2019/12/24、moku(2019/6/12生)との生活が始まりました。貧血や食欲不振、元々体調の良くなかったmokuは、胸水が見つかり、ウェットタイプのFIPである可能性が高いと診断されました。ほぼ100%命を落とすとされてきたFIP、現在では新薬MUTIANで治療可能とされています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

このページをご覧頂きありがとうございます。mokuの主人、雪と申します。mokuとのご縁は突然であり、また不安の多い状況でもありました。mokuと一緒に暮らすことになったわたしにできることは何か考え、同時に、わたしにできないことがあるということを悔いました。しかし、mokuはこれまでも現在もたったひとりで生きているわけではなく、わたしがmokuの限りを決めることはならないと考えました。2019/12/27の検査で胸水が見つかり、獣医と相談の結果、この日からmokuは入院することになってしまいました。これは年末年始の休診によって急激な悪化に対応できないというリスクを避けるためと、できるだけ早く治療を進めるためです。入院と同時に新薬MUTIANの投薬を始めています。これからも新薬MUTIANの投薬を続けるためには、みなさまのご協力が必要です。どうかよろしくお願いします!

2020/1/6(投薬11日目)、ほとんど無かった食欲も通常レベルまで戻り、ぐったりしていた状態から飛び回って遊びたがるほどまで元気になりました。元気な状態を定着させるためには、これからも投薬を続けていく必要があります。



このプロジェクトで実現したいこと

新薬MUTIANは、現在のmokuの場合、1日あたり2.80(体重kg)×100mg必要となり、これにはおおよそ7200円ほどかかります。そして、投薬は84日間(3ヶ月間)続けることを推奨されているため、単純計算では総額60万円ほどかかることになります。しかし回復していく過程で体重の増加を考慮すると、それ以上のお金が投薬にかかることになります。そのため目標設定を100万円とさせていただきます。


プロジェクトをやろうと思った理由

FIPが疑われ、たくさんの情報を集める中で、資金集めの手段としてこのシステムを利用している方々がいると知りました。初めは、クラウドファンディングなんて難しくてわたしにはできないのではないか、と希望を持っていませんでしたが、リターンという形でみなさまに返せるものがあるのなら誠心誠意努めようと思いました。なによりもmokuが可愛いくて仕方ないことが理由です。毎日の皮下点滴や強制給餌から解放したい、元気に遊ぶmokuに戻ってほしい、その一心です。


資金の使い道

新薬MUTIAN、通院費と入院費に当てさせていただきます。


リターンについて

mokuのオリジナルグッズをお届けします。ピンク色のものが大好きで、いつもぼーっとしているmokuをイメージしました。


実施スケジュール

《12/27 入院&新薬MUTIAN投薬開始》これから新薬MUTIANの投薬が84日間(3ヶ月間)続きます。血液検査等の結果や出資明細については、都度Instagramでご報告させていただきます。

instagram.com/mokumoku_pink


最後に

とっても甘えん坊で、ハグが大好きで、マグロとカツオとピンク色のものに目がなくて、怒らないで毎日沢山のお薬を飲んで、点滴も頑張って、いつもいつも一生懸命なmokuを、元気にしてあげたいです。どうか、よろしくお願いします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/01/19 16:49

    mokuの経過報告です。☆2020/1/10通院日。今日は外部機関へ出していただいた胸水のFIP検査の結果を教えてもらいました。結果は陽性。ほぼ間違いなくFIPとのこと。このまま治療を続けていくことに。続いてエコーでの胸水の検査。前回とあまり量は変わらないけどまだありました。しかしいずれ身体に...

  • 2020/01/11 00:43

    まずは、プロジェクトの説明に書ききれなかった部分を、きちんと時系列順にお話していきたいと思います。FIPの疑いのある猫ちゃんたちのためにもなればと思います。☆2019/11/初め頃多頭飼い環境で生活を始めたmoku、すぐに鼻水や目のショボつき等の風邪のような症状が出たそうです。食欲などは問題な...

  • 2020/01/11 00:22

    ・FIP FIP、猫伝染性腹膜炎とは猫コロナウィルスによって引き起こされる病気です。猫コロナウィルスはこのウィルスに感染している猫ちゃんとの接触や排泄物などからウィルスを摂取してしまうことで感染します。猫コロナウィルスはほとんどの場合感染しても無症状ですが体内でFIPウィルスに変異してしまうこ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください