これはLive Making Foundingです。1度きりでは終わらず継続することによって世界各地での公演を目論むという大所帯バンドならではの新しい試み。パトロンになってくださいと堂々といえる時がいよいよ来たのです。

プロジェクト本文

【☆.A All Stars campfiring】

これはLive Making Foundingです。
1公演をメイクするファンディングを積み重ねることでできた、とあるバンドの世界ツアーの前例を、一緒につくって欲しいのです。
ご支援お願い致します。
文字通り、パトロンになってください。

資金が集まるときもあれば、
集まらないときもあります。
真の目的があります。
失敗は恐れません。
毎回 All-or-Nothing 方式です。

>>All-or-Nothing方式とは
→目標金額を達成した場合のみ支援金を受け取れる方式。仮に目標金額に達しなかった場合、リターンの履行はせず、支援金は返金させていただきます。


ここで支援をお願いするのは、
☆.A All Stars 総勢10名からなるバンドを主宰する、NAOITO自身。
つまりわたしです。

来れる人も来れない人も、
行ける人も行けない人も、
チケットを購入するというやりかた。

現代的なバンド支援の仕方ではないかと、昨今つくづく思うのです。


来れない人は、Insta liveで生配信を観る。
毎回のハイライトシーンをアーカイブにしてネット上で公開する。

▶︎Instagram公式アカウントはこちら
▶︎YouTube公式チャンネルはこちら

これらはネット上の全世界で無料で公開されるということが、実は大切。

そしてだれでもどこからでも
海外からでも、支援ができます。
you can support this challenge from overseas and it is very welcomed!

>>海外支援について<<
海外からの支援は、クレジットカード(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)のみ可能です。

総勢10名の大所帯のバンドを指揮することは、
本当にそれはそれは大変でして、
ましてや更に運営するとなると、
とてもとてもわたしのような人間には向いておらず…

言い訳はさておき

公演のつくりかたを
『ギャラをもらって呼ばれて行く』から、

予約制のレストランでフルコースディナーのような『おもてなし』をする様に、
何か違う新しいかたちでやりたいと考えなおし、
更には大所帯バンドの経費という、
主催者にとっての大きなリスクをなくすことで、
公演そのものに何かポジティブな変化が起こせるのではないか
と思い、
このクラウドファンディングという形式に辿り着きました。


【☆.A All Starsについて】

バンドはこんな感じです。
ご覧ください。

2019年9月 ☆.A all stars
@The Room Shibuya Tokyo




参加メンバーは
NAOITO - vocal & as many
BOCCHI - keyboard
KIDS - alto sax
Saito Maki - flute
Iwami Keigo - contrabass
Nanjo Leo - drums
Nakamura Keisaku - keyboard
Kobayashi Yoshio - drums
Yusuke Yamamoto - vibraphone & synthesizer


【資金の使い道・リターンについて】

まずはじめにご覧いただきたいのが、
エクステンデッドゴールというシステムと、
そこにある真の目的です。

最低目標金額として、160万円を毎回の目標金額に設定しておりますが…


如何でしょう?

この時点で支援を決めてくださる方はこちらをクリック↓↓↓

Click ticket icon,then you can support
Overseas support is only available for credit cards (Visa / Mastercard / JCB / Diners Club / American Express)

もっともシンプルなカタチで、
チケット🎫¥3,000を購入していただく
というのをお願いします。
たとえひとりでも、複数購入可能です。

*支援画面にて、チケット枚数をお選び頂けます
*支援者様の任意で支援金を引き上げる「上乗せ支援」も可能です。

(例:3,000円のコースを10,000円で支援する) ただし支援したコース以上のリターンは入手できません。

正直、わたし自身これが1番楽で助かります。
少しでも楽器の練習やスタジオでの作業に時間を使いたいというのが、ミュージシャン本人の切なる願いです。

それでも
「いやいやいや。クラウドファンディングやるなら、高額支援したくなるようなスペシャルリターンや面白さがなければ、ぼく私たちはダメ」
という方達には、リハや打ち上げへの参加権、未発表音源、ライブ主催権などのリターンもご用意しましたので、詳しくはリターン一覧をご覧ください。

ここでようやく内訳を打ち明けます。

現在メンバーのうちのふたりは、ニューヨーク在住です。
ふたりにわざわざ帰国してもらう航空券代に、約30万円が必要になります。

また、300〜500人規模の厳選された各条件を満たす会場をおさえるためには、
50万円はかかります(安くても)。

さらに、10人の熟練のミュージシャンたちの出演料は、30万円 (安くてごめんなさい、まずは最低ギリギリラインから)。

カードやグッズの制作費&配送料、
そして、このシステムを提供してくれるCAMPFIRE社に納める17%+税の手数料……

160万円という目標額は、じつはとても低めの設定なのです。

【公演概要】

▶︎会場
Restaurant Bar CAY(東京・青山)
https://www.spiral.co.jp/shoplist/cay
▶︎日程
2020年4月4日(土)

*このクラウドファンディングが成功した際には会場レンタル費がご支援頂いた資金の中から支払われる為、会場となる青山CAYさんには営業保証が確保されます。
したがって、
ファンディング終了後に発送されるチケットをお持ちの支援者様のご入場後、先着順となりますが会場のキャパが許す限り当日足を運んでいただいた方はなんと!【入場無料】が実現可能となります!

*クラウドファンディングが上手くいかなかった場合、
ニューヨーク在住のメンバーを日本に呼ぶことはできませんので、
☆.A All Starsではなく、☆.A / NAOITOで日本在住のメンバーでライブを開催します。
そちらは完全チャージバック制。
チケット代は前売¥3000と同じ金額です。



なお、今後やりたいと思っている会場はこちら↓↓↓

WWW X(渋谷)
https://www-shibuya.jp/
京都モダンテラス(京都)
http://www.kyotomodernterrace.com/
OPPA-LA(江の島)
https://oppala.exblog.jp/

*会場は変更になる場合がございます
*開催時間など公演の詳細は確定次第、支援者様にメールでお伝えさせていただきます
*本公演のチケットは、CAMPFIRE上のみでの販売となります。一般販売はございません
*いかなる場合でも支援キャンセル及びチケットの返金は承っておりません


Who is NAOITO?

Kingdom☆Afrocks(2005〜2014)という、日本発のアフロビートバンドのフロントマンとして活動。

<自身のバンド『dotA』の2018年のレコード発売から今日までの略歴>

2018年7月、10inch vinyl EP1〜EP4の4枚を日本のレコードレーベルJazzy Sportからリリース。
松浦俊夫や沖野修也をはじめ、数々のDJ達に好んでかけていただく。
英国BBCラジオでもon airされる by Giles Peterson。
Gilles selects his artists to watch for 2019」に選出される。
Bandcamp Chief Curator - Andrew Jervis 『Bandcamp Weekly show』に選曲される。

2019年6月、正式にビザを取得し6名が渡航。
初の中国ツアーを、三都市(深圳、上海、北京)にて行なう(マスターマインド主催)。


2019年11月、フランス🇫🇷ナントのレコードレーベル180gから6曲がライセンスしなおされ、
重量盤 12inch LP 『dotA』がフランス盤としてreissuedされ、発売が開始。
FIP.FRFrance interなど、各FM radioでとりあげられるなどしてます。

またこのフランス盤のLPを、
アメリカ西海岸の老舗レコードレーベルLight in the Attic Recordsがディストリビュートするなど、じわじわと世界の至る所に届きはじめており、



SNS上では、巨匠ベーシスト Pino Paradino氏の公式アカウントにnaoito.aがフォローされるという、思わず頬っぺたをつねった珍事が起きている。

それが現在地のいまのここです。

そしてこのファンディングをはじめてまもなく、
2020年1月18日に岩手 安比高原スキー場で開催されるJazzy Sport主催 Appi Jazzy Sport 2020
☆.A All Starsが出演致しますので、
上に記しましたインスタライブとアーカイブ化で是非ご覧ください!


☆.A/NAOITO


【応援コメント】
U.F.O 矢部 直(DJ)
「お金は塩のようなもの。誰にでも必要なもので、それが足りないと人は活動できない。誰かが余分に塩を得たなら、それを必要としている者に分け与えるべきである。もっと活動すべき才能ある者が、塩不足なだけで活動が途絶えていたら、多くの人々の生活や社会にこれ以上の喜びは得られない。これ以上いま以上の喜びを求めない人生なんて僕は嫌だ、退屈なのはつまらない。」

沖野修也(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)

『 国を超えて響く声、というものがある。
僕はそういうものにしか反応しない。

英語でも、
フランス語でも、
ポルトガル語でも、
スペイン語でも、
イタリア語でも、
日本語でも。

国を超えて乗れるグルーヴ、というものもある。
僕はそういうものをいつも探している。

アメリカ産でも、
イギリス産でも、
フランス産でも、
アフリカ産でも、
ロシア産でも、
日本産でも。

そして、
僕はそれらを発見すれば、お金を出して買う。

残念なのは、その支払いの中から1円もアーティストの元へ届かないことがあることだ(時に、DJのヘビー・プレイで中古盤人気が高まって再発された暁には印税が発生することもある)。特に旧譜の場合は・・・。

僕は、商品を買っているのではない。
才能を賞賛すると共にアーティストに対価を支払うことで
創作を継続して欲しいと願っている。

それは寄付であり出資でもあるのだ。

時代の移り変わりと共に、アーティストとレコード会社の関係も変化した。

今もレコード会社は健在だけれど、リスナーがアーティストを直接サポートできる機会も増えた。先行投資が無くなったのは残念だけれど、中間搾取されなくなったと考えれば決して悪いことじゃない。

日本は、国内のマーケットが十分に大きかったこともあり、レコード会社は海外の可能性をあまり重要視してこなかった。それに、英語で交渉できる人材も稀だ。インターネットで世界と繋がっているというのに・・・。

ならば、僕達がリリースやイベントやツアーの全てに関して、アーティストをサポートすればいいんだと思う。

そう、国を超えて響く声を持ち、国を超えて乗れるグルーヴを知るアーティストを。
それは、☆.A All Starsなんじゃないのかな?』

松浦俊夫(DJ/選曲家/プロデューサー)
"自分たちの未来は自分たちで作る” 時代の先駆者NAOITOの新たなる挑戦。イチカバチカか、いや確信犯だ。面白くなってきたね。"



>>注意事項<<
・支援に関するご質問は、まずこちらのヘルプページをご覧いただいた後にお問い合わせください
・全てのリターンは税込、送料込みの価格です
・複数リターンのご支援をされる場合、同時決済ができません。そのため、お手数ですが1口ずつ支援をお願いします
・ご支援後のキャンセル、返金は受け付けておりません
・会場・日程は変更になる場合がございます。その場合も、支援キャンセル・返金は受け付けておりません
・プロジェクトに関するご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。支援後はなるべくメールのチェックをお願いいたします
・本プロジェクトはAll or Nothing方式です。募集期間内に目標金額に達しなかった場合、ライブ開催及びリターンの履行はされず、支援金は支援者様に返金されます
・お申し込み後のコース変更は出来ません
海外からの支援の仕方やリターンに関するご質問はdotaallstars2020@gmail comまでお問い合わせください(メール問い合わせの対応時間は平日13時〜17時のみとさせていただきます
・If you have any questions about how to support or return, please contact <dotaallstars2020@gmail com>(Mon to Fri 13-17PM)

>>リターンの購入方法<<
・クレジットカード(VISA / MasterCard / JCB / Diners Club / American Express)での支援
・コンビニ払い
・Pay-easy
・auかんたん決済
 ※未成年者はご利用いただけません
・ソフトバンクまとめて支払い / ワイモバイルまとめて支払い
・FamiPay決済

*各購入方法の詳細については、こちらをご確認ください

  • 2020/03/15 13:34

    引越ししますdotA all stars campfiring vol.01が終了して16日が経ちました。ご支援いただきました46万4700円が全額返金終了いたしました。一度ご支援いただいた支援金を返金するということ自体大変失礼なことと僕自身思っており申し訳ありません。クラウドファンディングと...

  • 2020/02/28 10:51

    ☆.A All Stars最初のクラウドファンディングがまもなく終了しますのこり13時間となりました現在の状況47人のパトロンが現れご支援を頂きましたありがとうございました超ハードコアなはじめのクラウドができたと思います最高ですリアルな47人とは決して心細くはないいい数です目標の4分の1という...

  • 2020/02/09 16:57

    大事件が起きました☆.A All Starsに限らず☆.A DuoでもKeyboard&SynthesizerのBOCCHIくんが人生初のSNS投稿をしてくれましたBOCCHIさんは素晴らしいミュージシャンであり、鎌倉の大工の親方です街中の人の相談役でありぼくの親方ですこの方が現代のシ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください