世界最年少で全世界197の国と地域を制覇します! (国連加盟国193ヵ国+国連未加入だが政府が国家承認した4か国=197ヵ国) 現在、193ヵ国を制覇した人は世界中で約100名と言われています。 その中の最年少は、アメリカの21歳の女性です。 その記録を更新し、世界最小年記録を更新します!!

プロジェクト本文

世界197カ国制覇の最年少ギネス記録に挑戦します!



こんにちは!

数多くある企画の中からこの企画を閲覧いただき誠にありがとうございます!


高校一年生の まつお と申します!

twitter.com/021100

この度、私が建てる企画は「世界197カ国制覇の世界記録に挑戦すること」

です!

(国連加盟国193カ国+日本が国家承認している国4カ国)

まず、一つの絵を197個に分け、


世界197カ国にこの足で行き、それぞれの国で大きな絵のひとかけら「ピース」を集めて


一つの大きな絵を完成させたいと思っています


対立関係にある国でも、国民単位では必ずしも対立感情を抱いているとは限らない物です


政治的、民族的など様々な理由で対立している国でも平和という一つの目標に向けて


少しでも好転すればいいし、国内国外の学生世代が海外に目を向けるきっかけになればと思い、この取り組みをスタートさせます。


又今回、世界のことについて調べていくうちに


日本人の海外渡航率が非常に低いことに気が付きました。

日本人年間海外渡航率:14%

(豪:41%、韓:43%)

日本と同じく、空路でしか出国できない韓国やオーストラリアと比べてもかなり低いのがわかります。

実際、貧困問題などがテレビで流れても「遠い国のことだ」と思っていたこともあります

しかし、そこには実際に人がすんでいるのであり

他人事ではいけないのです

僕がこの活動をすることで少しでも海外に目を向ける学生が増えれば尚良いとおもいます



⬇️なぜ思い立ったのか⬇️


元々小さい頃から海外に興味がありました。


親が海外好きで、小さい頃からいろいろ聞いていたり英語を教えてもらったりしていたのもあるのかもしれません。


成長していくにつれ現代のインターネット社会ですから、多くの情報を簡単に入手することができます。


Youtube で海外の動画を見たり、微信というチャットアプリで中国の学生と交流していました。


この、微信というアプリに関してなのですが、とある国際系youtuberさんの取り組みで日中の中高生で交流するというグループがありました。


そこに参加して、中国の高校生や大学生と仲良くなり、元々海外に行きたかったのもあって


高一ですが単身中国に10日間行ってきました!


日本との文化の違いはもちろん言葉も通じなかったのでなかなか大変だったと頃もありましたが


微信で仲良くなった高校生と会ったり現地の人にいろいろ教えてもらったりして、とても楽しむことができました。


また、日本でずっと暮らしてきた自分がとても恵まれているんだと知りました。


水道水はそのまま飲めるしホテルはどこも綺麗だし


それ以外にも様々な文化的、環境的な違いがあることに気づきました。


それ以降、私はずっと、もっと海外に行きたい!いろんな国に行っていろんな人と喋りたい!そう思うようになりました。

いろんな方のブログなどを見たり海外の人に直接話を聞いたりしておもったのが

日本ではとても恐ろしいように言われている国も言ってみれば現地の人はとても優しかったり面白い所なんだと!


もちろんすべてがそうではなく、危険なところもあるのは事実ですが、


この目で見てみることに意味があるのは事実だと思います。


そう思うようになってから、世界のいろんな国に行きたいとしか思わなくなりました。


ふと調べたときに、世界197カ国を制覇した人のギネス記録は21歳の米女性だと聞きました。


それを知った瞬間、「これを更新する!!」そう思い立ち、今回の企画を立ち上げました。


日本人が知らない場所や行かないとわからない現状を皆さんにお伝えできたらと思います。




⬇️旅のルール⬇️


・197カ国訪問するといっても空港から出ずに別に国に行くことでカウントしたりだとか、

乗り継ぎで訪れたからとか そのようなことはしません。たとえ地理的に訪れたからと言ってその訪問はただ訪れただけであり、全く意味をなさなからです。それに普通にセコい

ですので、最低でも1つの国に3日は滞在することを目的とします。これは最低ですので実際はもっと滞在するとは思います


・外務省で渡航自粛要請が出ている国(ソマリア、北朝鮮など)に関して

基本的には関係なく行きます!しかし、渡航順などに関しては順番を入れ替えたり後に回したりする場合があります。(入国歴によって他国に入国ができなくなる場合があるため)



・基本的に観光ではなく交流しに行くので、人との交流を大事にする

・ツイッター、インスタなどで旅の様子をアップロードする




⬇️旅の計画⬇️


4クールに分けます


【1クール】

韓国>中国>北朝鮮>フィリピン>パラオ>インドネシア>ブルネイ>シンガポール>マレーシア>ベトナム>カンボジア>タイ>ラオス>ミャンマー>バングラデシュ>ブータン>ネパール>インド>スリランカ>モルディブ>パキスタン>アフガニスタン>タジキスタン>キルギス>カザフスタン>ウズベキスタン>トルクメニスタン>イラン>アラブ首長国連邦>オマーン>イエメン>サウジアラビア>カタール>バーレーン>クウェート>イラク>ヨルダン>イスラエル>レバノン>シリア>キプロス>トルコ>アルメニア>アゼルバイジャン>ジョージア


【2クール】

モンゴル>ロシア>ウクライナ>モルドバ>ルーマニア>ブルガリア>ギリシャ>アルバニア>マケドニア>セルビア>ボスニアヘルツェゴビナ>クロアチア>ハンガリー>スロベニア>オーストリア>スロバキア>ポーランド>ドイツ>ルクセンブルク>ベラルーシ>リトアニア>リトアニア>ラトビア>フィンランド>スェーデン>ノルウェー>デンマーク>チェコ>イタリア>サンマリノ>バチカン>モナコ>スイス>リヒテンシュタイン>フランス>ベルギー>オランダ>イギリス>アイルランド>アイスランド>スペイン>ポルトガル>アンドラ>モロッコ>アルジェリア>チュニジア>マルタ>リビア>エジプト>スーダン>エリトリア>エチオピア>ジプチ>ソマリア>ケニア>ウガンダ>ルワンダ>ブルンジ>南スーダン>コソボ>中央アフリカ>チャド>ニジェール>ナイジェリア>ベナン>トーゴ>ガーナ>ブルキナファソ>コートジボワール>リベリア>シエラレオネ>ギニア>ギニアビザウ>セネガル>ガンビア>まり>モーリタニア>ガーポベルで>コンゴ民主>ルワンダ>ザンビア>マラウイ>モザンビーク>ジンバブエ>コモロ>マダガスカル>セーシェル>エスワティニ>南アフリカ>レソト>ボツワナ>ナミビア>アンゴラ>コンゴ>ガボン>赤道ギニア>サントメプリンシペ>カメルーン>


【3クール】

カナダ>アメリカ>メキシコ>キューバ>バハマ>ジャマイカ>ハイチ>ドミニカ共和国>アンティグアバーブータ>センとクリスファーネービス>ドミニカ>セントルシア>セントビンセントおよびグレナディーン諸島>バルバトス>グレナダ>トリダードドバコ>ベネズエラ>コロンビア>パナマ>コスタリカ>ニカラグア>ホンジュラす>エルサルバドル>グアテマラ>ベリーズ>エクアドル_>ペルー>チリ>ボリビア>パラグイア>アルゼンチン>ウルグアイ>ブラジル>スリナム>ガイアナ


【4クール】

パプアニューギニア>キリバス>ソロモン諸島>バヌアツ共和国>フィジー>サモア>二ウエ>トンガ>クック諸島>ピトケアン島>ニュージーランド>オーストラリア>東ティモール>マーシャル諸島>ミクロネシア>ナウル

(変更の可能性があります)



この通り、ものすごく多いので費用も莫大なものとなります。

中学を卒業してから今までの一年間、バイトなどをして貯金しましたが70万円ほどしかたまらずまだまだ足りません。



また、最年少でこの記録を塗り替えるには少しでも早く出発しないといけないので時間がありません。


この企画を成功させるには皆様の協力が必要不可欠です


どうか協力お願いいたします!



⬇️資金に関して


資金はこのように使用させていただきます。


飛行機代     200万円

鉄道代      200万円

食費、宿費    300万円

ビザ、ツアー代  70万円     (ツアーは朝鮮など必須の国でのみ購入)

保険、予防接種代 30万円


計 800万円


所得税23%分 184万円


キャンプファイヤー手数料 14% 112万円


合計目標金額   1096万円


【注意事項】

本企画は all or nothing 方式により行われます。

期間内に金額に満たなかった場合、リターンの履行および企画の実行は行われません。



僕は通信制高校生なので海外でも授業を受けることが可能です

しかし、年5回のスクーリングがありますので、その際は帰国しますが企画が確定すればその点に関して融通を学校側にお願いします



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください