年に2回カナダのバンクーバーで行われる、北米で2番目に大きなファッションウィークであるVancouver fashion week様より、ファッションショー開催のお誘いを受けました。ショー開催に向け、支援者を募集致します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

isxnotデザイナーのマキセイズミです。
まずはこちらのページをご覧頂きありがとうございます。

2015年の9月、独学でスタートしたisxnotも、現在は多くの方に愛して頂きとても嬉しく思っております。
この度、Vancouver fashion week様(以後VFW)より、年に2回カナダのバンクーバーで行われる北米で2番目に大きなファッションウィークで、ファッションショーを開催しないか?と、お誘いを受けました。

パリコレと並ぶ世界4大ウィークであるパリ・ミラノ・ニューヨーク・ロンドン。
北米において、そのニューヨークの次に大きなファッションウィークがVFWになります。お話を頂いた時は、突然の規模の大きさに驚きを隠せませんでしたが、滅多に頂けない機会です。存分に揉まれて帰ってこようと思っております。

このプロジェクトで実現したいこと


愛だの恋だの気持ちだの、この世には目に見えないものが沢山あります。
isxnotでは【目に見えない物を可視化する】をメインテーマに、様々な服を作ってきました。そして、それは服を作るにつれて「わたしを育ててくれたカルチャーに対する愛を、わたしの愛する物で叫ぶのだ」そんな気持ちを生み出していったのです。

わたしにとって服とは防具でした。ある服を纏わなければ、玄関を越えられない時もありました。
世界最小のパーソナルスペースは、いつだって怖い物からわたしを守ってくれる物でした。けれど、それ以外の使い道もあるのだと、isxnotを通して知れた事が嬉しいのです。育ててくれたカルチャーに対する愛を、ファッションという、わたしにとって一番身近な物で叫べる事が嬉しいのです。

この愛を、世界に向けて叫んで来たいと思います。

プロジェクトをやろうと思った理由

2018年にはじめた10月の展示会も、昨年は東京・名古屋・福岡での行う事が出来、今年は何をしようかなと頭を悩ませていた所へ、とても素敵なお話を頂き二つ返事でお受けさせて頂きました。

しかしショーの開催は2020年10月の為、今年は例年通り展示会を行う事は難しいと思われます。
わたし自身「また来年楽しみにしてます!」とのお声に支えられており、その楽しみが無くなってしまうのは何だか寂しいな。と思い、クラウドファンディングという形を取らせて頂きました。

精一杯のワクワクをご用意致します、良ければ是非一緒に楽しんで下さい◎


資金の使い道

集まった資金は、ショーのルック作製費用・渡航費用として使用させて頂きます。

ショー開催費用 80万円
渡航・滞在費用(1週間) 30万円

ここに更にルック作製費用等かかって参ります。
多額の資金が必要です、ご助力お願い致します。


リターンについて

ショー最前列へのご招待から、様々な物をご用意致しました!
リターンは全て限定商品です。是非ご覧下さい◎


実施スケジュール

発送はVFW終了後を予定しております。
お届けまでお時間頂きますが、何卒よろしくお願いします。

最後に

苦労は買ってでもしろと言うけれど、身にならない苦労をする程、人生は長くありません。
「早すぎる」や「下積みを」といったご意見はあるけれど、わたしは、飛ばせる肯定ならばスキップで軽やかに飛ばしていきたい。石橋を叩いて渡らない分、脆く崩れ落ちる事もあるかも知れませんが、その時はひとつのアトラクションとして、笑い飛ばしてくれればなと思っています。もちろん、そんなつもりは毛頭ございませんが。わたしの愛は何処まで届くだろうか?わたしの声は何処まで響くだろうか?このお話が決まってからという物、最近は毎日ワクワクして、同時に少し脚が竦んで。けれど、やっぱりどうしようもなく楽しいのです。「おもしろくなって来やがったぜ!」ってなもんでぃ。
初めてのファッションショー、それも海外で。今日まで応援してくれているisxnotのファン(通称:フリーク)のみんな達に「isxnotを応援してきて良かった」「isxnotを好きなわたしのセンスは間違ってなかった」そんな風に言ってもらう為にも、最大限の努力で、必ず成功させて来ます。ちゃんとそこで、いちばん近くで見ててね。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください