ファッションテックデザイナーO l g aが布状のやわらかいスピーカーをデザインする研究開発プロジェクトの成果発表として、SOUND FABRIC ORCHESTRAというファッションインスタレーションを開催します!【総務省 異能ベーション ジェネレーションアワード部門 企業賞受賞作品!】

プロジェクト本文

はじめまして!ファッションテックデザイナーとして活動しています。O l g aといいます。
ファッションとテクノロジーの未来が来る!と信じて10年間、この分野に携わってきました。長く、険しい道のりも、最近は「ファッションテック」という言葉もちらほら聞かれるようになり、企業内新規事業の研究開発やデザインに携わらせていただいたり、世にも面白い技術や素材を使って、ウェアラブルデバイスをデザインしたり、3DCGで服を作ったり、ARVRのファッションコンテンツなど、ブランディングやデザイン、モックなどが作れる、ファッションとテクノロジーに強いヤツという立ち位置で、本当に幅広く仕事をさせていただいています。そんな活動の中、ありがたいことにこの数年は、デジタルハリウッド大学院でファッションテックラボもやらせてもらっています。

今回、音を着る!布状のスピーカーを使った未来の音楽体験を!ファッションインスタレーション「SOUND FABRIC ORCHESTRA」と銘打って、デザイン開発の成果を皆さんに体験していただこうと、このプロジェクトを立ち上げました。

▲日本語もちろん喋れます。ニホンジンデス!今回のプロジェクトメンバー、産総研の研究者吉田さん


このプロジェクトは、産総研の吉田さんとの出会いがきっかけです。私自身、様々な企業の研究開発プロジェクトや、ウェアラブルデバイスのデザインに関わってきました。( Fashion tech weekをキュレーションしたり。ズムサタに出たり。今まで作ったものはこちらにまとめてます!→www.web-ish.com

▲ファッションテックの未来を感じていただけるデバイスを展示したFashion tech weekをキュレーション!


様々な面白い技術の中でも、布スピーカーの原型に可能性を感じた私は、共同開発を申し出ました。今のままではまだ基礎の状態です。でもきっともっと良くなるはず。未来をもっと面白くするはず!この布状のスピーカーで未来を創ろう、世の中に広めよう、もっとかっこいいデザインにしよう。

「テクノロジーを、もっとファッショナブルに!!!」という熱い想いが、私がファッションテックデザイナーを名乗り始めた頃から思い描いている未来であり、今回のプロジェクトの純粋な動機です。

そしてつい先日!このプロジェクトが、総務省の異能ベーション、ジェネレーションアワード部門で企業賞を受賞しました!

▲(株)コーエーテクモホールディングス さんから、「未来のシーンが変わる予感にわくわくしました!」と評価いただきました!

従来スピーカーと言えば、硬くゴツゴツしたイメージがありませんか?柔らかく、軽く、伸び縮みし、くしゃくしゃにすることもできる、それが布スピーカーです!


どうやって布状にしているかって?

それは、、、、ファッションインスタレーション後に行われるトークショーで開発秘話をチラリと話します!よく、それどうやって作ってるの?と聞かれます。こうやって作ってる、と即答することが本当に正しい回答なのでしょうか?マジックのタネを明かしてしまったら、もう面白くないですよね?今はまだ、魔法は魔法のままがいい時もあります。トークショー是非楽しみにしてほしいです!

そしてきっと、多くの人が知りたいのは、どうやって作られているかではなく、どんな未来を創れるか、ではないでしょうか。それをSOUND FABRIC ORCHESTRAという発表の場で感じれるようにしたいと思っています。


布から音が聞こえるわけないだろう!!!、、、、いやいや、それが聞こえるんです。
体験できないと信じれません!!!!その通りです!

11月22日にリニューアルオープンする渋谷パルコの1階、BOOSTER STUDIOにて1月31日まで、布スピーカーを使ったパーカーのモック作品を店頭で体験いただけます!操作方法などは、店頭のショップスタッフにお声がけください!ご自身のスマホからBLUETOOTHで音楽を飛ばし、聞くことができます。そうなんです、操作方法は本来のBLUETOOTHイヤホンと同じ!!簡単でしょ?

店頭にあるパーカーは、フード部分にに仕込まれた布スピーカーによって、後頭部を覆うように360°から臨場感のある音楽体験をすることができます!



布スピーカーは、私たちの未来の生活をどのようにかえるのでしょうか?ファッションテックデザイナーO l g aが、布状のスピーカーを使い、インテリアから洋服へと消化し、空間演出としてファッションインスタレーションを行います。

いつも見ている日常品。ソファーやクッション、枕、椅子、カーテン。。。。もちろん洋服。
それぞれが音楽を奏でたら面白そうですよね?日常空間の中でそれぞれが音を奏でる
オーケストラになる。

それがSOUND FABRIC ORCHESTRA!

O l g aが布スピーカーをどの様に料理したのか、乞うご期待。現在もデザイン開発中!その様子もYouTubeの方で公開してまいります!Please subscribe!! チャンネル登録いただけると最新動画の通知があります!

現在のスケジュールとしては、
11月〜1月 クラウドファンディング支援募集期間
1月〜3月 製品ブラッシュアップ、インスタレーション準備
4月 インスタレーション開催、リターン順次対応を予定しています!

さらに、現在予定している会場(都内某所)や規模は、資金調達額次第で大きくもなります!みなさまのご支援!何卒宜しくお願い申し上げます!



研究開発も事業化も、多くの応援してくれる人がいて、成り立つものだと思います。特に研究開発は秘密裏に行われがち。このクラウドファウンディングを通して、日本中、いや世界中の、音楽好き、ファッション好き、テクノロジー好きの人たちが、この布スピーカーを使ったファッションインスタレーションを通して、未来の音楽体験を、見て触って、感じれる機会を作りたい!という思いも、自分を今回のイベントへと駆り立てている大きなモチベーションです。また、このプロジェクトの制作やインスタレーション設営等にご協力いただける方も募集しております!こちらまでご連絡ください!assistant00@web-ish.com(芦野)


主にはSOUND FABRIC ORCHESTRAに向けたチケットやスポンサー刻印というリターンですが、相談会や講演依頼などもあります。最近でいうとソニーさんで超ファッション進化論を講演したり!https://www.web-ish.com/event デジタルハリウッド大学院でファッションテックラボも担当していて、会社員から学生まで幅広くアドバイスしたりしています。


▲大学や企業での講演や、トークイベントなどなど。ファッションテックって面白い!ということを溢れんばかりに話してます!


リターンの中にはYouTube動画制作などもあります

YouTubeチャンネルを始めたのは最近ですが、これから対談や、開発動画など様々なコンテンツを配信して行きます。教育系YouTuberの不足も一つの要因としてありますが、最新のテクノロジーって、民主化することが最も大変なんです。専門家やアーリーアダプターたちだけが集まって、未来の話を限られた空間で話す場よりも、わかりやすく伝え、もっとスピーディーに、そして何よりも面白く!ワクワクする未来を描いていくこと、それをもっと公にディベートできる場所の重要性を感じて、YouTubeチャンネル「ファッションテックラボ」を立ち上げることになりました!!

今回のYouTube動画制作のリターンを希望される方は、きっと伝え方魅せ方に困っている人だと思います。できるだけ動画を二次利用いただけるように企画制作いたしますので、ご相談お待ちしています!

下記の動画はパナソニックのエリートデザイナー集団!FUTURE LIFE FACTORYさんとの対談動画!参考までに!!



▲難しいことほどわかりやすく、面白く!新しいことほど、みんなとやらなきゃ面白くない!!


もちろん、ちょっと待ちなさいよ、布スピーカーについて詳しい話聞かせなさいよ、という企業様いらっしゃると思います。みんなが使いたがる。それってとても素晴らしいことです。ざっくりした内容から具体的な内容まで、お問い合わせの種類は様々です。なので是非、リターンをご活用いただきたいと思っています。

いやいや、O l g aさん、本当に本当に気になってるんです。リターンについても詳しい話をば!!!という方は、こちらまでご連絡ください!
assistant00@web-ish.com(芦野)



ファッションイスタレーションSOUND FABRIC ORCHESTRAの設営費や演出費用に使わせていただきます。この布スピーカーは実際に体験していただかないと、その魅力が伝わりません。動画や写真では伝わらないため、実際に感じていただけるよう、下記のようなことに使わせていただこうと思っています。

・会場設営費
・会場スタッフ人件費
・記録映像写真制作費
・モデルへの出演料
・リターン制作費
・プラットフォーム手数料
・その他雑費など


ファッションテックという領域は、今後どうなっていくのでしょう?iot化された衣類や、3Dのファッション表現やビジネスが普通になれば、それはもう「ファッション」です。きっとファッションテックは、いずれそれが当たり前の「ファッション」になり、そしてまたあらゆる領域と手を組んで、また新しい未来を創って行くんだと思います。

私は、常に新しいことを追いかけ、常に新しい領域を創っていくデザイナーであり、ファウンダーでありたいと思っています。そんな中でも、テクノロジーの日本と言われていたこの国も今ではいろんな国に追い越されそうです。技術大国だったはずの日本には、まだまだ、埋もれたまま日の目を見ずに死んでいく素晴らしい技術が、実はたくさんあります。宝の山はどうして、海の中に潜ったままなのでしょうか?誰も探しにいかないからです。誰かが価値を見出し、デザインの力で見えるところに置くこと。もっともっとかっこよくなるはず。もっと誰かに「欲しい!」と言ってもらえるはず。

もっともっと新しい領域をファッショナブルに!!!!未来へ!!どーーーーーーん!



【日本テレビOha4!】布スピーカーを使ったパーカーが出ました!多分自分史上最速で作品がテレビ出た気がします。どんどんいくぞーーーーーーーーーーー!

O l g a

www.web-ish.com
ファッションテックデザイナー / ish inc. 代表
デジタルハリウッド大学大学院 ファッションテックラボ 担当

ロンドンの大学院にてファッションとテクノロジーの関係性を独自に学び、帰国後ファッションブランドEtw.Vonneguet(エトヴァス・ボネゲ)を立ち上げ東京コレクションに参加。クロスシミュレーションを使ったCGのファッションショーを行い、3Dから型紙生成した服などを展開、渋谷パルコや伊勢丹をはじめとする国内外の百貨店にも出店する。
様々な企業のウェアラブルデバイスデザインや研究開発などを手がける、ファッションテックとデザインエンジニアリングに特化したデザイン会社ishを設立。
デジタルハリウッド大学院メディアサイエンスラボ助教に就任、同大学院ファッションテックラボ担当。

▼主な受賞歴
総務省 異能ベーション ジェネレーションアワード部門 企業賞 
経済産業省 NEDO TCP 審査員特別賞
デジタルハリウッド大学教員表彰
DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 「HEATER PARKER」
ベストアイデア賞、CCCプラチナスポンサー賞


吉田 学

[現職]
・国立研究開発法人産業技術総合研究所 センシングシステムエム研究センター・研究チーム長
・埼玉大学大学院理工学研究科 連携教授 併任

[学歴]
|1999年千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了・博士(工学)

[研究内容]
印刷で電子回路を作るプリンテッドエレクトロニクスや柔らかい電子回路を作るストレッチャブルエレクトロニクスを専門としています。最近は布上に作る柔らかいセンサーやアクチュエーターの研究開発を進めています。

[受賞]
1)電気学会優秀論文発表賞 2004/03/01
2)市村学術賞 功績賞、2006/04/28
3)平成22年度文部科学大臣表彰科学技術賞2010/04/13


最後に

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。ご支援、ご協力のほど!何卒よろしくお願いします!!!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください