プロジェクト本文

キャンプファイヤーをご覧になられている皆さんへ。
はじめまして、プロデューサーの渡邊啓太です。

私たちは「これまでにないモンスター映画を作る」という思いでSF特撮自主制作映画「U.M.B.F.」を制作しました。
この映画を多くの人に見てもらいたいと思い、渋谷HUMAXシネマ2017年3月19日(日)14時より上映会を開催することにしました!!!

当初はYouTubeにアップしてみんなに観てもらおうと思っていたのですが、映画の出来栄えにメンバー一致で「モンスターの迫力が伝わるのは映画館しかない!」と思い、渋谷の映画館で上映するプロジェクトを立ち上げました。

 ※リターンに特別上映観覧券のみコース:2,500円のリターンを追加しました。




 

「そもそもU.M.B.F.とは?」

U.M.B.F.はUnidentified Monster Blitz Force (未確認生物雷撃軍)の略で、ゴジラシリーズにでてくる地球防衛軍を参考に、自分たちのプロジェクト名および映画に登場する特殊部隊の名称にしました。

2014年6月に早稲田大学のWIZDOMグループの運営する工房WIZLABで発足し、フリーターや大学生、サラリーマン、コンサルタント、メンタリスト、ロボット工学博士、IT企業の社長などの異色なメンバーで構成されています。
そんなメンバーが3年の歳月をかけて、本気のエンターテイメントSF特撮自主映画を制作しました!

 

 

顔合わせ会議の様子

 

本番撮影1

 

本番撮影2

 

本番撮影3

 
「映画館でたくさんの人に楽しんで欲しい!」

私たちがゴジラやガメラ映画に魅了されたのも、映画館の大迫力・大音量・大人数で観たからこそだと思います。
童心に返った気持ちで今回のプロジェクトを進めています。

映画館を借りてたくさんの人に楽しんでいただくには、多額の費用がかかります。今回借りる映画館の貸し切り料金も少なくとも35万円必要です。
当初は映画制作に多くの予算をつぎ込んでいるため、上映会を実施する予算がありませんでした。

ですが、完成していく映画の出来栄えを見て「映画館の大迫力・大音量・大人数で観てもらえば絶対にワクワクしてもらえる」という思いに至り、プロジェクトを立ち上げました!

まずは、こちらの予告編をご覧ください。

 
「映画のストーリー」

軍事研究施設LV-426で異常事態が発生した。
そこに投入された七人の特殊部隊員たち。
その特殊部隊の名は・・・U.M.B.F.
彼らの任務は、モンスターを倒すこと。
一体、研究施設で何が待ち受けているのか。
彼らはそこに乗り込んで行く、任務遂行のために。

 


 

「映画概要」

タイトル:「U.M.B.F.」
制作期間:2014年1月1日~2017年3月10日

完成披露上映会:日程:2017年3月19日(日)
                        場所:渋谷HUMAXシネマ
        開場時間:13:30~
        上映開始:14:00
        上映時間:30分33秒

        

※渋谷HUMAXシネマの座席数は全部で202席あります。

※当日受付でもネットのチケットサイトをご案内します。

渋谷HUMAXシネマの劇場内

 

「プロジェクト代表紹介」

山下 武昭(監督)
株式会社ソノリテ所属映画監督。DMM CM AWARDS 優秀作品賞受賞監督。東洋大工学部映画研究会出身、東放学園映画専門学校卒業。大学時代から自主映画制作を始める。助監督、美術、特殊美術、VFX、などのプロの映画制作現場を経験する。少年時代からの夢だったSF特撮映画への思いをこの作品でぶつけた。尊敬する映画監督の一人はジェームズ・キャメロン。

 

渡邊 啓太(プロデューサー)
メーカー勤務の電磁波試験エンジニア。首都大学東京大学院卒、高校から電子工学、大学院では宇宙工学を専攻し、超小型人工衛星開発に携わり通信系を担当した。大学院生時に宇宙を題材にしたゲームキャラクターのコスプレを作ったことから山下と一緒に映画を制作することとなった。好きな映画はターミネーター。

 

粕谷 昌宏(VFXスーパーバイザー)
サイボーグ技術を研究する博士(工学)。将来の夢である「人類から身体的な制約を取り除く」ことを実現するため、学生時代に株式会社メルティンMMIを起業した。専門は人工知能工学とロボット工学だが、趣味で3DCGやVFXをしていたため、今回のプロジェクトに参加することとなった。好きな映画はBack to the Future。

 

 「資金の使い道」

皆様にご支援いただきました資金は、以下の費用として大切に使用させていただきます。

渋谷HUMAX シネマの2時間劇場レンタル費用・・・35万円
目標金額を超えたご支援が集まった場合には、劇場レンタル費用のレンタル代不足分、宣伝費等に充てたいと考えております。

 


 
「リターンについて」

リターンは以下のもの用意しています。まずは早見表をご覧ください。

渋谷HUMAXシネマの座席の割り当ては以下のようになります。
 

 

 

〇ちょっとでも見てみたい!っと思った人向け
上映会観覧コース:500円

①プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
②上映観覧券
 (3月19日当日のみ有効です。)

 

〇見たい!&制作の様子を知りたい!っと思った人向け
メイキング動画DVD付き上映会観覧コース:1,500円

①プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
②上映観覧券
 (3月19日当日のみ有効です。)
③メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)

 

〇この映画をとにかくしっかりと観たい方向け
特別上映観覧券のみコース:2,500円

①プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
②特別上映観覧券
 (劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)

 

〇この映画をとことん楽しみたいと思った人向け
特典付き上映会特別観覧コース:5,000円

①プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
②特別上映観覧券
 (劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)
③当団体オリジナルワッペン
④メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)
⑤「プロデューサーの制作日記」の電子書籍引換券
 (3年間続けたノウハウや当時の制作現場を語った電子書籍の引換券です。)

 

〇この映画を応援したい人向け
上映会サポーターコース:10,000円

①本編エンドロールにお名前を記載
②次期映画制作参加権
 (参加は任意です。別途相談になります。)
③プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
④特別上映観覧券
(劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)
⑤当団体オリジナルワッペン
⑥メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)
⑦「プロデューサーの制作日記」の電子書籍引換券
 (3年間続けたノウハウや当時の制作現場を語った電子書籍の引換券です。)

 

 

〇この映画を応援したい&代表メンバーと会ってみたい人向け
上映会シルバーサポーターコース:50,000円

①本編エンドロールにお名前を記載
②次期映画制作参加権
 (参加は任意です。別途相談になります。)
③プロジェクト代表メンバーと食事会
 (場所 日時相談 応募者様の交通費は含まれません。)
④プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
⑤特別上映観覧券
 (劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)
⑥当団体オリジナルワッペン
⑦メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)
⑧「プロデューサーの制作日記」の電子書籍引換券
 (3年間続けたノウハウや当時の制作現場を語った電子書籍の引換券です。)

 

 〇この映画を応援したい&映像制作を体験してみたい人向け
上映会ゴールドサポーターコース:100,000円

①本編エンドロールにお名前を記載
②映像制作講習体験
 (代表メンバーと一緒に3分程度の映像を作りながら映像制作を学びます。)
 (場所、日時、期間は別途相談になります。)
③プロジェクト代表メンバーと食事会
 (場所 日時相談 応募者様の交通費は含まれません。)
④プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
⑤特別上映観覧券
 (劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)
⑥当団体オリジナルワッペン
⑦メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)
⑦「プロデューサーの制作日記」の電子書籍引換券
 (3年間続けたノウハウや当時の制作現場を語った電子書籍の引換券です。)

 

〇この映画を応援したい&監督に映画制作を依頼したい人向け
上映会プラチナサポーターコース:300,000円

①本編エンドロールにお名前を記載
②監督へ映画制作依頼権
 (別途相談になります。)
③プロジェクト代表メンバーと食事会
 (場所 日時相談 応募者様の交通費は含まれません。)
④プロジェクト代表からお礼メッセージ
 (お礼のメッセージは代表メンバーによって異なります。)
⑤特別上映観覧券
 (劇場お勧めの座席にご案内します)
 (3月19日当日のみ有効です。)
⑥当団体オリジナルワッペン
⑦メイキング動画、PV詰め合わせDVD
 (こちらのDVDに本編は収録されません。)
⑦「プロデューサーの制作日記」の電子書籍引換券
 (3年間続けたノウハウや当時の制作現場を語った電子書籍の引換券です。)

 


 

「最後に」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この映画は、メンバー全員がこの映画を完成させるために本気で向き合い続けた3年間の集大成です。皆様と一緒に作り上げる作品が素晴らしいものになるよう、どうか、ご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください