はじめまして、公家シンジと申します。

『性とナンパについて渋谷で考えた』というナンパに関するブログを書いています。

http://d.hatena.ne.jp/qqille/

 

まずは自己紹介がてら以下の動画をご覧ください。

 

ところで皆様はナンパツアーというものをご存じでしょうか?

さすがに初耳ではないでしょうか?

ナンパツアーというのは、見知らぬ土地に出かけて行き、旅先の女性たちと一夜のアバンチュールを繰り返すというのがコンセプトの旅行ツアーのことです。

 

普通の一般常識でいうと、ナンパというのは自分の生活圏内でやるものです。しかも女性とのセックスのみを目的にした低俗な行為であると認識されていると思います。

けれども旅先でのナンパというのは、そういうのとはまた一味違います。

それを私はちょうど1年前に九州を旅行した折に、ふと気づいてしまったのです。一年前の私のブログエントリーをお読みください。

『九州広域ローリングナンパツアー決行!』

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20140512/1399882732

『九州広域ローリングツアー雑感』

http://d.hatena.ne.jp/qqille/20140703/1404419488

 

日常における鬱屈したストレスを一気に解放する体験。

現地の女性たちから、異質の何かとして扱われ、

そうして受け入れられる体験。

濃密な時間を短期間の間に体験していくつもの思いを抱えながら日常の中に戻っていきます。

「あ、なんか、前と比べて自分の視点が変わったな」

と、帰ってきてからふとした瞬間に思い知ります。

 

そうして私はナンパツアーの虜になりました。

 

これまで九州のたくさんの都市や、北海道、さらには海外は台湾の台北にまで足を広げてツアーを成功させてきました。

わかりやすいようにツアーの様子を記した写真をいくつか添えておきます。

 

そして今回!!

5月28日(木)~6月1日(月)

香港・マカオにナンパツアーを進出させることにしました!!

香港といえば、アジアを代表する大都市、

100万ドルの夜景を舞台に

この熱い週末の4日間の間に一体どのようなことが起こるのか。

私のこれまでのツアーの集大成のつもりで挑みたいと思います。

 

参加者の存在

実は、ツアーというからには私のほかに参加者もいます。

多い時は5人以上の参加者を携えて見知らぬ土地を彷徨います。

彼らは、私がナンパしている姿を身近にリアルタイムで目の当たりにします。ふだんからナンパをする人にも、今までナンパなんてしたことがない人にも私がやっていることをしっかりと見てもらうのです。

そうして遅かれ早かれ彼らも少しずつ自分の足で動き出すようになります。各々が現地で女性と出会いのドラマを繰り広げていくのです。あるものは運命に導かれるように、またあるものははいつくばりながらもぎとるように。

それらのドラマに私はいつも感動させられます

参加者というのは、ツアーの観覧者であると同時に当事者でもあるのです。

 

 
クラトロ氏降臨!

それからもうひとつ今回の香港・マカオツアーの大きな目玉があります。

それは日本を代表する国際派ナンパ師のクラトロ氏が参戦することです。

彼は昨年度、シンガポールを拠点に1年ほど、アジア各国のみならず、ヨーロッパに遠征し、現地の女性とナイスな熱い熱い戦いを交わして日本に帰ってきました。

その戦いの模様は彼のブログ『ナンパはスポーツ』

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1

にて読むことができます。

 

彼の今回のプロジェクトに関する意気込みはこちらから読めます。

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/20150430/1430397265

以下引用。

『私はナンパに飽き始めた頃から、出会いや女性にナイスさを求め始めた。

そして積極的に外のフィールドにも出た。アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ…

世界20都市以上でナンパをしてきた。

それを積極的にアウトプットしたり分析したりしたが、

今回の香港ナンパツアーで私がしたい事はそうじゃない。

私の台湾ナンパエントリーを読んで

「台湾に行ってチャンネー抱いてきましたー!」

という連絡は何度も貰った。もちろん海外戦が簡単じゃないことは私もよく知ってる。

海外に行った、ナンパした、チャンネー抱いた、めでたしめでたし。

それに何の意味があるのだろうか。


私は海外には日本の日常生活で得られない"何か"があると思ってる。

ドーンときてガシャーンとやられるような感覚だ。

でもその"何か"は能動的に得ようと思わなければ得られない。

私の海外ナンパエントリーが毎回ネタ満載なのも、能動的に動き続けたからだ。』

彼の最大の特徴は、第三者に魅せるナンパをすることにあります。

ナンパを女性との一対一の関係において捉えてる時点でもう頭が固い固い。

彼は、そこらへんにいる人たちをみんなみんな巻き込んでナンパしていきます。

名付けて、劇場型ナンパ

今回、劇場型ナンパツアーと銘打ったのにはそういう理由があります。

こうなったら日本にいる皆々様にも巻き込まれてもらおう。

というのが、今回のプロジェクトの趣旨です。

 

皆様に支援をお願いする理由

このナンパツアープロジェクトを持続可能なものにしたいからです。

ナンパというと、世間的には個人のエゴイスティックな欲求を満たす行為だという風に捉えられがちです。そのような個人活動に支援をお願いするのはそもそも筋違いなのかもしれません。

ただ私はナンパツアーをひとつのパフォーマンス・プロジェクトとして定義しています。

それはあふれ出るエネルギーが誰かから誰かに確かに伝わる様をこれまでのナンパツアーを通じて私は何度も目のあたりにしているからです。誰かが内なるパッションの赴くままに行動する姿にはいつも胸をうつものがあります。そうして自分も何かをしなきゃなという思いに自然になっていくのです。

それこそがパフォーマンスの本質ではないでしょうか?

この一見わけのわからないナンパツアーを持続的なパフォーマンスプロジェクトに昇華させるためには、皆様からの精神的かつ経済的支援が必要不可欠だと考えています。ひとつのバカげた試みかもしれませんが、私はナンパツアーには大きな発展の可能性があると信じています。

支援くださった方には(支援額に応じて)お返しに様々なことをさせていただこうと思います。

 

まず基本的には、今回のツアーの様子を「ブログ形式にて」つぶさに報告させていただきます。

写真も込みでなるべくリアルな報告をこころがけたいと思います。

それから、私たちが実際に香港やマカオで得たナンパ情報(クラブの分析や有用なレストラン、ホテルなど)も還元させていただきます。実際に現地に行かれた際に役立てていただければ幸いです。

お返しについては詳しくは右欄をご覧ください。

 

 

私自身はともかく、クラトロ氏は一つの稀有なる才能の持ち主です。

彼との数年のつきあいを通じて、私は彼のこの才能に驚かされ続けてきました。彼にはアウェイの場所でも他人を巻き込んで流れを作り上げていく強力なエネルギーがあります。そうしてこのエネルギーをなんとか活かせないかということを考えてきました。

そういうわけで私は今回クラトロ氏をツアーに誘わせてもらう運びとなりました。

私や彼を目の当たりにした人が短い期間であれどのようになっていくのか、非常に楽しみです。

今回は日本とは遠く離れた地で、参加者の方にクラトロ氏や公家シンジを間近で見てもらうことを趣旨としたツアーですが、現場とは遠く離れた日本からも私たちのこのプロジェクトを温かく見守っていただけると大変ありがたいです。

 

支援どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

  • 2015/05/23 14:30

    現在、香港ナンパツアーの応募状況は参加6名、返答待ち1名です! ツアー参加者に資格は一切必要ありません。 宿泊・交通費自費負担、別途4万円がツアー参加費です。 ランカイフォンで僕と握手! ※24日(日曜)が締切なのですが、想定以上に好評で、私とシンジさんのキャパを考えると今後の参加者の...

  • 2015/05/16 11:27

    現在、香港ナンパツアーの応募状況は参加3名、返答待ち1名です! 5/24(日曜)に参加者は締切させて頂きます。 ツアー参加者に資格は一切必要ありません。 宿泊・交通費自費負担、別途4万円がツアー参加費です。 ランカイフォンで僕と握手! クラトロ    

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください