「ホリスティック」とは「全体・関連・バランス」を意味する言葉です。一つの症状だけでなく、身体・精神・環境の調和を図りバランスをとることで、「自然治癒力」を高めるための「ホリスティック・ケア」。人とペットの幸せな暮らしため、毎日の暮らしの中に取り入れて頂きたいケア方法を紹介する施設を造ります!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

福岡市でワイン教室を開催しております、La cave de Montagneの山室裕子と申します。

長年ワイン教室を続ける中で、生徒さんたちの感覚が敏感になっていくのを間近で見て、感覚を磨くことの重要性を感じ、ワインテイスティングを応用し、かねてより学んでおりました薬膳(東洋医学)の考えを取り入れたプログラムを考えました。

その上で、感覚のトレーニングは、1か所ではなく他の場所も使った方が効果が上がりやすいことに気づき、身体全体の色々な感覚を意識して使い、身体の発する声を聞く力をつけるため、ホリスティック・ケアに役立つ各種講座を開催する施設を設立することに致しました。

このプロジェクトで実現したいこと

ストレスが多く、体調を崩しがちな現代人に、色々なケア方法をご紹介することで、自分に合った方法で、自分の身体とココロを整える方法を見つけて、健康で、美味しく食べて、楽しく飲める毎日を送ってもらいたい。

そして、自らだけでなく、家族や、家族同様のペット達にも、健康で楽しい毎日を過ごしてもらいたい。

そんな思いで、色んな感覚トレーニングの実験室、「ファイブ・センス・ラボ」を立ち上げ、ホリスティック・ケアのお手伝いをしたいと思っています。

そして、ファイブ・センス・ラボでは、「動物たちへのホリスティック・ケア」の一環として、シッターや預かり、老犬・老猫ホーム業務に取り組んでいきたいと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

これまで、ごくごく小規模ですが、犬猫の保護を行ってきました。

保護というのがおこがましい位、お世話をしているように見えて、実は、大きな生きる力をもらっているのは私の方です。

大切な大切な家族ですから、仕事で不在の時、病気で世話ができない時、あるいは、もし万が一の場合、世話が行き届かなかったり、行き場を失くしたりしたらどうしよう、と心を悩ませ、この子達を託せる施設があれば良いのに、と感じていました。

そんな中、昨年、とても辛かった時期にいつも寄り添ってくれた飼猫、杏露をリンパ腫、パンチを膵臓がんで亡くした時、獣医さんにも大変お世話になりましたが、どの治療も効果がないとわかり、せめて、痛みや苦しみを出来るだけ軽減してやりたいと思っていたところ、ご縁があって、緩和ケアとして「無憂扇会びわきゅう」を始めました。

残念ながら、2匹とも診断された余命よりは長く生きてはくれたものの、相次いで亡くなりました。

しかしながら、最期の日の2~3日前まで、弱りながらも食事を摂り、トイレにも自分の足で歩いて行き、持てる生命を全う出来たのではないかと思っています。

自分の最期の時を考えた時、そんな風に潔く旅立てるかどうか自信がありませんが、日々感覚を鍛え、自らの身体が発する声に耳を傾けて暮らすことで、上手に少しずつ老いていけたら良いなと思い、身体全体の調子を整える「ホリスティック・ケア」を志しました。

ご縁があって、色々な治療法や考え方の先生方に恵まれ、このご縁を他の皆さんにも、そして他の動物たちにも伝えていきたい、と切に思い、施設を立ち上げることにしました。

人の身体とココロへのケアはもちろん、動物達のケアも行います。

また、動物たちを預かったり、託すことが出来る施設を造ることで、飼い主さんたちの身体やココロの負担を軽減することもまた、ケアの一つとなってくれると信じています。

資金の使い道

ラボを始めるにあたり、施設の開業資金を準備しておりましたが、改装が始まる時になって、建物の水漏れから漏電し、その水漏れのための改修費が別途かかることになってしまいました。

建物のオーナーさんからは、破格の家賃で物件を貸して頂いており、当初より、建物の補修費用は当方持ち、という条件があり、費用捻出のため、クラウドファンディングを思い立ちました。

リターンについて

リターンは、ホリスティック・ケアのセミナーや体験会、味覚トレーニングの受講等を予定しております。

実施スケジュール

既に、福岡市より、「第一種動物取扱業登録証」の「保管」(シッターや預かり業務)、「その他」(老犬・老猫ホーム)を取得済みです。

12月中旬より、まずは建物の水漏れ対策の補修が始まり、1月にはセミナールームの改装を行います。

2月初旬にオープン予定、各種講座の開催に向けて、調整を始めているところです。

最後に

動物たちから、最期の時まで自分らしく生きるという姿勢を学びました。

現代医療とホリスティック・ケア、双方のバランスを取りながら、毎日の生活の中で身体とココロを整える術を身に着け、自分らしく、健康で、楽しく穏やかに暮らすお手伝いが出来るよう、講師の先生方と協力して、ホリスティック・ケアに役立つ、各種療法をご紹介していきたいと思っています。

また、動物たちの健やかな生活のため、施設として尽力致しますし、飼い主さんに向けて、各種ケア方法も紹介して参ります。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

ご支援頂く皆様方にも、一緒に健康になって頂ければ良いな、との願いを込めて。

  • 2020/01/07 19:17

    先日、工事費節約のため、引っ越し先の壁紙はがしを行ってきました。誇りまみれになりながら、松の内からお手伝い頂きましたボランティアの皆様、ありがとうございました!!次は壁を拭いて、ペンキを塗る下準備。頼もしい助っ人として、スチーム洗浄機をお借りしました。配管や電気工事、器具取付等は、信頼できる専...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください