クッションの進化系である3Dエアクッションに最新作の「balloon air」クッションが誕生。新しくなったエアセル構成で減圧&体圧分散が持続。楽で快適が持続します。

プロジェクト本文

balloon airはまるで風船のようなぷっくりとしたエアセルが集まってできた新しいエアクッションです。


balloon air(バルーンエア)はその独自の形状により

  • ・減圧
  • ・体圧分散
  • ・通気性
  • ・おしりの疾患の発生や悪化を予防
  • ・快適なやわらかさ
  • ・安定性
  • ・セルの形の最適化
  • ・保温性

  • ・柔らかさ調節機能
  • ・すべり止め機能
  • ・ポータブル機能
  • ・水洗いできる機能
  • ・背面ラウンド型機能
  • ・湾曲した座面に対応する柔軟機能

  • オフィスやご自宅だけでなくこれまで「さまざまな座面の形や湾曲した座面」のため、クッションを使用することが少なかった
    アウトドアチェアでのクッションの使用が、ついにballoon air(バルーンエア)によって実現します。

  • ・デスクワーカーへ
  • ・ドライバーへ
  • ・アウトドアを楽しむ方へ
  • ・テレビやゲームを楽しむ方へ
  • ・野球やサッカーなどスポーツ観戦をされる方へ
  • ・趣味の時間を過ごす方へ
  • ・勉強に励む学生の方へ
  • ・座ることの多いお年寄りへ
  • ・車いすを使用する方へ


さらに多くの場面に対応できるようになったballoon air(バルーンエア)はあらゆる方の座っている時間を楽で快適なものへと進化させます。

その座り心地はまるで風船に乗って空に浮かんでいるよう!


快適な座りが持続するballoon air(バルーンエア)クッションをご紹介します。


日本では座りすぎとなる人が多いです。

デスクワークや移動中、スマホやテレビ、食事や趣味の時間など、様々です。

シドニー大学の調査によると、日本人は平均1日7時間以上座っているとされています。

年間に換算すると2,555時間

私たちは年間106日に及ぶ時間を座って過ごしています。


長時間にわたり座り続けることで体にはたくさんの大きな負担がかかっています。

balloon air(バルーンエア)は座ることで発生する体への負担をやわらげ、楽で快適に座り続けられることを目的に新たに開発されました。 


balloon air(バルーンエア)は独自の8つのサポート効果を持っています。



同社のエアクッションを用いた実験では、最も荷重がかかっていた座骨部分の圧力値はエアクッションを用いると5分の1以下になりました。

 

 エアクッション使用前 ピーク圧力 110.31kpa                                                                                                                    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓

    エアクッション使用後 ピーク圧力   19.62kpa


減圧効果により、体にかかる負担を減らし楽に座ることができます。


同社のエアクッションを用いた実験では集中していた圧力がクッション全体に分散しています。一部に集中しがちな圧力をエアクッションが分散します。


体にかかる負担が分散され、快適に座ることができます。

この実験は同社の別の形のエアクッションを使用し実施されたものです。エアクッションの減圧効果と体圧分散効果のめやすとなります。



空気で満たされたエアセルは保温性に優れ、冷えやイスに座ったときのひんやり感からあなたを守ります。



エアセルとエアセルの間の谷間は座っているときにも通気性を確保し、汗による蒸れを外に逃がします。長時間座り続けても、さらりとした気持ちの良い快適さが持続します。



エアセルの形、大きさ、高さは人間工学に基づいて設計され、負荷がかかるる部分はしっかりとした大きなエアセル配置がされています。これにより、安定した座り心地が実現します。



おしりの疾患にやさしい設計で悪化を防ぎ、誰にでも安心してご使用いただけます。中年以降から罹患される方が増えるといわれるおしりの病気の予防にもなります。発症する前の予防であなた自身を守ります。


やわらかなエアセルの中は空気で満たされています。さわり心地はふんわりとして気持ちがよくリラックスできます。



隣接するセルとセルは小さな管でつながっているため、座ったときに空気がクッション全体に循環し、それぞれのセルがからだにそった適切な形に移行します。



裏面の滑り止めによりずれや落下を防止します。


空気を抜いて折りたたむとコンパクトで持ち運びも楽です。出張や旅行、アウトドアに最適です。

汚れたら水洗いでき、清潔にご使用いただけます。



丸形のイスや、座面の形が特殊なアウトドアチェアなど様々なイスにフィットします。

デスクワークされる方へ

減圧・体圧分散に優れたballoon airクッションは長時間パソコンやデスクワークをされる方の体への負担を軽減し、快適で楽な座りを持続します。

 

ドライバーや同乗者の方へ

仕事やお出かけでの長時間のドライブも楽で快適な座り心地が持続します。

アウトドアやキャンプを楽しむ方へ

アウトドアチェアは布一枚でできた座面がよく見られます。

軽くて、コンパクトに持ち運べて、様々なアウトドアチェアにフィットするballoon airはアウトドアに最適です。

大切な時間を、快適な座り心地で過ごせます。

出張や旅行へ行かれる方へ

コンパクトに折りたたんでどこへでも持ち運びできます。

長時間の移動で座る姿勢が長く続くときも減圧・体圧分散効果で楽で快適に過ごせます。

テレビやゲーム、趣味の時間を過ごされる方へ

時間を忘れ楽しくすごす時間も、楽で快適な座りでサポートします。


受験生や学生の方へ

長時間机に向かわれる学生の方は、減圧・体圧分散効果で大切な体への負担を軽減し、座席時のストレスなく勉強に集中していただけます。


balloon airクッションはどなたにもご使用いただけます。

体の大きい方やお年寄りの方、お子様、妊娠中の方、だれにでも安心してご使用いただけます。


製品開発 JFT社

台湾出身のエンジニアJack T Sai氏が率いるJFT社は、これまで数々のエアクッションの製品を生み出し、その先進性と確かな品質により数々の爆発的なヒットを生みだしてきました。

彼自身が開発し国際特許を取得したエアセルクッションを、もっと、だれにでも、どんな場面でも、どんなイスにでも使用できるように・・。

Jack T sai氏は座りでお困りのすべてのお客様に使用していただける全く新しいエアクッション開発しました。

  1. 1、おしりに疾患のある方でも使用していただける

  2. 2、オフィスでもアウトドアでもコンパクトになる

  3. 3、背部ラウンド型により様々なイスにフィットできる

  4. 4、形・高さ・大きさの違うエアセルを配置した安定性

  5. これらの新機能を備え、座り心地もより進化したballoon airクッションが誕生しました。

    厳しい製品テストを重ね、Jack T Sai氏が自ら管理する自社工場で開発から生産を一括管理するシステムによりJFT製品は常に高い品質を維持します。

    JFTはこれまで培ってきた自社生産技術による確かな品質と、進化した最先端のエアクッションの快適な座り心地を、日本のみなさまにお届けいたします。


  6. 製品情報・仕様

    製品名 balloon air

    ブランド JFT

    パッケージ内容 本体 空気ポンプ

    サイズ 45cm *40cm*5cm

    カラー ブラック

    素材 TPU+LYCRA

    企画 台湾

    製造 中国


    ※)緩衝対流エアセルはJFTの知的財産です。類似品にご注意ください。

Q:手入れはどうしたらいいですか?

A:水で手洗いができます。お湯洗いや洗濯機のご使用は製品が傷つく可能性がありますのでおやめください。


Q:素材は何ですか?

A:TPU+LYCRA素材を使用しています。

TPUは環境にやさしい素材で、きれいな形を保ち、弾力性、保温性に優れていて、水洗いもできます。

  

Q:空気はどうやって入れますか?

A:クッション裏面に空気注入口がございます。付属のエアポンプで、お好みの加減になるよう空気を注入してください。


BALEARICAは海外の優れたアウトドア製品や生活雑貨をセレクトし日本に輸入しています。優れた製品を通して皆様に快適で健康なライフスタイルをご提案いたします。 

日本人は座る時間が長くなりがちで、年間で換算すると106日にもなるという調査が出ています。

仕事に、勉強に、運転に、趣味に、移動に、頑張っている方の体への負担を少しでも減らし、快適で健康に過ごしていただきたいとの思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

balloon airクッションは車いすで生活される方、お子様やお年寄り、あらゆる方に安心して快適に使っていただけるよう開発されました。

快適な座りを一人でも多くの方に実現していただけるよう全力を尽くしてまいります。

みなさまのご支援をお願いいたします。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください