“ 暮らす “ ことについて、どんなことを想像しますか?


“ 暮らし “  は、誰にとっても日常的で、一人一人の  “ 暮らし “  が存在しています。

この領域で宿泊施設やシェアハウスを企画・運営してきた、私たちの次のステージとなる試みを、新たな社会への提案として、今回このクラウドファンディングを発表の場に致します。

私たち、チームunitoは、『暮らしの最適化 』を実現させるために新しいブランドを立ち上げます!



『 unito 』は 「都会の暮らし」の新しい形を提案する、住まいのブランドです。

 “ 誰もが自分にあった理想の 「暮らし」 を不自由なく実現できる世界をつくる “

そんなミッションを掲げています。


『 unito 』は、「ホテルに泊まる」「家に住む」を融合させた日本初の暮らしのサービスです。

わたしたちは、

により、「都会の暮らし」の新しい形を提案する、住まいのブランドです。


『 unito 』で住むことができるお部屋は東京23区内、特に山手線の内側につくり始めます。

都心に住まい、移動時間を短縮することにより、就業前・後の時間に余裕が生まれ、「より豊かなライフスタイル」を送れるのではないか、と考えています。


 ユニットハウスは、あらかじめ造られたフレームを組み合わせることで、

用途に最適化された、様々な建築空間をつくり出すことができます。

unitoでは、ベッド、戸棚、衣装ケースなどが一体となったユニットハウスをご提供します。

「ミニマリストまではいかないけど、最低限必要なものがあればいい。」

 そんなミレニアル世代の価値観をくみ取り、「暮らしの最適化」を突き詰めた結果、生まれたお部屋です。


「休日は旅行に出かけるので、家を空けることが多い」

「出張が多くて、家に帰ることが少ない」

どれだけ家に帰らなくても、毎月同じ家賃を支払うのは、勿体無いと思いませんか?

unitoは、『自分が住んだ分だけ家賃を支払う仕組み』になっています。

 

「連休で帰省している日」「休日で旅行に出かけている日」などを、unitoのアプリケーションから、ワンタップで指定することで、指定した日の外泊分が翌月の家賃から差し引かれます。

*アプリケーションはIOS版のみ提供予定(2020年3月ローンチ )

*申請したら必ず月額使用料から差し引かれます。


あなたがお部屋に帰らないときは、自分のお部屋がホテルに変わります。

ホテルとしてゲストが宿泊した際のお部屋は、お部屋を貸し出す前よりも、わたしたち運営チームが綺麗に清掃してお返しするのでご安心ください。

 *お荷物は部屋の中にある鍵付きスペースに収納することができます。


今回、unitoをつくるにあたり、色々な人に理想の活用の仕方を聞いてみました。







 オープンは3月を予定しています。

 unito Chiyoda は、5階建ての雑居ビルをリニューアルしてOPENします。

 全30部屋を用意し、全3フロアを男性用フロア、女性用フロア、に分けます。

また部屋はミニマムですが、共用部のラウンジは広く、コインランドリ、無人コンビニなど、暮らしに欠かせないものから、あったら良いものまでコンテンツに富んだ場所をつくります。

解体中の様子 ↓ 



2022年までに都内に10棟、500部屋をOPENさせる予定です。

暮らしに最適化されたハードウェアを、これから検証を重ね、より良いものにしていきます。



誰しもが違うように、誰しもの暮らしも違います。

私たちが目指す家は、摩擦がない家です。ライフスタイルの土台であるべき、暮らしだからこそ、全く意識しなくなるまで心地よいものをユーザーに届けるのをチームミッションに掲げています。

ひとつの備品から、サービスコンテンツまで、全てはユーザーの摩擦なきライフスタイルの土台のために考え抜いて、サービスをつくってまいります。  

Unito,Inc CEO 近藤 佑太朗


「住まい」という領域であたらしい試みを続けてきたなかで、

今回その大きな起点となる挑戦として「unito(ユニット)」プロジェクトが始まりました。

アイデンティティを軸にデザインを行ってきたわたしたちCIALは、

この「unito」が今の社会の文脈の流れのなか、どんな意味と意義を帯び、結果としてどんな世界観をつくっていくのか?

ということに真ん中から向き合いながら、ひとびとの「居まい」を変えていくきっかけを共につくっていければと思っています。

CIAL,Inc CEO 戸塚 佑太


「立って半畳寝て一畳。天下とっても二合半。」

ということわざがあるように、慎ましくも天下を狙う若い世代は、最小限かつ自分だけの空間を都市の中に求めています。

私たち設計チームは、快適で便利で愛着のわく、新しい住まいをかたち作っています。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

頂いた資金は一号店であるunito Chiyodaの施工費および備品購入費に充当いたします。

2020年、私たちは既存のサブスクである暮らしに、よりパーソナライズされた料金システムやハードウェアを創り、未来の暮らしを世の中に提案していきます。


*ご利用にあたっての留意点 施設利用の注意点などが記載されています。

https://bit.ly/36SJfxr

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください