【新着情報】

 目標金額500万円、達成いたしました!応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます!

 ネクストゴールとして、800万円を目指していきます!!!

 使い道としては園舎の設立資金のほか、カラマツ薪ストーブ2台・井戸の設置費用に充てさせていただきます。災害に強く、石油燃料などに極力頼らない循環型の園舎を目指すうえで欠かせない設備になります。

 引き続き、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします!

【新リターン追加!!】

さくほの恵みギフトPREMIUM

詳しくはページ下部をご覧ください!


 はじめに、ひとこと

 はじめまして。森のようちえん「ちいろば」園長の内保亘です。

 8年前にちいろばが掲げたビジョンがようやく形になってきました。これからその全貌をお話しします!

※森のようちえん「ちいろば」は特定の宗教や思想は取り入れていません。


 "0歳から100歳までの子ども達と共に"つくる村づくり

 僕はこれまで「多様な人達と繋がりあい、いつまでも笑いあえる場所を作りたい!」と本気で思ってきました。

 それは言わば「村」のようなもの。

 その真ん中に何があったらワクワクするかを考えた時に「子どもから始まる何か」がキーワードとして浮かび、今の「森のようちえんちいろば」は生まれました。

 子ども達はいつでもまっすぐで「ワクワクすることに今すぐ挑戦したい!」 というエネルギーに満ちあふれています。 そして常に自然体で、無条件に人を愛する心をもっています。

 僕は、この「まっすぐさ」や「自然体でいられる心」のことを”子ども心”と呼んでいます。そして僕ら大人も、子ども達がまんなかにいることで”子ども心”を思い出すことができるんです。

 夢や希望を語りあいながら、 0歳から100歳までのすべての人たちが子ども心をもって自分たちの村を作り上げていく。 

 これが、僕たちが掲げる村づくり構想です。


 ありのままの自分で、繋がりあえる場がここにはある

 都市部からこの地に移住されたお母さんは、ある時こうつぶやきました。 

 「ここに来て本当に息がしやすくなった」 

 「ありのままの自分でいられる」と。

 ちいろばが開園してから8年。 本当に人と人とが自然体で繋がりあえる コミュニティに育ってきたと感じます。 

 そしてこれから先、都市部や地方といった枠を越え、よりたくさんの人達とワクワクする未来を作っていきたいと思います。肩書きや社会的な鎧を外して、ありのままの心をもって繋がりあいましょう!


 自分達の村をデザインする。

 村の予定地は自然に囲まれた広大な土地です!

■「秘密基地のような小屋を作る」

■「田んぼに思いきっりダイブ!」

■「星空をみながらハンモック」

などなど…

 子どもの頃に描いた「夢」を仲間と一緒に実現していけます。自分達の村を自由にデザインできるんです。

 実際に、実現しそうな具体例を挙げると・・・

 森の中でオープンカフェを開いて地域の人たちを招待する。


 ちいろばに訪れた人が宿泊できる山小屋のセルフ・ビルド。


 大人も子どもも自分を表現できるアトリエを建てる。


 こうした夢を1つ1つ積み重ねていくと・・・

 やがては僕達が描いた理想の村が実現されます!!

 僕たちと一緒に、ワクワクする未来をデザインしてみませんか?


 村づくりの第一歩。多様な人達が繋がる園舎をつくる。

 僕たちの村の実現のはじめの一歩となるのが、ちいろばの新園舎の設立です。

 園舎の敷地だけで1500坪。日々の保育はもちろん、多様な使い方ができることを前提とした設計で、週末に園舎や園庭をシェアリングすることも可能です。

■満点の星空の下で映画鑑賞

■焚火を囲んで語る会

■音楽フェス

などの自由な企画を実現できます。

 また、園舎の建築は自分達で手を入れていきます。先日は園舎の柱になる木を自分達で切り倒し、皮むきワークショップをしました。これには子どもから大人までたくさんの人たちが参加してくれました。

 そして今後は

■園舎の土壁づくり

■アトリエのセルフビルド

などを計画中。

 このプロジェクトに支援してくれた方々にもぜひ関わってほしいと思っています。

※今回ご支援いただいた資金は、ちいろばの新園舎設立のための資金(総額4000万円)に全額あてさせていただきます。 


 「かたりば」で夢を語ろう。

 ちいろばの一日は輪になって座り、自分が伝えたいことを話したり相手の思いに耳を傾けたりするところから始まります。

 この対話の文化をより具体的に引き継ぎ、園舎の中に子どもも大人もすべての人たちが夢を語りあえる場所「かたりば」をつくります。

例えば…

■ 寄り合い

 時にはお酒を交えながらとことん語り合う場

■ プロジェクト・ミーティング

 夢を具体的にするための、ミーティングやワークを行う場

■ 各種イベント

 コンサート・上映会・研修会・講演会などに使用する場

など

 子どもだけではなく大人も子どもも混ざり合い、これから起こるたくさんの‶ワクワク”を語りあうための場所にしたいと思います。


 首都圏でも「かたりば」やってます!

 首都圏や地方・あるいは海外など、どこにいたって繋がりあえる仕組みづくりを考えています。

 これまで月に1回程度、東京・神奈川・群馬などでこれからの夢を語りあう「村民会議」を開催してきましたが、もっと気楽にお酒を酌み交わす「寄りあい~首都圏バージョン~」なども計画しています。

 また、幅広い方にも参加していただけるよう、ZOOMを使ったオンライン「かたりば」を始めました。

 こうした時代だからこそ柔軟に変化しながら、様々なカタチで繋がりあえる仕組みを作っていきます。


 さいごに、ひとこと

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました! 村づくりプロジェクトは動き出したばかり!真っ白なキャンパスにあなたも夢を描いてみませんか!?

 今回のリターンには、僕たちのイメージする未来の故郷を肌で感じていただけるものを中心に企画しました。ご支援、よろしくお願いいたします!

=================

ちいろばをもっと詳しく知りたい方は

この先もご覧ください!


森のようちえんとは?

 森のようちえんとは、自然を利用した保育や幼児教育のことです。形態は自主保育から一般の認可園までさまざまで、地域の特徴を活かした森のようちえんが運営されています。


ちいろばの日常

ちいろばの日常動画をご覧ください!


さらに詳しく知りたい方は、下記をご覧になってください!

Facebookはこちらから!➡https://www.facebook.com/Waldkindergarten.Chiiroba/?ref=bookmarks

ブログはこちらから!➡http://chiirowald.livedoor.blog/


佐久穂町ってこんなところ!

 佐久穂町は人口11,000人の「暮らしにちょうど良いサイズ」の町です。

 山すそには深い緑の苔の森が広がり、「日本一美しい白樺林の群生地」があることで知られています。

※佐久穂町の詳細はこちら!➡https://yachiho-kogen.jp/


▼リターンに関わる人達の紹介▼

BIOSK さくちゃん(櫻井正喜)


 2018年に佐久穂町に移住し、ちいろばで次男・三男がお世話になっております。BIOSKというオーガニック野菜の八百屋を経営しています櫻井です。八ヶ岳が産み出す清流と、全国から選りすぐりオーガニック農産物を使って何か美味しいものを産み出せないかと思い、移住を機に加工所を開設しました。食卓をいつもよりちょっとだけ楽しくするビオスクの瓶詰め商品をどうぞお楽しみください。

BIOSKホームページ  http://www.biosk.biz/ 


織座農園 のりこさん(窪川典子)

  織座農園は北八ヶ岳標高1000-1200mで有機農業を35年実践。 永年愛して手をかけてきた土は柔らかくてフカフカでとても良い香りがします。 ちいろばの子どもたちは、ここで大地の優しさに触れ、 典子さんの野菜を食べると その甘さに目を丸くして「おかわり!」 と叫ぶ。 そんな愛情たっぷり、 長年培ってきた野菜には 滅多にお目にかかれないでしょう。 織座農園は、これからも 豊かなコミュニティーと共に歩み、 皆さんに本物の野菜を届けます。 

典子さんとわたにいの繋がりが分かる動画


中棚荘はりこし亭 あっきー・しほさん(横田顕・横田志穂)

 小諸市にある食事処はりこし亭は築100年を超える古民家を移築し、国の登録有形文化財に指定された建物です。ちいろばっ子の保護者でもある店長の横田夫妻は自然体で持続可能に生きられる生活を目指しており、提供する食事も県内産や無農薬食材にこだわり、子どもに安心して食べてもらえるよう心がけています。

中棚荘ホームページ

 https://nakadanasou.com/

山村テラス だいごさん・はるる(岩下大悟・岩下陽香)


 佐久穂町には「一棟まるごと貸切の、ゆったりと滞在できる山小屋」があります。

 その名は“山村テラス~Sanson Terrace ~”

 オーナーの岩下大悟さんは、フィンランドでの滞在を通して「自然の中にゆったりと身を置くことの豊かさ」を学び、セルフビルドで”山村テラス~ Sanson Terrace~”を建築。

自然豊かな環境で特別な時間を味わえる、ぜいたくな空間です。

山村テラスホームページ

  http://sanson-terrace.jp/ 


【追加リターン!】

さくほの恵みギフト PREMIUM

さくほの恵みギフト PREMIUM は、信州南佐久さくほの特選カタログギフトです。千曲川上流域、北八ヶ岳山麓の豊かな陽光と湧水で育てられた、旬のリンゴやプルーン、季節の野菜、信州サーモンやきたやつハム、黒澤酒蔵のお酒、ジュースやジャム、お花のアルストロメリア等10品から選べるカタログギフトです。
販売者:有限会社 四ツ目屋


  • 2020/06/06 19:45

    4月22日より始まったちいろばのクラウドファンディングですが、あと数時間で終了します!これまで延べ320人の方にご支援いただきました。新型コロナウイルスで不安を感じる中でのスタートでしたが、たくさんのご声援をいただき、明るく前向きにプロジェクトに取り組むことができました!!なにより、今回のクラ...

  • 2020/06/06 08:48

     大変ありがたいことに、みんなに笑いと遊び、文化芸能を届けるため、全国を飛び回っている「ただじゅん企画」https://www.facebook.com/Tadajunkikaku の多田純也さんが、ちいろば応援動画を送って下さいました。とてもステキな応援動画です。出逢いは、長野県東御市で開催...

  • 2020/06/05 20:00

     ちいろば第三期卒園児の母のデイビス千穂と申します。  私は、私がちいろばで学んだことをお話ししたいと思います。  私は佐久穂町の前身のひとつ、八千穂村の出身です。 両親共に愛媛県出身の移住者で、子どもの頃からアウェイ感を感じながら生きてきました。 八千穂村の自然が大好きだけれど、人間関係が苦...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください