Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

子育てと働くをもっと近くに!想いを叶える拠点とメディアと流通を鎌倉で実現させる!

現在の支援総額
532,277円
パトロン数
69人
timer24時間以内に
3
人からの支援がありましたclose
募集終了まで残り
9日

現在53%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/12/24 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

「子育て」と「働く」がもっと近くにあったら....。1階を菓子製造許可付きのシェアキッチンとカフェにアップデート!!!自分らしい働き方を実現する、鎌倉発「職育近接」構築プロジェクト第1章は<クリエイティブな拠点を作る!!>


 私は神奈川県鎌倉市の常盤という地区で、「KAMAKURA COWORKING HOUSE」(通称カマコワ)という、母親たちに向けた託児所付きコワーキングスペースを運営しています。


 代表の小松は3人の子を持つ母です。子育てと仕事の両立に悩んだ経験を通して、「子育てと働くをもっと近くに」というコンセプトのもと2017年8月にカマコワを開業しました。1階をカフェ、2階を託児所へと少しずつスペースを整えながら活動を続け、3年目を迎える今、ようやく「カマコワと町との関わり方の理想像」が見えてきたところです。


△プロジェクト代表の小松 カマコワのデッキにて ( 写真:つづり舎)

※SNS にて、本プロジェクトにまつわる25のエピソードを毎日更新中!!

→Instagram

→Facebook


 


 このプロジェクトの大きな目的は「子育てと働くをもっと近くに」を実践したカマクラコワーキングハウス(託児所付きのワーキングスペース)の事業の幅をさらに広めることにあります。

 では、今、なぜ広める必要があるのか。


(写真:Megumi Nakazato)

 

 この2年間、私ずっと持ち続けていた願いがあります。

 それは、「カマコワで仕事を創出できるようになりたい」ということ。

 共働き世帯が増加しているとはいえ、出産を機に家庭に寄り添って暮らしたいと思う女性はまだまだいます。しかしながら一度離職してしまうと、再び社会参加することが極めて難しいのが現状だと感じています。

 その原因の一つが、育児と仕事の距離です。


△カマコワには安心して遊べる遊具やおもちゃがいっぱい(写真:Megumi Nakazato)


 カマコワでやってきた事業をさらに拡大することで、仕事を自ら創出し、社会参加し続けることができます。

 そうすることで、育児と仕事の距離をぐっと縮めることができるのです。

 母親となった女性たちを社会から排除せず、母親になったからこそ得た視点を活かすための仕組みを地域をベースに構築できる段階に、今、やっと到達できたと感じています!



・・・・・

1)子供の近くにいながらも、製品の製造ができる拠点ができる。(母達の自己表現が叶う)

2)製作者の顔が見える商品が町にどんどん増えていく。(環境や健康に考慮した製品が町に増える)

3)町全体で健やかなライフスタイルを実現する。(“健やかな町”の成長)

・・・・・


 まず託児所のある当店を活かして、女性達の家庭的な学びや知識や経験を生かした商品やサービスを創出できるような製造拠点として場所を整えます。

 さらにその製品を町の商店やマーケットへの流通させることで、共働き世帯・シングル・高年齢世帯にも健やかな日常をもたらすことができるようになります。

(※「私がスーパーマーケットを作りたいワケ」はコチラ


△カマコワが開催する月に一度のマーケット「ツキイチマルシェ」の様子


△屋外ローカルマーケット「ふかさわ土曜市」実行委員会のメンバー


育児と仕事の「職育近接」が鎌倉発の女性達の新たな働き方として注目され、各地域における良いロールモデルとなることも目標の一つです。





鎌倉には優秀で学びに貪欲な女性達がたくさんあふれています。

とはいえ、今の日本にはその女性達が活躍し続けることが難しい実情があります。

ライフステージに関わらず社会参加し続けることができる選択肢を地域が用意することはとても大切。

働き方に柔軟な意識を持つ市民が多い鎌倉という立地を生かして、「結婚出産を経ても職住近接=職育近接の叶う地域」として先立って認知される地域にしたいのです!

SDGs未来都市への認定鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会の発足生涯現役促進地域連携事業の実施団体の設立など、行政としても取り組むべき課題への解決策のひとつがここに隠れていると私は考えています!


△カマコワも緑に囲まれている(写真:Megumi Nakazato)


自然が多く、都心からも遠くないため、子育てを機に移住される方が多い地域でもある鎌倉。

その上、高齢者になっても保育や教育現場に雇用があることは、長く住まう上でも(Uターンを踏まえても)、非常に魅力的だと思います。そのために子育てや介護などのライフステージの変化に関わらず、社会へと参加し続ける仕組みが必要です。それらを一手に受け止められるような体力を持つ事業を将来的に展開できるよう、しっかり基盤を整えたいと思います。



KAMAKURA COWORKING HOUSE / 場所は鎌倉市常盤。閑静な住宅街の一角。最寄りのバス停から徒歩2分で敷地内に駐車場完備。最寄りの駅は鎌倉駅で、藤沢駅・大船駅からもアクセス可能。


NPOの団体数が非常に多いことも鎌倉市の特徴の一つ。

「もっといい未来のために何かしたい!」そんな頑張りを応援する雰囲気が鎌倉にはあります


とはいえ、色々な制約によって「やりたいことが出来ない」あるいは「自分に何ができるのかわからない」という方も沢山いらっしゃいます。でもきっと、どんな人にも、必ず「好きなこと」がある。それこそが「自己実現」のための種だと、私は信じています。


母親という側面を持ったからこそたどり着けた想いがあるはずです!


母親であることを足かせにしてしまうのはもったいない。


たどり着いた“想い”を具現化するために、たった一人で頑張るのではなく、様々な得意分野をクリエイティブな拠点に集結させて、沢山の手により叶えていく。


そんなHUBのような拠点に、このカマコワがなっていきたい、なっていかなければならないと強く信じています!!!




<その1:菓子製造許可>

カマコワにはミシンも工具もあります。「衣・住」に関する製作は既に可能です。

だから今、「食」の製造を可能にしたいのです!!!!

女性達が得意とする分野、「衣・食・住」の製造拠点となり、より健康でよりエシカルな製品やサービスを創出していきます!!!!

△得意を生かして月に2回ポップアップカフェを続けているママもいる


カマコワに集まる女性たちは特に、子供や自身の年齢・体調の変化をきっかけに「食」について真剣に考えるようになった方が大勢います。例えば、


○「重ね煮」という手法を使い赤ちゃんからお年寄りまで美味しく健康になる方法を本気で勉強している。

○小麦粉を使わないお菓子の研究をしている。

○食にまつわる様々な観点から環境問題について取り組んでいる。


など。自ら勉強し、実際に作って研究し、それを家族や地域の健康のために役立てようとしています。

さらに貪欲な学びによって得た知識や経験を周りの友人や地域の人々にシェアしたいと、毎日奮闘しているのです。


そんな姿を見て、カマコワができることはなんだろうと真剣に考え続けました。

そこで見えてきたのがクリエイティブな拠点作りです。

(※「私が拠点を作りたいと思ったワケ」はコチラ


△プロジェクト実現したらカマコワはこんな拠点になる!


◆保存料を一切使わない離乳食

◆ご高齢者向きのお惣菜や介護食

◆共働き世帯向けの手軽なパスタソースや冷凍食品


どれも、「家族の未来を食事で幸せにしたい」という女性たちが考えて作っている愛のある品。

今まではカマコワの外へ売りだせなかった「食」をきちんと製品化して、町のローカルマーケットで販売したり、商店に卸したりして、定期的または日常的に販売することで、町の食卓は変わります!!


△こどもも大人も笑顔になる!


<その2:発信ツール>


愛を込めた製品をより効果的に広めるために必要なのが、「発信ツール」。

商品を作るまでのストーリーや、なぜその商品ができたのかという熱のこもった説明は、より体温を感じる商品として町の人々に愛されるために必要不可欠です。

より強固な基盤を持った発信ツールを持つことで、この地域の取り組みが日本各地に知れ渡って、地域の女性達がもっともっと活躍できる社会になるはず。

だからこそ、カマコワでも強力な発信ツールを育てていこうと思います!!!


△自主出版本「JIKI paper」を作っている様子(写真:Megumi Nakazato)

△一冊一冊手仕事によって製本している

 

 カマコワでは今、2つのメディアを運営しています。

 一つ目は、ラジオ番組です。ローカルラジオ局「鎌倉FM」にて「湘南で叶えるくらしと仕事」をテーマとした番組<Shonan LIFE×WorK.>を制作しています。→Instagram →Facebook


 「湘南で自分らしく暮らすことと働くこと」を叶えた実践者をゲストに迎え、その方の価値観や哲学、自己実現のポイントなどを「ご本人の声」でお話しいただく温度感のある番組です。

 (※インターネットを介して全世界から視聴可能)


△番組ナビゲーターの3人。小松と湘南WorK.共同代表の河野さんと小室さん(写真:ito photography)


 二つ目は、『JIKI paper』というマガジン。今年11月に発刊しました。これは「季節」という自然の時間をテーマとしながら、日常の何気ない一瞬を、かけがえのない時間に変えていく豊かさを発信する冊子です。

 この冊子は全国各地の書店や雑貨店にお取り扱いいただいており、今後はページ数も増やしつつ、鎌倉発の紙媒体として、より発信力を増していけるよう育てていきます。


△手仕事にこだわるJIKI paper。自分を取り戻したいときに読んでほしい一冊。



<その3:流通>


 今年8月にカマコワのある深沢地区で「ふかさわ土曜市」というローカルマーケットを立ち上げました。 カマコワで製造したものを地域に流通させる場としても、このマーケットをしっかりと育てていきたいと考えています。


△音楽・食・アート・体験が楽しめる「ふかさわ土曜市」


 「ふかさわ土曜市」は10月は台風で中止になりましたが、それ以外は立ち上げから毎月開催しており、現在の出店者数は約10店、来場者数は約100~150人です。このマーケットを、今後は地域内外から出店者が集まり、音楽・食・アート・体験などを通して地域の皆さんに多くの楽しみや刺激を与えるものになるよう、また、それが日常的な町の風景になるよう、充実・継続させていきたいのです。


・・・・・


これら「まちを育てる」ための3つのステップ。

製造許可、発信ツール、流通。

この3つの基盤作りに、今、皆様の力が必要です!!!




本プロジェクトの成立により、上記3つのステップを叶えることで、カマコワから生まれた小さな点は面へと変化していきます。


そしてその面はやがて広がり、「子育てと働くをもっと近くに」というライフスタイルがまるでアメーバのように鎌倉に定着していくことと思います。


△3つの点が繋がり面となり、アメーバのように広がるイメージ


△ラジオ番組で企画した「育児と仕事の両立」をテーマにしたトークショー収録の様子


 将来的には「地域での女性の新しい働き方」の仕組みを鎌倉以外でも展開できるよう、各地方に回って講演し、これからの社会に広がるよう活動していきたいと考えています。


・・・・・


 子育てのステージによって、そしてそれぞれの家庭環境によって、母親たちの「自分時間」は刻一刻と変化します。

「あとちょっとが頑張れない今」と「今なら頑張れる」を足したら必ず出来ることがあります。

そんなママ達の「やってみたいこと」を実現させるには、想いを具現化する拠点と、それを発信するメディアと、流通させる仕組み、この三位一体が必要なのです。

これがカマコワを丸2年続けてきた、私の今の結論です!


社会から取り残されているような孤独感、全部を失ってしまったような喪失感、子どもに恵まれ心から愛しているのに自責する…。

そんな辛い時期のママを1人にさせないための街の仕組みが、今こそ必要です。


△改装予定のカマコワ1階カフェスペース


急じゃなくていい、ゆっくりでいいから、少しずつ少しずつ、時間をかけてでも母たちが自信を持って自己実現できる社会を。


「誰かのその時」のために、私たちはゆるくも確実に、そして長く、自己実現のための拠点でありメディアであり流通でありたい。


このプロジェクトはそのための第一歩なのです!



今回のプロジェクトは決してゴールではありません。

達成することで初めて、スタートラインに立てると思っています!

鎌倉発の「女性の職育近接」のモデルケースを創りたいのです!


皆様のご支援で、私をスタートラインに立たせてください。

この先やるべきことは見えています。仲間もいます。

どうかご支援のほど宜しくお願い致します。



・・・・・



◆資金の使い道◆

・壁の新設およびミニキッチンの増設 

現在のキッチン周りを壁で囲み、菓子製造許可を取得します。さらにミニキッチンを増設し、飲食店許可も取得できるように工事をします。

見積金額:約42万円


・許可申請費用

菓子製造許可および飲食店許可のための申請費用に充てます。

菓子製造業:14,040円 飲食店営業:16,040円

見積金額:30,080円


・壁塗り・内装リフォーム・配電工事 

製造・制作したものを陳列しやすくするために内装や配電を整えます。

見積金額:約15万円


・縁側リフォーム・植栽

キッチンを間仕切ったことで減ってしまう客席を補填するため、縁側を拡張してテラスお座敷席を確保し、席の周りに植栽する事で目線を気にせず過ごせる空間を作ります。

見積金額:約10万円


・ふかさわ土曜市およびShonan LIFE×WorK.の公式サイト作成

イベント及びラジオ番組の公式ホームページを作成し、これまで以上に情報が必要な人たちへ向けた発信をしていきます。※各スポンサーのリンクバナーも掲載します。

見積金額:約15万


・その他(手数料等)

見積金額:約15万



・・・・・


◆実施スケジュール◆


12月25日~1月7日 リフォーム

1月8日~ 順次許可申請後、2月12日のリニューアルオープンに向けて、壁塗りのワークショップやDIYイベントも開催しながら沢山の方に関わってもらいながら空間を作っていきます。


・ご支援の金額が目標金額を上回った場合

現在開発中のオリジナルエコ商材の開発費用に充て、製造販売ラインを整えて新たなプロジェクトも始動させて頂きます。


・・・・・


◆リターンについて◆


私たちのチャレンジに共感し、応援くださる方々には精一杯お礼をお伝えしたいと思います。


1)3000円プラン(リターン:お礼の絵葉書)


2)5000円プラン(リターン:JIKI paper 2019 冬号/お礼の絵葉書)

私たちが精一杯の愛を込めて創刊したJIKI paper 2019冬号をお葉書を添えてお届けします。


3)10000円プランA(リターン:カマコワ商品券1000円分/お礼の絵葉書)

物販・カフェ・レンタル料などにご使用いただける商品券をご用意致しました。カマコワがリニューアルオープンした際にはぜひお越し頂き、直接お会いしてお話しできたら嬉しいです。

※レンタルスペース(2時間2000円~)、シェアキッチン利用料(5000円~)ほか、カマコワ主催イベントの出店料やカフェメニュー、託児料金などにご使用いただけます。

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)


4)10000円プランB(リターン:Löwe ミニ・トートバッグ/お礼の絵葉書)先着20名限定

カマコワと一緒にJIKI paperを製作してくれているSara Gally作のミニトートバックをお届けします!

生成りとネイビー、どちらの色が届くかはお楽しみに!!


5)10000円プランC(リターン:NATURALMARKET.MAI特製グラノーラ/お礼の絵葉書)先着20名限定

カマコワ立ち上げの時から共に励ましあってきたNATURALMARKET.MAIさんの作る特製グラノーラをお手紙を添えて郵送させて頂きます。

※NATURALMARKET.MAIさんより掲載およびリターン許可済み。製造許可有り。


6)10000円プランD(リターン:Clarissaのレジンアクセサリー / お礼の絵葉書)先着5名様

ハンドメイド作家Clarissaさんが作る、繊細なレジンアクセサリーを1セットお送りします。※ピアスまたはイヤリング、どちらのタイプがご希望かご明記いただきますようお願い致します。


7)※NEW※10000円プランE(リターン:氣功整体COCORO利用券三千円分)先着10名様

有効期限は2020年12月31日まで。先着10名様限定です!ご利用には事前予約が必要です。施術の日時は要相談となります。基本的にカマコワでの施術となります。出張でのご利用はできません。


8)※NEW※10000円プランF(リターン:ウソみたいなコップ1点)先着10名様

葉山のイラストレーターtakanomakikoが手がける「ウソみたいなコップ」シリーズより、作品を1点お送りします。作品の指定はできかねます。お届けまでお楽しみに!!


9)※NEW※10000円プランG(リターン:ミソラカフェお食事券または離乳食セットまたは焼き菓子セット)

ミソラカフェ<お食事券1000円分> or <重ね煮作りの離乳食セット> or <焼き菓子セット>のいずれかをお届けします!!!先着20名様限定です。※離乳食セットおよび焼き菓子セットはカマコワのシェアキッチンにて製造致します。お届けは2020年2月上旬予定です。


10)30000円プランA(リターン:JIKI paper 2020 春号への広告掲載(3cm四方欄) / JIKI paper 2019 冬号プレゼント/お礼の絵葉書)

JIKI paperが良いメディアとして成長していくのを支えてくれたら嬉しいです!

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


11)30000円プランB(リターン:カマコワ商品券5000円分/JIKI paper 2019 冬号/お礼の絵葉書)

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)


12)30000円プランC(リターン:Löwe3WAY トートバック/ お礼の絵葉書)
カマコワとJIKI paperを創っているパートナー、SaraGallyの所属するユニットLöweのオリジナル3Wayトートバックをお届けします。一枚一枚シルクスクリーンで手刷りした世界で1枚だけの特別なトートバックです。


13)50000円プランA(リターン:JIKI paper 2020 春号・夏号への広告掲載(3cm四方欄)/ JIKI paper 2019 冬号プレゼント/お礼の絵葉書)

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


14)50000円プランB(リターン;カマコワ商品券1万円分/JIKI paper 2019 冬号/お礼の絵葉書)

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)


15)50000円プランC(リターン:小松とトークイベント / Shonan LIFE×WorK.番組公式ステッカー )
カマコワの代表、小松と一緒にトークイベントを開催(※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く))。日時や内容はご相談ください。場所についてはカマコワでも、県外でも構いません。

※県外の場合、交通費および滞在費をご負担願います。

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


16)100,000円プランA(JIKI paper 2020 年間広告掲載(3cm四方欄) / カマコワ商品券1万円 / JIKI paper 2019 冬号/お礼の絵葉書)

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


17)100,000円プランB(Shonan LIFE×WorK.番組公式サイトへリンクバナー掲載/番組公式ステッカー/お礼の絵葉書)

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


18)300,000円プラン(ラジオ番組公式サイトへリンクバナー掲載/JIKI paper 2020 年間広告掲載(3cm四方欄)/お礼の絵葉書)

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


19)300,000円プラン(カマコワ商品券50000円/JIKI paper 2020 年間広告掲載(3cm四方欄)/お礼の絵葉書)

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)

※公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。


20)500,000円プラン(カマコワ年間パス)

2020年1月1日〜2020年12月31日までの1年間、カマコワによる全サービスをご利用頂ける年間パスをお届けします。

※有効期限:2020年1月1日〜2020年12月31日(土日祝を除く)


リターンは以上です。


事業主様、企業様におかれましては、私たちが制作する冊子<JIKI paper>への広告掲載、および鎌倉FM<Shonan LIFE×WorK.>へのスポンサードについても是非ご支援いただけましたら幸いです!


JIKI paperにつきましてはリーフレットはA5サイズ程度の冊子で、全国のセレクト書店や雑貨店に展開予定です。年間計4回発行のJIKI paperにご希望のロゴや屋号を掲載させていただきます。


また鎌倉FMはインターネットサイマルラジオ経由で全世界から視聴可能なメディアコンテンツとなります。リターン(13)(14)に関しましては番組公式サイトの製作費用へと充てさせていただきます。公式サイトへ協賛者様としてリンクバナーを貼らせていただきます。



以上、皆様の日頃のご活動に協力できる体制を整えています。是非ともご支援のほどよろしくお願い致します。


・・・・・


その他、カマコワの主催するイベントにご出店ご希望の方もお気軽にご相談ください。

このプロジェクトを機に、より多くの方々と出会い、さらに活動の幅が広がることを心より楽しみにしております。



これまでカマコワを通して出会うことができた皆様、そしてこのクラウドファンディングで初めて活動を知ってくださった皆様、

長い長い文章を最後までお読み頂き本当にありがとうございます。


私の周りには素敵な活動をしている方々がたっくさんいます。

みんな、心の底から家族を、友人を、未来を、少しでも幸せにするために自分なりの一生懸命で取り組んでいます。


つい最近まで、私には「何もない」と思っていました。本当に、そう思っていました。


でも今は違います。


私にはありがたいことにカマコワという<空間>があります。この空間を、多くの人たちにどうか活かしてもらいたい。


これが、素晴らしいスキルも資格も際立った特徴も持っていない私だからできる、唯一の社会貢献です。


<“健やかな町”を次世代へ>

協力すればもう一歩先の風景が目の前に広がるはずです。

一緒にやりましょう!!!!


そして女性達の可能性あふれる未来に、どうか皆様のお力をお貸しください。

心から御願い申し上げます。


最後の最後に、家族に大きな感謝を込めて

カマクラコワーキングハウス代表 小松あかり


※このプロジェクトに掲載された写真及び動画は全て掲載許可を頂いています。

※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。募集期間内に目標金額を達成できなかった場合、プロジェクトは不成立となり実行されません。応援よろしくお願いいたします!!!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください