● 室内で植物の発芽から生長、開花までを管理するスマートデバイスです。


室内で観賞用の植物を種から育て、発芽から開花までを管理してくれるので、自分だけのパートナープランツを育てるのに最適です。また、韓国の優秀デザイン(GD)においてGold賞を受賞した洗練されたデザインと特殊な構造設計、スマートなLED照明を内蔵しており、洗練されたインテリアの演出が可能です。

● どんな方でも室内で簡単に植物を育てるようサポートいたします。


● 使用レビュー TOP3


01. ブルームエンジンの主な特徴

1) 室内でも植物の栽培が可能なLED照明

製品上部に内蔵された多数のLEDチップは、光が不足する室内環境で発芽、開花に必要な光量と光波長帯を調整して植物の種子に与えます。またLED照明の暖かい色調は、あなたのお部屋のの雰囲気をより素敵に演出してくれます。

Warm WhiteとCool White系のLED Chipを内蔵しており、LED照明は10,000~25,000xlの明るさ、450nm~700nmの波長帯をカバーしています。暗い室内でも植物に必要な光環境をご提供します。


2) 2週間以上自動給水可能な1.2Lの大容量ウォータータンク

ウォータータンクは最大1.2Lの水を貯蔵し、植物の大きさによって2~3週間水を補充しなくても自動給水が可能です。長期間の旅行や出張の時も安心です。


3) 水の補充の通知、自動給水ができる水位センサーとウォーターポンプ

ウォータータンク内に水位センサーがあり、水量が不足するとブルームエンジン上部のLEDインディケーターとスマートフォンアプリでお知らせします。また、内部のウォーターポンプは自動で給水ができるのでウォータータンク内の水を循環させて水を新鮮な状態に保つことができます。


4) 好みでタッチ操作 or アプリ操作

ブルームエンジン上部のマニュアルモードタッチボタンを使ってワンタッチで操作ができます。またはスマートフォンアプリとBluetoothで接続し、アプリ内でLED on/off時間設定、自動給水設定、ウォータータンクの水位確認なども可能です。

アプリケーションはApp StoreとGoogle Playでダウンロードできます。


5) 植物の生長を促す小型空気循環ファン内蔵

製品内部のた空気を循環するためのマイクロファンは、植物の蒸散作用を促し、光合成と成長をサポートします。また、ファンから発生する風の流れによって葉がそよぐ様子は小さな感動と癒しを与えてくれます。


6) パートナープランツの育てるのが楽になる人工圧縮土壌

同封されている圧縮土壌は、使う前、圧縮、乾燥された状態ですので、軽くてスペースを取らずに保管することができます。また、吸水力と保湿力に優れ、種子から栽培するのに最適です。植物が大きくなった、あるいは開花後に植え替えが必要な場合も簡単に作業を行うことができます。

※ 人工圧縮土壌は消耗品です。オンラインで別途購入いただけます。(https://bloomengine.net/shop)


7) 韓国最高権威のGood DesignでGold賞を受賞し認められた独創的な設計とデザイン

特殊な構造設計と独創的なデザインで、蓋を開けることなく、上から水を注ぎ、補充することができます。その際、透明ウインドウの内側に、まるで雨粒が落ちるような光景をご鑑賞いただけます。


8) 自分だけの空間演出が完成する洗練されたデザイン

自分だけのパートナープランツを育ててくれるスマートプランターとしての役割だけでなく、室内空間を特別に演出してくれるインテリアデザイン照明やオブジェとしての機能も果たします。

家やオフィスで私を暖かく迎えてくれる、自分だけのパートナープランツ。
机の上、ソファーの隅、テーブルの上、ベッドサイドで、自然の神秘を体感してください。

韓国のGood DesignでGold賞を受賞し認められた素敵なデザイン。インテリアに新鮮さを。
子どもたちと一緒に植物の生長を記録してみてください。


02.開発ストーリー

ブルームエンジン(株)は、東京、ソウル、香港、ニューヨーク、ロンドンなどの大都市に住む人々が、自然をより身近に感じ、手軽に都市農業に参加できるよう、都市農業に関連したスマート製品やサービスを開発·提供しています。

人は誰しも自然を愛し、植物を身近に感じたいと思うものです。しかし都市のマンションやビルに住む現代人は室内で過ごす時間が長いため、室内で植物を育てたいと思う人もたくさんいることでしょう。しかし、都市の暮らしでは植物を育てられるスペースは不足しており、室内は植物が育つには劣悪な環境だと言えます。

また、水をやり忘れたり、逆に水をやりすぎることで植物を枯らした経験のあるひとは多いのではないでしょうか。サボテンでさえ何度も枯らしてしまうほど、植物を育てることはとても難しいのです。

そこで私たちは、自然を愛し、植物に関心のある方々に質問しました。

● 室内で植物を育てる時、何が一番大変ですか?

①室内でも植物を育てたい。でも忙しくて自信がないので、誰か代わりに育ててほしい。
②緑の葉だけではなく、きれいな花が咲く植物を育てたい。
③既存のプランターやスマートプランターよりも洗練されたデザインの製品がほしい。

このような回答結果と市場における私たちのインサイトを基に、室内ガーデニングに最適化されたスマートプランターブルームエンジンを開発することになりました。

03.ブルームエンジン リターン内容

ブルームエンジン本体1個、使用説明書1冊、ACアダプター1個、種セット1個(圧縮土壌、種、液体肥料、種の植え付けガイド)

※種は、ガザニア/ベゴニア/ニチニチソウの中から1種類、色はランダムに発送予定

ユーザーガイドPDFファイルダウンロード

[種セットの内容]

種セットは、人工圧縮土壌1袋、種カプセル1個、液体肥料2個で構成されています。液体肥料は水の補充の際、水1~1.2リットル当たり1個を稀釈し、お使いください。


04. リターン構成

05. 製品仕様
[主要スペック]


[ブルームエンジン分解図]

06. ブルームエンジン使用方法

①本体下部にアダプタープラグを接続します。

②水約1L(紙コップ5~6杯)と液体肥料1個をまぜ、プランターにゆっくりそそぎます。

③圧縮土壌を取り出して別の容器に水(約50mL)と一緒に入れ、圧縮土壌が十分に膨らむまで10~15分ほど待ちます。

④膨らんだ圧縮土壌をプランターに入れます。

⑤土壌表面を指で押して平らにします。

⑥種カプセルに入っている種2、3粒を土の上に置きます。

⑦-A.指で軽く種を押します。(光発芽種子は土で覆う必要はありません。)
⑦-B.種1個分の厚さの土をふわりと被せます。(暗発芽種子は必ず土で覆ってください。)
※製品に同梱されている半球を被せていただくと、種の発芽が促されます。

⑧ウインドウを本体にかぶせ、連結ケーブルをソケットに接続します。

⑨製品上部のマニュアルモードボタンをタッチするか、アプリに接続していただきオートモードをご使用いただけます。

※スマートフォンアプリの主な画面構成及び機能

アプリにはLED照明の自動on/off、自動給水、ウォータータンクの水位表示などの機能があります。現在、iOSとAndroidで英語と韓国語バージョンが開発されています。日本語バージョンは2020年5月の配送前までに開発完了予定です。

07. メディア紹介

ブルームエンジンは日本のYahoo! JAPAN、Yanko Designや韓国、アメリカ、ヨーロッパの様々なオンライン/オフラインメディアで紹介されました。

08. チーム紹介

こんにちは、ブルームエンジン(株)代表のパク·スルギです。私は弘益大学で産業デザインを専攻し、現代建設で住宅商品企画と経営企画関連の業務を担当、室内空間に関連した製品とサービスを企画しておりました。

昨年からはブルームエンジン(株)を設立し、代表として在職しております。

私も他の人たちと同じように植物や草花に興味があり、何度か育ててみたこともありますが、大抵すぐに枯れてしまいました。植物が元気に育つ姿を見たかったのに、忙しい社会人生活の中で水をやるのをうっかり忘れてしまい、枯らしてしまったことが何度もあります。そんな経験から、自然に室内植物の栽培に関連する製品を作ることに興味を持つようになりました。

これまでにも様々なサイズ、機能、形態の製品を企画·開発してきました。ブルームエンジンは、個人用スマートプランターとして皆様に新しい室内ガーデニング体験をご提供できるよう、企画·開発された製品です。各分野の専門家と協業し、商用化を終え、生産を開始しました。

09.開発及び生産現況

ブルームエンジンは、現在開発とテストを終え、日本、アメリカ、韓国の電波認証を獲得しました。先日生産を開始し、韓国での販売をスタートさせました。スマートフォンアプリは英語と韓国語バージョンの開発を完了し、'20年5月の配送前までに日本語バージョンの翻訳を終える予定です。

1) 様々なデザイン試案とMock-upを製作し、デザインを検討しました。


デザイン試案及びデザインMock-upの製作

2) テストベッドを製作し、様々な植物の生長テストを実施しました。

テストベッドでの植物栽培テスト中

3) これを反映したデザインコンセプトと試案を確定し、プロトタイプを製作することになりました。

ブルームエンジンの最終デザイン案及びプロトタイプ製作テストの写真

4) 併せて、製品に搭載される電子回路とファームウェア、アプリも開発を完了しました。

電子回路サンプルとスマートフォンアプリの画面デザイン

5) 射出金型は設計と開発を完了し、試射出まで完了しました。

射出金型(T-3)完了及び試射出で金型を検証する様子

6) 試作品を製作し、使用性のテストと検証を完了しました。

試作品製作後の使用性テスト

7) Bluetoothを使用するための電波認証を獲得しました。
(日本、アメリカ、韓国における電波法取得済み)


10. FAQ

Q1.ブルームエンジンで提供される品種以外の植物も育てることができますか?
A. はい、育てることができます。ただし、植物は種類によって大きさや成長条件が異なりますので、ブルームエンジンの中では生育が悪かったり、過度に育ってしまい早く植え替えをしなければならない場合があります。

Q2.一般培養土や固形肥料を使用できますか?
A.一般培養土と固形肥料のご使用はお勧めいたしません。通常の培養土や固体肥料を使用した場合、内蔵ポンプの故障の原因となることがあります。

Q3.水はどのくらいの頻度で補充すればよいですか?
A.一般的には室内の温度、湿度、植物の生長の度合いによって異なりますが、通常2~3週間おきの補充で大丈夫です。ウォータータンクの残量はスマートフォンアプリやブルームエンジン上部の水位確認LEDインジケーターで確認できます

Q4.植物が大きくなってしまった時や、新しく種子を栽培したい時にはどうすればよいですか? 
植物が大きくなってしまった場合は、植物の根本ををそっとつかんで引っ張ると簡単に抜けます。その後、新しい圧縮土壌に種を植えていただくことで、簡単に植え替えることができます。

Q5.人工圧縮土壌とは何ですか? 
人工的に作られた土壌で、本物の土壌ではありません。栄養分がないので、液体肥料を薄めて土壌に給水する必要があります。

Q6.人工圧縮土壌の使用期間はどれくらい持ちますか?
芽が出てから4-6ヵ月ほどで植え替えを推奨します。もちろん、6ヵ月以上使うこともできます。

Q7.人工圧縮土壌を使用してブルームエンジンで提供されているタネ以外のタネを栽培することはできますか?
はい、可能です。バジル、ミントなど様々なハーブのタネをお使いいただけます。
ブルームエンジンではハーブ類のタネがよく育ちます。ただし、ハーブ類は早く育ち、背が高くなってしまうのでブルームエンジンの内部空間がハーブにとっては小さい可能性があります。ハーブがある程度育ってきて内部空間が窮屈に感じてきそうでしたら、植え替えをして新しい種を植えることをおすすめします。

Q8.一般土壌(培養土)を使ったらだめですか? 
ブルームエンジン内部は人工圧縮土壌に合わせて設計されています。通常の土壌をご使用の場合、すぐに故障することはありませんが、内部のポンプが詰まったり誤作動する恐れがありますので、推奨しておりません。

Q9.今後、人工圧縮土壌はどこで購入できますか?
クラウドファンディングの期間中は、リターンリストにある「超早割B,C,D」3つのリターンに人口土壌、液体肥料が含まれており、好きなオプションリターンを選択して購入できます。
また、プロジェクトの終了後にはブルームエンジンのオンラインモールとオープンマーケットを通じてお求めやすい価格で購入できるよう準備しております。

Q10.液体肥料とは何ですか? 
人工圧縮土壌には植物成長に必要な栄養成分が含まれていません。そのため、給水時に液体肥料を薄めて入れることをおすすめします。(水1~1.2Lに液体肥料カプセル1個(約1.2ml)
液体肥料は、HYPONEX社の植物専用栄養剤で、植物に必要な成分が全て含まれています。

Q11.液体肥料はどれくらい頻繁に与えますか? 
1ヵ月に1度与えることを推奨します。(最初の給水時、液体肥料を希釈して給水 2週間後に給水する時は、水だけ給水 4週間後に給水の際、液体肥料を希釈して給水)


ここまでお読みいただきありがとうございます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください