皆さまのおかげで、第一目標の 300万円 を無事に達成することができました!
ご支援いただきました皆さまには、心より感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。

このプロジェクトで1人でも多くの旅行を実現するために、新たな目標を設定させていただきました。
諦めていた“旅行”を叶えるべく、ぜひご協力をよろしくお願い申し上げます!



はじめに

今般の新型コロナウイルスの感染によりお亡くなりになられた方、ご遺族の方々には心からお悔やみを申し上げます。そして、現在も闘病中の方、ご対応にあたっている関係者すべての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

こんな大変な時だからこそ、これからの “医療” についてご提案させてください。
コロナ後の世界に向けて、「今」の私たちにできることを。

医師 伊藤 玲哉



これは「病室の天井」の写真です。

日本では年間140万人が亡くなり、約100万人が “病室のベッド” で最期を迎えています。

つまり、あなたがいつか最期にみる景色は、75%の確率で “病室の天井” になるかもしれません。


新型コロナウィルスにより、多くの方が “旅行へ行けない” という苦しみを経験をしました。そんな中、コロナが流行るよりずっと前から、病気で旅行を諦めている人がたくさんいます。



「 旅行へ行きたい... 」

医師として、現場で働いていたある日。
これが担当していた患者さんの “ 最期の願い ”でした。

何とかして“ 旅行を叶えたい ”と思いましたが、当時はその知識や経験がありませんでした。その後、患者さんは “ 最期の願い ”を叶えることなく、病室のベッドで最期を迎えました。


医療はすべての病気を治すことはできません。しかし、残された大切な時間を “ 自分らしく生きる ” ために出来ることがあるのではないか…。

「また、今度にしましょうね。」と伝えた時の、患者さんの寂しげな表情を今でも忘れることができません。





旅行者・医療者のどちらにも “医療面の不安” を抱えています。


病気を抱えた人は、旅行に対してたくさんの不安があります。同じように、医療者側も患者さんの旅行に対しては不安を抱えています。

病院や自宅とは異なり、旅行中は主治医の先生がすぐに駆けつけることができません。また、旅行先での医療の継続や現地医療機関との連携も容易ではありません。

このような旅行中の  “医療のすき間”  ができてしまうことが、旅行を諦めてしまう大きな原因となっていました。



旅行の定義は、人によりさまざまです。

 「思い出の場所へ、もう一度行きたい」
 「お世話になった人に、もう一度会いたい」
 「あの店の料理を、もう一度食べたい」
 「温泉にゆっくり浸かりたい」
 「故郷に帰りたい」
 「孫の結婚式に参加したい」
 「家族と一緒に過ごしたい」 など

1人ひとりの人生に “特別な想い” があります。


今回のプロジェクトでは、旅行中の “ 医療環境 ”を整えることで、諦めていた旅行を実現します。

旅行での体験を通じて、「大変なこともあったけど、生きていてよかった!」と感じることができれば、医療は決して病気には負けないと信じています。




これまでは医師として働きながら、ボランティアで活動してきました。

また、介護士資格や外出支援資格を取得し、全国のNPOやボランティア団体に参加しながら旅行サポートのノウハウを学びました。

実際に叶えることができた旅行


しかし、たった1人で叶えられる旅行には限界があります。
年齢、病気や介護の重症度、住んでいる場所に関わらず、1人でも多くの「旅行へ行きたい」と願う人の力になりたい!


そこで、病気があっても安心して旅行ができる “社会の仕組み” をつくるべきだと考え、1から準備を進めてきました。

また多くの方のご協力をいただきながら、一緒にプロジェクトを応援してくださる仲間を見つけるための活動も行ってきました。

『TOKYO STARTUP GATEWAY2019』最優秀賞

経済産業省/JETRO主催『始動Next Innovator 2019』米国シリコンバレー派遣





患者さんの願いを叶えられなかった、あの日から6年…
あの時の悔しさは1日も忘れませんでした。

「病気で旅行を諦めていたすべての人が、安心して安全に旅行ができる仕組み」を実現するため、ついにこのプロジェクトを立ち上げました!

主な3つの特徴をご説明させていただきます。



【 特 徴 1 】


【 特 徴 2 】


【 特 徴 3 】



このように、旅行中の “医療を継続” することで、病気を抱えている人が安心して旅行できる環境を整えます。

また医療業界だけではなく多職種・多業界との連携をすることで、より安全して旅行できる環境づくりを実現します!




【  運営メンバー  】

【  医療チーム  】

全国の医療・介護従事者と連携します。
さらなる仲間も募集中です!!



【  応援してくださる医師のみなさま  】



【  サポート企業のみなさま  】

2020/9/21現在



【  プロジェクト全体の流れ  】


【   資金の使い道  】

ご支援いただいた金額に応じて、病気で諦めていた旅行を実現します。

また、より多くの人が安心して旅行ができる仕組みづくりを目指し、医師のつくる旅行サポート会社設立に関わる費用として、大切に利用させていただきます。


【  リターンについて  】



<リターン早見表>


補足

※ 旅行者の募集・旅行開始時期について

新型コロナウィルスの影響により、旅行者の募集・旅行開始時期に関しては安全面が十分に確認できてからの決定となります。今後の状況により、スケジュールが遅れる場合がありますのでご留意をお願い申し上げます。

※ 旅行への応募方法について
応募方法等に関しましては、SNSやご支援いただいた方への報告等を通じて別途ご連絡させていただきます。詳しくは当プロジェクトサイトをご確認ください。

※ 個人情報保護のため、クラウドファンディング終了時までご支援者のお名前などの情報を知ることができません。できる限り早期にお礼メール等を送らせていただきたいため、もし差し支えなければ、備考欄に「お名前」と「メールアドレス」をお書きいただければ幸いです。



さいごに


「旅行に行きたい」という言葉には
「 今 を生きたい」という願いが、
込められています。


“ 病気で諦めていた すべての人が、
安心して安全に旅行ができる環境づくりを ”



このプロジェクトを医師人生をかけて実現します。その第一歩となる今回のプロジェクトに、ぜひご支援をよろしくお願い申し上げます!


今を生きる あなたへ
旅叶プロジェクト代表 伊藤 玲哉

  • 2020/10/05 07:00

    たびかなプロジェクト代表の伊藤です。本日、ついに第一目標金額の 300万円を達成 することができました!!!今回のクラウドファンディングは、目標金額に到達できなかった場合にはご支援金を受け取ることができない『All-or-Nothing方式』で実施しておりましたので、このコロナ禍での状況で旅行...

  • 2020/10/02 08:00

    たびかなプロジェクト代表の伊藤です!いつも応援いただき誠にありがとうございます。本日、たびかなプロジェクト公式HPが完成いたしましたので、公開させていただきます。クラファンページの内容に加え、サポートメンバーからのコメントや旅行までの流れなどを、より熱い想いを込めて制作させていただきました。ぜ...

  • 2020/09/28 21:58

    たびかなプロジェクトにご支援いただきました皆さまへいつもお世話になっております。皆さまのご支援のおかげで、目標金額の84%まで達成することができました!いつも応援してくださり、本当にありがとうございます!目標としている金額達成に向け、これからもプロジェクトのことを1人でも多くの方へ知っていただ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください