サクソフォーン界で最も権威のあるコンクールのひとつ、第7回アドルフ・サックス国際コンクールで見事優勝した【齊藤健太】の凱旋コンサート開催にあたり、開催費のご支援をよろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

プロジェクト実施にあたって

こんにちは。齊藤健太凱旋コンサート実行委員会です。
この度、齊藤健太の「第7回アドルフ・サックス国際コンクール」優勝を記念しまして、凱旋コンサートを急遽開催することといたしました。
テレビ・ネットをはじめ、国内各所で取り上げられた今回の快挙を是非ともより多くの方と共有したく、また、世界的コンクールで優勝した齊藤健太の音色と音楽をいち早くお届けする機会を設けたいことから、この公演を開催する運びとなりました。

ご存知の通りコンサート開催には様々な経費がかかるもので、この度の凱旋コンサートにご賛同いただける方からご支援を賜りたく、クラウドファンディングという形を取らせていただきました。


このプロジェクトで実現したいこと

「齊藤健太 第7回アドルフ・サックス国際コンクール優勝記念凱旋コンサート」
◆日時 2020年1月18日(土)18:15開場 19:00開演
◆会場 文京シビックホール 大ホール
◆出演 齊藤健太(サクソフォーン)、AKIマツモト(ピアノ)、松元宏康(指揮)、ブリッツフィルハーモニックウインズ
◆プログラム 〔第1部〕(Pf.AKIマツモト)
       無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番 よりアルマンド/J.S.バッハ
       牧歌と田園風舞曲/R.コルニオ
       霧雨の白熱/B.マントヴァーニ
       ソナタ/F.デュクリュック
       〔第2部〕(ブリッツフィルハーモニックウインズ)
       サクソフォーン協奏曲/A.グラズノフ
       青春の輝き
       宝島

この公演では、実際にコンクール予選・ファイナルラウンドで演奏した曲を中心にお届けいたします。
第1部の齊藤健太ソロステージでは、今回の影の立役者であるピアニスト「AKIマツモト」も出演。ベルギー・ディナンで優勝を分かち合ったパートナーとの演奏も必聴となります。


資金の使い道

会場費・チラシやポスター制作などの広報宣伝費・リターン制作費等に使わせていただきます。


リターンについて

====================
クラウドファンディングに参加してくださった皆さま全員に
★限定ムービー付サンクスカード
★当日パンフレット
を後日お届けいたします!
====================

◆3,000円コース \ NEW /
・当日パンフレットへの名前掲載

⇒この度、多くの方から寄せられた「少しでも応援したい...!」という温かい声を受けまして新しいコースをご用意させていただきました!

◆10,000円コース
・チケット(S席)1枚
・サイン入り記念ポスター(後日発送)
・当日パンフレットへの名前掲載

◆50,000円コース
・チケット(S席)1枚
・サイン入り記念ポスター(後日発送)
・当日パンフレットへの名前掲載
・凱旋コンサートDVD(3月下旬発送予定)
・プライベートレッスン1回
 ※1時間(日時は応相談)
 ※場所はJR駒込駅周辺〔東京都北区中里〕(別途会場代はかかりません)
 ※当日はスタッフが同行いたします
 ※学生さんの演奏・楽器に関するお悩み相談、大人の方の初心者レッスンも歓迎!

◆100,000円コース
・チケット(S席)1枚
・サイン入り記念ポスター(後日発送)
・当日パンフレットへの名前掲載
・凱旋コンサートDVD(3月下旬発送予定)
・プライベートレッスン3回
 ※各回1時間(日時は応相談)
 ※場所はJR駒込駅周辺〔東京都北区中里〕(別途会場代はかかりません)
 ※当日はスタッフが同行いたします
 ※学生さんの演奏・楽器に関するお悩み相談、大人の方の初心者レッスンも歓迎!


最後に

全部で1802席の大規模なホールでリサイタルを出来る、こんな名誉な機会はそうありません。
コンクールで演奏した作品たちを、コンクールを共に勝ち抜いたピアニストと絶大な信頼を置ける仲間たちと再演するこのコンサートを心から楽しみにしています。
大成功に終えるために、皆様のご支援を賜れれば幸いです。

齊藤健太


齊藤健太プロフィール

東京都出身。
2015年、洗足学園音楽大学卒業、同時に優秀賞を受賞。2017年、東京藝術大学別科修了。
第31回及び第34回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第3位。第27回大仙市大曲新人音楽祭コンクール管楽器部門最優秀賞、並びに審査員推薦を受ける。 第9回国際サクソフォンコンクール ノヴァゴリツァ(スロベニア)第2位、第7回アドルフ・サックス国際コンクール(ベルギー ディナン)第1位
洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団とH.トマジのサクソフォーン協奏曲で共演(秋山和慶氏指揮)。
これまでにサクソフォーンを金井宏光、二宮和弘、須川展也、池上政人、林田祐和の各氏に、室内楽を池上政人、有村純親の各氏に、ジャズサクソフォーンを佐藤達哉、MALTAの各氏に師事。
Saxophone Quintet “Five by Five”では「KENTA」として活動。 Blitz Philharmonic Winds コンサートマスター。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください