11月にya-ginsで個展を開催するニャムコムさんは活動を始めて今年で20年を迎えます。服飾作家としてだけでなく、実は音楽やダンスなどマルチな才能を発揮し幅広く活躍しています。そんなニャムコムさん率いるバンド「CHEPS」の名曲の中から選りすぐりの3曲をCD化するために是非応援してください!

プロジェクト本文

はじめに    

お世話になります。ya-ginsの八木隆行です。今回で2回目のクラウドファンディングになります。前回の「ソウウレシ」では皆様の応援のおかげで素晴らしい展覧会を開催することができました。本当にありがとうございました!
私は群馬県前橋市の弁天通り商店街で「ya-gins(ヤーギンズ)」というギャラリーを、アーティストをしながら運営しております。ya-ginsは、古い空き店舗を八木自らの手でリノベーションし2012年にオープン。これまで40本程の企画展を開催してきました。

レトロな雰囲気が魅力の弁天通り商店街の中にあるya-gins(写真左)

さてya-ginsと一つ同じ屋根の下に「ニャムコム」というお洋服屋さんがあります。ニャムコムは服飾作家の天笠恵子さんにより営まれ、オリジナルとオーダーの洋服のデザイン、製作をしています。天笠さん(以下ニャムコム さん)は服飾作家であると同時にそのユーモア溢れるトークや音楽やダンスなどマルチな才能を発揮し幅広く活躍しています。そんな彼女がニャムコムとして活動を始めて今年で20年になります。

そしてこの度、20周年という節目を迎えるニャムコムの個展をya-ginsにて開催することになりました。更にそれと同時にかつてのニャムコム さん率いるバンド「CHEPS」(チェップス)のCDを製作する運びとなりました!今回このクラウドファンディングでCD製作のために是非皆様に応援していただきたいと考えています。そして「CHEPS」の名曲をより多くの人に届けたいです!

_________________________________________________
■ ニャムコムとは

ya-ginsの角をフラッと曲がったところにあるお洋服屋さん、それがニャムコム です。

ya-gins横の呑竜横町へと続く路地に入ると…ya-ginsと一つ屋根の下にニャムコムはあるのです。「脱ぎ散らかしても可愛いお洋服」をコンセプトに、ニャムコム さんが手作りでお洋服を作っているお店です。

この場所に来て13年経つそうですが、オリジナル作品やイベント衣装製作、昔からの常連様や国内外からのアーティストをはじめとする様々なお客様からのオーダー製作からウェディングドレス、リメイクやお直しまで・・・と、日々ニャムコム さんはミシンを踏み続けています。そんなニャムコム が今年で20周年を迎えます。この場所に来て13年ですから、それ以前の7年間は一体どこで何をしていたのでしょうか?

それは今からちょうど20年前の11月、群馬県伊勢崎市で「CAFE ニャムコム 」というお店をオープンしていたのです。70年代の少女の部屋をそのままお店にしたような内装、楳図かずおや昔の少女漫画、ギターに噴水にソファに色とりどりの雑貨たち。メイン料理はタイやベトナム料理・・・といった店主の趣味が全面的に溢れ出ているようなお店でした。まだ若かったニャムコム さんは「こんなに可愛くて美味しいお店ほかには絶対ないわ!大繁盛間違いねえわ!!」と夢と希望で一杯でしたが現実はそう甘いものではありません。宣伝もろくにせずその上入りにくさ全開・・・これではいくら美味しくてもなかなか厳しかったでしょう。しかし悪いことばかりではありません。当時隣で「ピグミイ雑貨店」という雑貨屋を経営していた「めぐたん」とすっかり仲良くなりすぎて、二つのお店を隔てている壁をぶち抜き、これでわざわざ外に出なくて済むね、と来る日も来る日もおしゃべりに明け暮れていたそうです。

CAFE ニャムコム_________________________________________________

■ CHEPSとは

そんな時間だけはたっぷりあったニャムコム さん、「暇だから曲でも作るか!」から始まり「曲が出来たからバンドでも組むか!」となかば強引にめぐたんにベースを、常連客だった「もっこ」にドラムを勧め(二人とも初心者)ギター経験のある同じく常連客の「うっこ」(男性です)を引きずり込み、そして自身はキーボード&ボーカルで出来たバンド「CHEPS」が誕生したのです。(ちなみに洋服作りもこの頃から始めたそう)練習場所やライブ会場はもちろんCAFE ニャムコム 。お金がないからドラムやマイクスタンドを手作りしたりアンプ内臓型の楽器を使ったりと色々工夫したそうです。決して上手とは言えない、でもすっごく楽しかった、と当時を振り返ります。

ありし日のCHEPSメンバー、うっこ、ニャムコム、めぐたん

そんな CAFE ニャムコム も5年が経つ頃にはそこそこ忙しくなっていました。しかしその頃にはニャムコム さん、日々のグリーンカレー作りにすっかり飽きてしまって「カフェはもう終わり、洋服一本で行く!」とあっさり転身。カフェをやめて家に引きこもり洋服作りに専念します。その後めぐたんの雑貨屋に寄生して製作を続け、彼女の結婚を機に移転、現在に至ります。バンド活動もその後しばらく続けましたが、メンバーの出産を機に活動停止しました。最後のライブはちょうど10年前の11月、念願のライブハウスでのワンマンライブだったそうです。

10年前のライブの時のニャムコムさん

そして、現在めぐたんは群馬県高崎市にて「高林だるま」を夫婦で経営(自身も今では一流のだるま職人に)、2児の母、うっこもっこはバンド内恋愛を経て結婚(埼玉県深谷市にて美容室「 DOORS」を経営)同じく2児の父母です。

_________________________________________________
■ 私がCHEPSを推す理由

ニャムコム さんがかつてバンドを組んでいたと知った私はある日、当時録音したというCDを興味本位で聴かせてもらいました。

しかし最初の印象は、とにかく音が・・・音が悪すぎる!!

CHEPSの昔のアルバム(音悪すぎ!!)

上手い下手、いい曲であるかどうか以前にバランス悪すぎるのです。
「何歌ってんだかよく聴こえないよ!」「じゃ歌詞カード見ながら聴きなよ」
そーゆー問題じゃないんだよなあ・・・と思いつつも渡された歌詞カードを見ながら再び聴いてみました。

するとどうしたことでしょう、

なんだ?俺・・・泣いて・・・る?

そう、私は確かに感動していたのです。なぜだろう?仲間内びいきか?まあきっとそれもある。しかしそれだけではない何かがある。その感動は聴けば聴くほど増していきました。心地好いメロディと切ない歌詞、正直音楽のことはよく分かりませんが、いつの間にか自然と口ずさんでしまっている自分がいました。そしていつしかもっとちゃんとした音のCDが欲しいと願うようになっていたのです。

_________________________________________________

■ CD収録曲

聴かせてもらった曲はどれも素晴らしかったのですが、今回は特に私に刺さった3曲で構成させていただきたいと思ってます。

(作曲は全てニャムコム さんです)

1.猫ハウス

ニャムコム さんがカフェをやめたことによってめぐたんの毎日も変わりました。めぐたんの表現に「寂しい」「悲しい」という単語は一つも使われておらず、自分のやり方で少しずつこの新たなる日常を受け入れて行こうとする努力のようなものが伝わってきます。それがより切ないのです。楽しかったんだろうなぁ。


2.夜行バス

ニャムコム さんはめぐたんの雑貨屋にアトリエを作ってもらってそこで仕事がしたい、また毎日会いたいと企みました。猫ハウスへのアンサーソングですが、ニャムコム さんの生き様のようなものも感じます。

この2曲は性別を超えたラブソングです。


3.おフトンの中で・・・

「カフェ時代の彼氏と別れた時作った」というリアルな一曲。当時のニャムコム さんの少女のようなやや夢見がちな表現に、自分が年をとったことを実感せずにはいられません。彼女が望むささやかな願いがいかに簡単でいかに難しいことか、年をとると知ってしまうからです。

・・・名曲です!

_________________________________________________

資金の使い道

CHEPS「猫ハウス」CD制作と関連グッズの制作費に使用します。

_________________________________________________

■ リターンについて

CHEPSのCD「猫ハウス」とオリジナルグッズをご用意しました。クラウドファンディングにご参加いただくことで、通常よりもお得な価格でゲットできます!

*リターン品はya-ginsでのニャムコム展会場にてお渡し致します。宅配にてのお届けは2020年1月になります。

*各デザイン、仕様等は都合により変更する場合があります。

○CHEPSパンダるま                      

 めぐたんオリジナルデザイン 

 七転び八起き!可愛いだけじゃないぞ!

  *数に限りがあります、ご注意ください。          

○CHEPSオリジナルTシャツ

 CHEPS Tシャツ着てライブへGO!

 ライブ以外でもいっぱい着ちゃおう!

 有名じゃないから逆にオシャレなタウン着として大活躍

ブラック×ゴールドラメアイボリー×ブラックラメ

○ニャムコム 特製枕カバー 

パッチワークでつくられた可愛い枕カバー

いい夢見させてもらおうぜ!



○ニャムコム  来る夢ロンT

 「ニャム来夢」と書いてニャムコム!

 80年代青春育ちにはたまらない!

 パーカーやカーディガンからチラッと覗かせてお楽しみください・・・。

ホワイト×ブラック


○ニャムコム商品券1万円分(2000円×5枚)限定10個


ニャムコムで使える商品券。*おつりは出ません *期限なし


○ニャムコム 特製ガウンコート 限定1個

CDジャケット撮影に使用したオリジナルコート

内ボアのめちゃめちゃ可愛いこの生地、おフランスで仕入れてきたんですって!

_________________________________________________
実施スケジュール

2019年11月23日(土)CHEPS「猫ハウス」CD発売

2019年11月23日(土)〜12月22日(日) ニャムコム個展 ya-gins vol.36 ニャムコム「猫ハウス」開催

2019年12月7日(土)CHEPSライブ

_________________________________________________
CHEPSライブ 10年ぶりの一夜ライブとニャムコムグリーンカレー

会場:どらむかん 
住所:〒371-0016前橋市城東町2丁目2-6MIビル2F
時間:19時30分開場、20時開演
料金:¥2000(小学生以下¥1000) カフェニャムコムのグリーンカレーお代わり自由、ワンドリンク付き

_________________________________________________

ニャムコム さんより一言

ニャムコム です。

初めに八木プロデューサーよりお話をいただいた時、「こんなド素人の自己満足にクラファンなんて図々しいわ!」とすごく抵抗がありました。大体10年ブランクあるし、子供達にもまだまだ手が掛かるだろうしそもそもみんなが「うん」と言ってくれるわけがない、と思っていました。ところがメンバーたちは自信のなさを抱えつつも快く承諾してくれたのです。

10年ぶりの合同練習、笑っちゃうほどボッロボロでした。でも次の練習の時はかなりよくなってて。みんな時間のない中相当練習してくれているのが一目(一耳?)瞭然でした。

レコーディングの時はメンバー一人一人順番に録音したのですがそんな光景初めてで、みんなが真剣に演奏する姿を見てたらなんだかあの頃とオーバーラップしてしまい涙が止まりませんでした。お互い年食ったけど不思議と昔の顔に見えたよ。昔も今もありがとう。

そんなメンバーたち見てたらなんだか私、すっごく熱くなっちゃいました。今のニャムコム 熱いです!アドレナリン全開です!CDめちゃめちゃ欲しいです!!

しばらく音信不通だった人、もしくは普段は連絡をよこさない人から急に沙汰が来た時のあのなんとも言えない嫌〜な感じ・・・今回似たような思いさせてしまった人たちごめんなさい!!あと10年は大人しくしてると約束します!また仕事に励みます!ですからどうか皆様のお力でド素人に最高の自己満足をさせてください!何卒よろしくお願いいたします。

_________________________________________________
最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。人に歴史あり!でしたがとにかく20年やってきたということは単純に頑張ってきたね、と思います。その記念とご褒美に、皆様からの「おめでとう」の気持ちをCD製作へのご協力として、どうかどうかよろしくお願いします!!

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2019/11/01 19:44

    10年ぶりに行われるCHEPSライブの詳細が決定しました!一夜限りのこのライブ、なんとカフェニャムコムのグリーンカレー付きです!(しかもお代わり自由)お腹を空かせて遊びに行きましょう!そしてニャムコムさんから今の気持ちを綴ったコメントも追記させていただきましたのでそちらもお見逃しないようよろし...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください