主に90年代に数多くの映画・ドラマ等に出演。特に「仮面ライダーJ」「特捜エクシードラフト」などの特撮モノで印象深い悪役を多く演じた個性派俳優・神威杏次が、2018年から開始した映画製作の4作目。満を持しての豪華キャストが集結!した勝負作への製作支援を賜るプロジェクト。

残り数日!悲願の100%、奇跡の125%まで!何卒、お力添えを!

★追加リターン&キャンペーンリターン

◆「特製DVD」現場からお礼メッセージ、非公開トーク、本編映像チラ見せ 等
20,000円以上のコースに追加
※1月17日までにパトロンになった方は:15,000円以上で条件クリア(追加・合算OK)
◆「映画パンフレット」A4×4P~8Pフルカラー(ページ数未定)
15,000円以上のコースに追加。
◆「平塚千瑛さん直筆サイン入りマグカップ」【2月11日(火・祝)限り】(終了)
◆その他、期間限定・条件限定のリターン、各対象の方にお送りします(終了)

 当ページをご覧いただき誠にありがとうございます。製作・監督の神威杏次と、申します。『スモーキー・アンド・ビター』は、私が2018年から行っている自主製作映画の第4弾。長編としては2019年『ハートボイルド・フィクション』に続く2作目。作風は、持前であるクエンティン・タランティーノ風のライトなハードボイルドに、ガン・アクション、格闘アクションを加味し、一段と娯楽作を強めた内容です。満を持しての豪華キャスト陣を迎え入れ、よりクオリティを上げた勝負作としたくご支援を募るものです。何卒、ご支援・ご協力を賜りたく、何卒、よろしくお願い致します。 神威杏次

▼キャスト紹介PV

 主に1990年代、多くの映画・テレビ等に出演、特に「仮面ライダーJ」「特捜エクシードラフト」等の特撮モノでは、ほぼすべての特撮シリーズで敵役としてヒーローと戦う。また、一般映画やドラマでもメインキャストを多く経験。CX『総理と呼ばないで』では準レギュラー、『HERO』では最終回に登場するなど、190cmの身長を活かした個性派俳優として活動した。2009年の映画「GANTZ PEAFECT ANSWER」への出演を最後に、俳優活動は休止状態にあったが、2018年、突如、映画製作を開始、短編映画2本(「マイ・ガール」「アンナ-Anna-」)に続く初長編『ハートボイルド・フィクション』は、東京プレミア上映に続いて、大阪・シアターセブンでの大阪プレミアも実現。その独特の世界観を武器として脚本・監督・撮影・編集・製作・制作・宣伝…と、ほぼすべてのセクションをこなしている。

題名『スモーキー・アンド・ビター』
(SMOKY&BITTER)
上映時間:120分(予定)

【脚本・監督・撮影・編集】神威杏次

【出演』工藤俊作 平塚千瑛 萩原佐代子 / 坂本三成 萩田博之 中川ミコ 環みほ 蜂谷英昭 緒方夏生 加賀谷崇文 香月あや 川島芽生 可知杏奈 小林一三 /  栩野幸知 筒井巧 伴大介 望月祐多  神威杏次

 「sideA」「sideB」と題するふたつの物語が並行して展開する2話オムニバス形式の長編。「sideA」は、コメディ要素も散りばめたライト感覚のハードボイルド。「sideB」は超シリアスなクライム・アクション。従来の神威映画から、お色気、ガン・アクション、格闘アクション等の娯楽性を大幅にアップさせた120分の大作となる予定。

 「現場専任スタッフ0人」「監督と俳優だけの撮影現場」、究極の自主製作スタイルで撮影された前作「ハートボイルド・フィクション」では、神威杏次と蜂谷英昭以外の、俳優陣の現場手伝いは自由意志とされていたが、結果的には、多くの俳優たちが自分の出番がない日も現場に駆け付け、慣れないスタッフ作業に名乗りを上げた。映画製作費は全額を神威杏次が個人的に負担する、いわゆる「持ち出し」。神威自身の出演シーンは、なんと「自撮り」で撮影された。

 本作もほぼ同様のスタイルで撮影が行われる予定だが、今回、神威を信じて集結してくれた豪華メンバーに見合うだけの映画を作るには、皆様の応援、ご支援が必須です!

 神威杏次のキャスティング構想は、原則、脚本執筆と同時に行われる。それは、アテガキ(俳優を想定して脚本を書くこと)」が基本だから。アテガキする理由は「どうせなら、各俳優の魅力を最大限に活かせる役柄でお願いしたい」という考えから。同時に「存在意義の薄いチョイ役は作らない」方針のため、キャスト人数は多いながら厳選されたキャスティングとなる。今回も、多くの役がアテガキによって書かれた。

 「このメンバーが、俳優個々の持ち味・魅力を発揮したなら、それだけで物凄い映画になる。」と確信しています。

 どうか、この素晴らしいメンバーで、凄い映画を撮らせてください!

◆工藤俊作
 1982年から1987年にかけて菅原文太に師事。1988年から1989年には唐十郎主宰の「唐組」に参加。特撮では『地球戦隊ファイブマン』で銀河剣士ビリオンを演じて人気を博す。その他、数多くのドラマや映画で活躍。また、菅田俊率いる劇団東京倶楽部や、自らの作・演出作で舞台にも出演。現在、舞台「ヘンリー八世」出演に向けて稽古中。

◆平塚千瑛
 「2011 ミス・アース・ジャパン ファイナリスト」「2012 ミス・ユニバース・ジャパン セミファイナリスト」「2013 ベストボディ・ジャパン2013 レディースクラス グランプリ」…身長168cm B87 W61 H86、リアル峰不二子とも称される素晴らしいスタイルで、モデル・ドラマ・映画・バラエティに出演。2018年には、映画『私は絶対許さない』に主演、篠山紀信氏撮影によるセカンド写真集「CHIAKI」が発売された。

◆萩原佐代子
 高校時代からホリプロ傘下のモデル事務所でモデルとして活動。夏目雅子、浅野ゆう子らを輩出したカネボウレディサマーキャンペーンガールを務める。1980年に『ウルトラマン80』のユリアン、1983年に『科学戦隊ダイナマン』のダイナピンク、1986年には『超新星フラッシュマン』にレー・ネフェル役で出演し人気を博す。


◆坂本三成
 アメリカ留学中の2001年、ニューヨーク、ラママ劇場 グレートジョーンズ劇団メンバーとして舞台デビュー。近年では、紀里谷和明演出「ハムレット」 野崎美子演出「夏の夜の夢」などに出演。また「SK-Ⅱ」のCMで堪能な英語力を活かすなど、今後も国際的な活躍が期待されている。神威杏次いわく「神威組、不動の四番バッター」。


◆萩田博之
 殺陣では剣友会の一員として、またガンアクションは、元フランス外人部隊所属の細川雅人氏に師事し、舞台や映像で傭兵役やSAT隊員役等を歴演し定評がある。映画制作の現場にも精通しており、神威組では短編2作目「Anna」出演以来、俳優としても現場制作としても、もはや欠かせない主要メンバー。


◆筒井 巧
 1988年『世界忍者戦ジライヤ』で主演・山地闘破を演じたことで有名だが、特撮以外にも、数多くのドラマ・映画に出演、さらにはCM出演、アニメ・映画の声優としても活躍。『釣りバカ日誌』シリーズや『監察医・室生亜季子』シリーズでは長期に亘ってレギュラーで出演を果たすなど、八面六臂の実績を誇る。2019年『世界忍者戦ジライヤ』の忍術指導の縁で弟子入りしていた戸隠流忍術第三十四代宗家初見良昭に、戸隠流忍術第三十五代宗家に指名された。


◆中川ミコ
 2019年、12ヶ月連続コメディ舞台公演「遅咲会」を主宰し無謀とも言われた12ヶ月を完走。英語と韓国語を話せるグローバルさも持ち合わせ、その才能と果敢な行動力は、今後に大いなる期待を抱かせる。神威組では、2018年の短編一本目「マイ・ガール」で主演。「ハートボイルド・フィクション」でも、ポイント出演ながらその芝居巧者ぶりを如何なく発揮した。


◆伴大介
 1972年『人造人間キカイダー』の主人公・ジロー役に抜擢されて本格的デビューを果たす。その際、原作者・石ノ森章太郎に「伴大介」と命名される。さらに、1973年『イナズマン』で再び主演を務める。1990年代からは鶴田法男監督作品への出演も増え、特に『リング』シリーズでは全4作に出演。2014年公開の映画『キカイダー REBOOT』には前野究次郎役で出演している。


◆栩野幸知
 大学在学中に映画『仁義なき戦い・頂上作戦』で俳優デビュー。大林宣彦との出逢いがきっかけとなり、俳優業と並行して映画スタッフとしての活動を始める。ステージガンを作り、銃器の火薬効果を仕掛け、劇用刺青を書き、短編映画『高円寺ぶるうす』では監督を務め、本作の主演・工藤俊作氏を主演に迎えている。係わった撮影現場の数は数えきれない数になる。


◆望月祐多(ユウの字は正しくは「示」に「右」)

 1992年『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の主人公・ゲキ / ティラノレンジャー役に抜擢。1993年からはミュージカル『美少女戦士セーラームーン』に出演、「タキシード仮面」をはじめとする複数の役柄で、2001年まで同ミュージカルに出演した貢献者の一人。1994年、映画『仮面ライダーJ』の瀬川耕司役で主演。2005年頃に芸能界を引退。現在は岡山県にて、梅、蜂蜜などを生産する「三穂の郷農園」を経営しているが、引退後もイベントなどには定期的に出演、いまだに絶大な人気を誇る。
 ※今回の映画ではワンシーンの友情出演。出番は少ないながら、神威杏次とツーショットの共演シーンが予定されており「仮面ライダーJ」以来、26年ぶりの映像共演が実現することになる。

◆環みほ ◆蜂谷英昭
 前作「ハートボイルド・フィクション」に続き、神威がその演技力に信頼を寄せる環みほ。蜂谷英昭は、前作に引き続き現場制作でも重要な役割を担う神威組必須メンバー。

◆緒方夏生 ◆加賀谷崇文
 初参戦ながら、神威杏次が自身の脚本舞台でその魅力と実力を確認済の緒方夏生。舞台での実力に加え映像映えする悪童キャラを持ち合わせた加賀谷崇文。 

◆香月あや ◆可知杏奈
 国内・海外のアトラクションやモーションアクターとしても活躍する香月あや。神威杏次いわく「本作の秘密兵器」という可知杏奈も、その明るいキャラクターからは想像しにくい身体能力を併せ持つ。

◆小林一三 ◆川島芽生
 小林一三は神威杏次の長年の盟友であり、俳優引退して久しいながら熟練の存在感で魅せてくれるはず。川島芽生は「ハートボイルド・フィクション」のクライマックス・シーンで絶品の演技を披露し、舞台のみならず映像でもその実力をみせつけた。

 神威杏次こだわりのキャスティングで集められた総勢19名。劇中、存在感が薄い役はひとつもありません。それぞれが、必ず持前の魅力を発揮してくれると確信しています。

 神威組だからこそ実現できる、この多種多様な布陣。ここからどんな化学反応が生まれるのか。ぜひ、皆様の目で確かめていただきたい。


  2020年秋~冬【東京都内会場】にてプレミア上映会を開催します。

※日時・会場は決定次第発表致します。
 早ければ2020年1月中には発表、遅くとも4月までには決定・発表の見通しです。
 現在、9月上旬の開催を第一希望として、会場選定中です。
 必ず「土日祝」と致します。
 ※当日舞台挨拶登壇キャストは未定。
 ※舞台挨拶後に、ロビーでの当日来場キャストとの面談タイムもございます。

▼2019年9月8日「ハートボイルド・フィクション」プレミア上映会、舞台挨拶の様子。
今回も、同様に大スクリーン&劇場音響での上映を検討中です。

【プレミア上映会のチケットについて】

 当プロジェクトのリターンとして配布するチケットは、一般発売前の6月~7月にご案内する「専用予約フォーム」から日時指定予約いただくことで有効となります。必ず、ご案内が届くよう有効なメールアドレスをご記入ください。同時に、神威杏次のフェイスブックやTwitterを随時チェックください。

【第一目標額:160万円】

映画製作費:110万円
リターン経費:20万円前後
CAMPFIRE手数料:29万9200円

第一目標の映画製作費は「なんとか映画を作ることができるギリギリのライン」で設定致しました。よりクオリティを上げた映画にするにはネクストゴールの達成が必要です。

製作費追加:30万円※映画のクオリティアップ!
リターン経費追加:3万円前後
CAMPFIRE手数料追加:6万1710円

を加算した【200万円をネクストゴール】とします。

 さらに達成の場合は、英語字幕作成費:20万円、海外映画祭出品費用:15万円、上映会追加開催費…等のその後の公開支援に充てさせていただくなど、さらなるゴールを目指します。

 その場合のリターンとましては「謝恩パーティ」「キャストとの懇親会」等、皆様に喜んでいただける関連イベントの開催などを考慮します。(キャストの皆様のスケジュール等もありますため、現時点で開催のお約束はできません。)

 何卒、皆様のご支援を賜りたく、ご理解・ご協力お願い申し上げます。

 基本は「上映会チケット」+「エンドクレジットお名前記載」となります。ぜひ、この豪華メンバーのお名前が並ぶエンドクレジットに、ご自身のお名前を刻んでください。※エンドクレジットはご希望者のみ。ニックネームでもかまいません、
 エンドロールのお名前記載順(または文字の大きさ)は、原則「ご支援額順」とし、同額の方の中では「前回『ハートボイルド・フィクション公開記念プロジェクトにご支援いただいた方」次に「ご支援いただいた日時の早い順」で優先クレジット致します。

①3000円
密かに応援コース。お礼のメール、フライヤー画像(数点)をメール添付にてお届け。

②5000円
上映会通常チケット+エンドロールお名前記載
※通常チケットは名刺サイズの簡易的なものとなり、当日受付にてお渡し致します。当日、ご来場いただけなかった場合は、郵送等はございません。

③10000円
特製チケット郵送+エンドロールお名前記載+ご支援者様全員お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード
▼2019年上映会にて作成した「特製チケット」

④15000円
特製チケット2枚+エンドロールお名前記載+ご支援者様全員お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード+ご希望キャスト単独の記念ポストカード+映画パンフレット

⑤20000円
特製チケット2枚+エンドロールお名前記載+ご支援者お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード+ご希望キャスト単独の記念ポストカード+前作『ハートボイルド・フィクション』本編DVD+映画パンフレット+特製DVD

⑥25000円
特製チケット3枚+エンドロールお名前記載+ご支援者お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード+『ハートボイルド・フィクション』本編DVD+ご希望キャスト3名の単独の記念ポストカード+映画パンフレット+特製DVD

30000円(おススメ)
『スモーキー・アンド・ビター』本編完全収録、非売品DVD
『ハートボイルド・フィクション』本編DVD
『特製DVD』

※本作は、当分の間は劇場公開活動となりますため、DVDの販売は、早くても2021年の夏以降となります。早期に入手できる希少な機会となります。※発送は10月以降となります。
+特製チケット2枚+エンドロールお名前記載+ご支援者お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード+ご希望キャスト3名の単独の記念ポストカード+映画パンフレット

⑧協賛コー
50000円
『スモーキー・アンド・ビター』本編完全収録DVD+特製チケット5枚+エンドロールに「協賛」でお名前・会社名・屋号等を記載+ご支援者お名前入りサンクスフライヤー+映画のポストカード+「ハートボイルド・フィクション」DVD+ご希望キャストの記念ポストカード5名分+特製DVD+映画パンフレット

協賛特典
・東京プレミア上映会の後、大阪プレミアが行われた場合はご招待(現時点で開催の方向で考えております。2020年8月頃には開催の有無または状況を発表致します。)
懇親会・謝恩パーティが開催された場合はご招待(当プロジェクトの目標達成が最低条件となりますため、現時点で開催の予定はありません。開催の有無は2020年夏頃までに検討致します。)

⑨冠・協賛コース
100000円
『スモーキー・アンド・ビター』本編完全収録DVD+特製チケット10枚+エンドロールに加えて映画のオープニングに「協賛」でお名前・会社名・屋号等を記載+WEB宣伝、プレスリリース等の際にも「協賛(企業)」としてお名前を記載+サンクスフライヤー+映画のポストカード+「ハートボイルド・フィクション」DVD+ご希望キャストの記念ポストカード5種類+特製DVD+映画パンフレット

+出演者寄せ書きサイン色紙一枚(誰のサインが入るかは未定。出演者の内、5~6名のサインとなりますが、ご希望のキャストがありましたら極力、ご希望に添えるように尽力致します。)

+上記「協賛特典」

★リターンお届け 6月~8月予定
※『スモーキー・アンド・ビター』DVDのみ10月以降の別送となります。

==============

◆「備考欄」記載方法(必ずお読みください。備考欄は一般には非公開です)
1)必ず「ご自分のお名前」を記載ください(どなたからのご支援かわかるようにするためです)。
2)エンドクレジット記載の希望有無と希望のお名前を記載ください。エンドクレジット記載をご希望されない場合はその旨を記入ください。
3)どのキャストを応援するご支援か「応援キャストを1名のみ」記載ください。「特にいない」場合は記載なしでもかまいません。
4)キャスト個別ポストカードがリターンにあるコースの場合、リターン内にある人数分のご希望キャスト名を記載ください。同じ方のポストカード(同じもの)を複数枚でもかまいません。

※上記必要事項は、ご支援実行後、別途メッセージにてお知らせいただいてもかまいません、

◆免責事項(必ずお読みください。)

 映画製作前のご支援募集という性質上、やむを得ない事情により、出演者の変更や、映画製作や上映会の開催が延期になる場合もあり得ますこと、また最悪の場合は製作自体が不可能になることも可能性としてゼロではないこと、予めご了承ください。(その場合は、皆様に誠意をもってご説明をしご理解を賜り、代替キャストでの撮影や時期を変更しての撮影等、極力、映画の製作と上映会を開催する方向で尽力致します。)
・いずれの場合も、ご支援金の返金には応じられませんこと、ご了承ください。

プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください