽培しています。更に、足踏み脱穀機や手動唐箕(とうみ)で、昔ながらの手間の掛かる丁寧な選別を行い、豆本来の風味がある納豆になるように工夫しています。


【プレミアムな納豆「黒豆納豆・赤大豆納豆」】
安心して食べれて、豆本来の風味が美味しい!!

日頃、私の野菜や手前納豆を買ってくれているNoel Bistronomic Naganoオーナーシェフ三村幸治さんより「maison KOIWAIの納豆」について、コメントを頂きましたのでご紹介します。
Noelさんは、オーガニック食材を使った「太らない、老けない、病気にならない」為の料理をテーマに、いつも安心して食べれる美味しい料理を提供している長野のレストランです。
三村さんには、今まで多くの方にこの納豆を紹介して頂きまして、本当に感謝しております。
日頃、私の黒豆・赤大豆を手前納豆にしてくれる阿部納豆さんからもコメントを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


【リターンのご紹介】

●【プレミアム納豆 スタンダードセット】
黒豆納豆50g×4個、赤大豆納豆50g×4個の8個セット。

●【プレミアム納豆 お得セット】
黒豆納豆50g×8個、赤大豆納豆50g×8個の16個セット 。


【プロジェクトで実現したいこと】

プレミアム納豆「黒豆納豆・赤大豆納豆」の商品化です。
なお、ご支援頂いた皆様には、後程、定期購入用サイトのご案内をさせて頂きます。(2020年3月頃を予定)


【資金の使い道・スケジュール】

集めた支援金を元に、納豆の商品化に向けてのラベルや箱作りなどに使わせて頂きます。
11月中に商品ラベル8個セット専用の箱を作り、12月よりリターンの納豆セットの発送を行います。


【最後に】

maison KOIWAIが農薬や肥料、除草剤などに頼らずに野菜を作り、そんな農園を営むのは
  ⇒ それは絶対に美味しいから!!

前職でワインアドバイザーとして働いていた時に思った事として、自然派ワインの素晴らしさです。自然派ワインは還元香が有るということで否定的な人はいましたが、私は何よりも後味に透明感が有り、ジワーっと口の中に広がる旨味が本当に美味しいと感じました。この綺麗な味は自然派ワインにしか無く、自然派ワイン特有のものと思っていました。そこでの経験を通して、自然が持っている自然本来の恵みの凄さ、自然なものの大切さを実感しました。

こんなにも美味しいものは、生産者として自分で作って、いろんな人と自然の素晴らしさ・恵みを一緒に共有したいなぁと思い、農業を始めました。そんなこんなで農薬や肥料、除草剤などに頼らない野菜作りは6年目になり、今も日々試行錯誤の連続です。農園ブログにも少しではありますが、農園情報は載せていますので、拝見して頂けると幸いです。こちらは、普段は埼玉で会社員の弟にも協力してもらいながら順次アップしています。
農園の苦労は収量だけではなく、販路の確保もなかなか大変です。農業を本業にするのは無理なのでは?と考えることもありました。その為にも今回のプロジェクトを成功させて、一歩でも前に進んで行きたいと思っています。そして、今まさに豆の収穫量が安定してきて、納豆用に一定量確保できるようになり、いよいよmaison KOIWAIオリジナルな商品を作っていきたいと思っています。新たに挑戦したい事も出来ています。その為にも今回のプロジェクトを成功させて、一歩でも前に進んで行きたいと思っています。

何卒、ご支援を宜しくお願い致します。

maison KOIWAIの野菜は丁寧に手間を掛けて育てており、お客様にはいつも喜んでいただいています。今までやって来た事は間違いはなかったと考えています。

最後に、苦難の6年間を乗り越えてこれたのも、当農園に賛同してくれてる方々、家族、そしてお客様の支えがあってこそだと思っています。これには、本当に感謝です。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/10/14 14:41

    台風19号の猛烈な風雨は凄かったです。長野県長野市の台風19号での被害は千曲川の堤防が約70メートル決壊したことにより、2階近くまで水に浸かった住宅が出たほどでした。普段見慣れた場所が水に浸かってしまっているのは、驚きで何とも言えない状況です。家が流されてしまったり、停電や断水などで避難生活を...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください