本講座は東日本大震災被災地・石巻市発。大震災のあと、一人で何もできず困った男が多かったとか。すでに介護する側の3割は男性。突然一人暮らしや介護する側になったときにも、災害のときにも、自分ができることは自分がやって、あわよくば人のお役にも立てる“粋な男”になろうではないか!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、男の介護教室 東京本校の事務局の北村と申します。

2017年から、男の介護教室を東京・練馬で開催しています。

プロジェクトで実現したいこと

石巻・雄勝で誕生した男の介護教室を2017年から練馬・石神井で年に4回開催しています。

回を重ねるごとに参加者が増え、新規の参加希望者を受け入れることが困難になってきています。

新規の参加希望者を受け入れるために、年6~8回の開催をしたいと考えています。

プロジェクトを立ち上げた背景

練馬区の人口は73万人、うち高齢者は16万人で高齢化率22%弱で要介護認定者は3万人弱となっています。

また、厚生労働省の調査報告によると、在宅介護者の3割以上 を男性介護者が占めていると報告されています。女性に比べ家事、育児の経験が少ない男性は介護に不慣れなことが多いうえ、他人に相談することを控え、ストレスを自身で抱え込んでしまう傾向があります。

そこで、同じ境遇にある男性同士が集まる機会を作りたいと思いました。そこで、2017年より介護に関わる医師歯科医師看護師等の医療職とケアマネジャー 等の介護職が連携し、男の介護教室@東京本校を立ち上げました。

男性は、教室に参加することで、地域の中で繋がりができ様々な人々と交流ができます。元気に過ごしている方の多くが、普段から友人と交流があるという統計も出ています。

普段からなかなか出てこない男性を地域の中に引っ張り出して、地域コミュニティの一員になってもらえるように、みんなで楽しく学ぶことを大切に考えています。

これまでの活動

2017年からスタートした男の介護教室東京本校は毎回参加人数を増やし、現在では毎回ほぼ満席となっています。

教室の大きなモットーは、

「生きることは人とつながっていること」

被災地では、震災後も元気に過ごしている方の多くが、普段から友人と交流があるという統計が出ています。教室では、みんなで楽しく学ぶことを大切に考えています。

介護経験者の方も、地域の人たちのつながりを育てるために、ぜひ自分の経験や知恵を伝えてください。

「生きることは食べること」

災害でも介護でも一人住まいでも、食事を作って食べる・食べさせるのは経験がものを言います。
毎回料理を習ってみんなで食べながら腕を磨いていきます。


資金の使い道・実施スケジュール

男の介護教室開催にあたっての、チラシ印刷代、材料代や講師の人件費などに使わせていただきます。

来年度のスケジュールはまだ未定ですが、2020年4月~2021年3月の間に8回ほど開催をしたいと考えています。

リターンのご紹介

1,000円   被災時にも役立つ! 教室で作ったパッククッキングの秘伝レシピ

     ホームページにお名前を記載させて頂きます。
     ※希望者のみ (備考欄にご希望のお名前をご記入ください)

2,000円   被災時にも役立つ! 教室で作ったパッククッキングの秘伝レシピ 

     シリコンバンド(先着200名)
     ホームページにお名前を記載させて頂きます。
     ※希望者のみ  (備考欄にご希望のお名前をご記入ください)           

5,000円  男の介護教室公認 男技エプロン

     被災時にも役立つ! 教室で作ったパッククッキングの秘伝レシピ 

                  シリコンバンド(先着200名)

     ホームページにお名前を記載させて頂きます。
     ※希望者のみ  (備考欄にご希望のお名前をご記入ください)


10,000円 男の介護教室東京本校の優先参加券 2枚

     男の介護教室公認 男技エプロン

     被災時にも役立つ! 教室で作ったパッククッキングの秘伝レシピ 

                  シリコンバンド(先着200名)

     ホームページにお名前を記載させて頂きます。
     ※希望者のみ (備考欄にご希望のお名前をご記入ください)

20,000円 男の介護教室東京本校の優先参加券 4枚

     男の介護教室公認 男技エプロン

     被災時にも役立つ! 教室で作ったパッククッキングの秘伝レシピ 

                  シリコンバンド(先着200名)

     ホームページにお名前を記載させて頂きます。
     ※希望者のみ (備考欄にご希望のお名前をご記入ください)

50,000円【企業向け協賛】
     ご協賛頂ける企業様向けの協賛プランです。
     クラウドファンディング協賛企業としてホームページと配布のチラシに掲載させていただきます
                        

最後に

今後日本は都心や地方に関係なく、急速に高齢化を迎えます。

高齢化を迎えるということは、必然的に介護の必要性も増えていきます。

地域の中で繋がりができ、様々な人々と交流をして、地域コミュニティの一員として機能してもらうことが高齢化への対策の一つと考えています。そのためには、地道に着実に継続してコミュニティの網を作っていくことが大切と考えております。そして、これらの活動を知り、関わり、応援してくれる人を増やしていくことが、豊かな地域コミュニティとなる一番の近道であると思っております。

将来の地域のためにも、応援よろしくお願いいたします!

ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

『男の介護教室 東京本校』

事務局 北村 良平    info@otokokaigo .com

東京本校HP http://otokokaigo.com/  

石巻本校HP https://www.otokonokaigokyoshitu.com/ 


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2019/11/02 10:00

    内閣府男女共同参画局から6月15日に「令和元年版男女共同参画白書」が公開されました。コラム19にて男の介護教室が紹介されました。詳しくは白書のコラム19を御覧ください。

  • 2019/10/27 12:00

    2017年に仙台で行われたプレゼンです。発表は、男の介護教室 代表 河瀬 聡一朗 先生です。動画は、14分ほどです。こちらから、ご覧ください。男の介護教室 代表 河瀬 聡一朗石巻市雄勝歯科診療所 所長松本歯科大学 障害者歯科学講座 非常勤講師石巻障がい児・者歯科診療所 指導医

  • 2019/10/23 10:00

    第3回 男の介護教室 東京本校開催しました。10月20日(日) 9:30~13:00場所:石神井町福祉園 ~災害などの「いざ」に備える~スピーカー:伊藤 義則さん調理:パッククッキング 野菜たっぷりタンメン、りんごのコンポート今回は第3回男の介護教室東北大会で各教室の熱い取り組み等ご報告をさせ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください