「Newmero bricks」はデンマーク生まれの知育玩具。3歳~9歳前後までの幅広い年齢のお子様に楽しく遊びながら数学を学んでもらいたいと開発されたブロックです。遊び方も数多くあり工夫次第でこれからも遊び方が広がる商品!!

▼なぜ知育玩具なのか

子ども達にとって遊ぶ事は脳の活性化や発達に効果的です。

子ども達は遊びの中で自主性や問題解決能力、継続する力等様々な事

を学びます。知育玩具はそのツールとしてとても役立つ物だと考えて

います。

現在の日本の教育では「詰め込み式」の教育が行われ「考える力」や

「決断力」が十分に育っていないと思います。

今後グローバル化が進む中で「考える力」が重要視されてきます。

質問力や自分の意見が伝えられる力を身につける事が大切です。

また既成概念にとらわれず新しい考え方を生み出す柔軟な思考

も必要不可欠です。

私達は知育玩具を通じて学ぶ事のきっかけを作りをしてほしい、

楽しく遊びながら学ぶ事を通じ自由な発想力を伸ばし、その積み重ね

を将来に役立てて欲しい、ひいては日本の教育力の向上に貢献したい

と強く願いこのニューメロの販売に至りました。


▼開発のきっかけは学校からの電話から

「Newmero bricks(ニューメロブロック)」はデンマークに住むご夫婦の

開発された玩具です。ご夫婦のお子様の通う学校からの一本の電話が

きっかけで開発が始まりました。

「数学の能力が素晴らしいので大切にしてあげてほしい」その言葉を

きっかけにご家庭でもお子様と一緒に勉強を開始。

始めは紙を活用して勉強されていましたがすぐにボロボロになるので

ブロックが作れないかと考え、色々な試行錯誤をし現在のブロックが

完成しました。


▼知育玩具ですが「楽しく」が大切

「Newmero bricks」は見た目はシンプルで教育色が強いと思われがちな

ブロックですが・・・それだけではありません。

楽しく学べる工夫が沢山盛り込まれています。子供が遊びたいと思う

気持ちを大切にされている玩具です。


▼ブロックへの工夫

ブロックへの工夫 その1「ブロックの表面に指紋が残らない」

試作品の段階では表面がツルツルで触ると指紋が沢山ついていたが

沢山さわっても指紋が目立ちづらい素材に変更


ブロックへの工夫 その2「凹凸があり子供が触りたくなる形」

子供達にとって触って指先に刺激を与える事は脳を活性化するのに

とても大切です。子供達が触って遊びたくなるようブロックに色々な

感触が体感できる工夫があります。


ブロックへの工夫 その3「文字の練習ができる」

ブロックの表面に書いてある文字は手書き感のあるフォントです。

これは子供達が実際に文字を真似て練習できるようにとのこだわり

があります。


ブロックへの工夫 その4「ブロックの色への配慮」

色盲の子供達の為に色にも配慮されています。

色々な色でブロックを作り見分けが難しい色は使われていません。


▼ブロックの遊び方

年齢に合わせた沢山の遊びが用意されています。

例えば・・・

☆1~10までの数字を並べる
 この遊びを通じて数を数える(数唱)練習


 ☆どちらのブロックの数字が大きいかな?
 この遊びを通じて数の大きい、小さいの理解を深める
 (文字とブロックの突起で理解)


☆「138」という数字(数はなんでもいいです)
 この遊びを通じて数の構成の理解を深める
 「138」は「100」と「30」と「8」でできている


☆数字を学ぶにはまだ早い年齢のお子様にはブロックとして
 数への興味や指先への刺激で脳の活性化にもつながります。

 年齢が上がった際には同じようにブロックで形を作り、
 数字をすべて足す「重さはいくら?」というような遊び方も
 できるようになります。

 

遊び方を分かりやすく動画でご紹介!!

遊び方はまだまだ沢山あります!!

説明書以外にも自分で色々遊び方を考える事もできます。


▼ご家庭だけでなく教育機関でも活用できる

海外ではご家庭だけではなく幼稚園等の教育機関でも

「Newmero bricks」を使った授業が行われています。

ご家庭向けの遊び方だけではなく教育機関を対象とした

遊び方も沢山あります。


▼子供だけではなく高齢者施設などでの活用

簡単な数字を使ったゲーム等ができるので子供だけではなく

高齢者を対象とした脳トレとしても活用できると考えています。


▼セット内容

【大セット】

・黄色ブロック(1~9のブロック) ×2セット

・緑色のブロック(10~90のブロック) ×2セット

・青色のブロック(100~900のブロック) ×2セット

・オレンジ色のブロック(1000~3000のブロック) ×1セット

・収納袋×1枚

・説明書


※沢山の遊び、学びがしたい方には大セットがおすすめです!!


【小セット】

・黄色ブロック(1~9のブロック) ×2セット

・緑色のブロック(10~90のブロック) ×1セット

・収納袋×1枚

・説明書


※興味を持つか試したい方、プレゼントにおすすめ!!



▼プロジェクトに関して

「Newmero bricks」の販売目的

「Newmero bricks」は知育玩具の分類として文字や記号を教える

知育玩具にあたります。数字への好奇心、数字に興味がないもしくは

苦手な子供達にその意味を楽しく理解、深めていく玩具です。

日本にはあまりないデザインのおもちゃですが海外では数々の賞を受賞

しています。

21世紀型の新しい教育「STEM教育」が世界各国で導入され始めています。

STEM教育の根底には「自分で学び、自分で理解していく子供」を育てる

狙いがあります。子共達の「考える力」が今後重視され、学習が楽しいと感じる心、

新しい事を学ぶ喜びを感じる心が重要になってくる中でこの知育玩具の活用ができる

のではないかと思い、教育現場やご家庭での学習ツールにしたいと考えております。

株式会社 岩多屋は「Newmero bricks」の正規販売店です。

※STEMとは

 科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)

 のそれぞれの頭文字を取った教育分野を総称した言葉です。


▼世界で認められ受賞


▼教育者による研究も行われています

▼資金の使い道について

商品の輸入費とお手元に届ける為の費用として使わせて頂きます。


▼活動状況

・幼稚園でのモニター

・3歳~10歳までのご家庭でのモニター

モニターをお願いした子ども達が動画を作ってくれました!!



 ※モニターに関しては遊び方の冊子を渡し遊んで頂きましたので
  こちらから指導はしておりません。色々考えて遊んでくれています。
  子供達の発想は自由で楽しいです。

 【モニター感想】

 ☆数字がまだ理解できないのでブロックとして遊んでいた。
  もう少し大きくなれば他の遊びにもチャレンジしたい。
  (3歳・男児保護者) 

 ☆子供達が説明書以外の遊びも考えて遊んでいたので発想力を育む
  のにも良い。
   (年長、小学生兄妹保護者)

 ☆兄妹で教えあっている姿が見れた。年の離れた兄妹でも遊べた。
   (幼稚園、小学生兄妹保護者)

 ☆学習の導入として色々な遊び方ができたが指導する方も遊び方や目的
  を理解できればより効果的だと思います。
  (幼稚園関係者)

 ☆一人でも遊べるがお友達との遊びや指導者がいた方が集中力も持続し
  楽しそうだった。
   (幼稚園関係者)


▼最後に

日本ではまだあまり知られていない商品になります。

現在ある遊び方だけでなくまだまだ無数の遊び方ができる商品です。

「楽しく学ぶ」に貢献しこれからを担う子供達の未来が明るいものになれば

と思います。

Twitter(@iwatayaP) にて随時情報も発信中ですのでぜひシェアして

頂ければと思います。

またこんな遊びができそう!などのご意見など頂ければ幸いです。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

皆様からの熱いご支援を心よりお待ちしております。

最後までお読み頂きありがとうございました。


  • 2020/04/17 13:15

    まもなくクラウドファンディングが終了します。全国に緊急事態宣言も出て、お家での時間が長くなりそう・・・なかなか学校にも行けない・・・そんな時に学習ツールとしてぜひ使って頂きたいです。お家での時間を有効活用しましょう!!最終日も近いですがぜひご支援よろしくお願いします。

  • 2020/04/08 13:55

    ニューメロは海外の知育玩具なので説明書、遊び方すべてが英語、ドイツ語等で書かれています。それではニューメロの良さは伝わらない!しっかり学習してほしい!という事で翻訳した説明書、遊び方説明書を作製!!ご支援頂いた皆様に無事お届けできます。遊び方も沢山あるのでぜひ引き続きご支援よろしくお願いします!!

  • 2020/04/06 14:56

    クラファンももうすぐ終了!!!まだまだ知名度の少ないニューメロですがもっと多くの方に知ってもらいたい!!外出自粛が長引いているお子様やお孫様達の室内遊びツールとしてまた休校が続いていて学習面でも心配・・・こんな時だからこそ自宅学習ツールとしてニューメロが役立てるはず!!ゲーム感覚で算数の勉強が...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください