【台湾地震】緊急支援金募集 #台湾加油

現在の支援総額
¥9,074,333
パトロン数
2014人
募集終了まで残り
16日

現在907%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/03/08 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

2月6日夜、台湾東部・花蓮県の沿岸で発生した地震により、台湾で多くの被害が出ています。CAMPFIREは、地震発生翌日より被災地で支援を行うピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と共に被災地支援プロジェクトを立ち上げます。手数料はCAMPFIREが負担し、みなさまから集まった金額の全額を支援金とします。

===============================

2月6日夜、台湾東部・花蓮県の沿岸で発生した地震により、台湾で多くの被害が出ています。CAMPFIREは、地震発生翌日より被災地で支援を行う ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と共に被災地支援プロジェクトを立ち上げます。手数料はCAMPFIREが負担し、みなさまから集まった金額の全額を支援金とします。

===============================

 

6日夜に発生した台湾地震を受け、ピースウィンズジャパン(PWJ)は、支援活動を開始した台湾のパートナー団体「鉄漢隊」(桃園市の消防団)と連絡を取り合い、現地での情報収集を開始しました。

翌朝7日、現地調査に向けて、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)/A-PADの合同支援レスキューチーム隊長・黄春源が台湾に出発。

到着後、現地行政との協力のもと、災害医療テントの運営を支援し、けが人の手当を実施しています。このテントは台湾国内の医療チームの手配も行っています。

現在でも40人近く(2月8日時点)が損壊した複数の建物に閉じ込められている可能性があり、早急な救助が求められています。

倒壊の可能性がある建物での捜索が求められる一方、マグニチュード5.8の地震が起きるなど余震もあり、捜索が中断されることもあります。

被災地の気温は日中12度程度ですが、夜になると気温の低下が心配されています。現状では夜も捜索活動を続けています。

PWJは今後、避難所の開設や被災者のニーズがあれば物資支援も行っていく予定です。

参考記事:

倒壊しそうな建物を支える鉄骨、コンクリートで補強する台湾現地の対応


なお、資金が余った場合は今後このような災害が発生した際に、PWJがすぐさまレスキューチームを派遣するための訓練、資機材の購入、救助犬育成などに活用させていただきます。

 

■ CAMPFIREとして

・国内最大級のクラウドファンディングプラットフォームとして強みを生かし支援者を募集します。

・ 手数料は弊社負担で運営を行い、集まった支援金額の全額をPWJの活動を通じ、台湾地震の支援に使います。

・ 支援者の方の決済手数料216円につきましても、プロジェクト終了後に弊社より支援金としてPWJへ振込いたします。

■ 支援方法

・1500円から支援いただけます。

■ リターンについて

・支援者様にはCAMPFIREよりお礼のメッセージをお送りします。