タッチレスコントロールを実現した完全ワイヤレスイヤホン
TicPods2 Pro(ティックポッズ2・プロ)は最新コントロール機能と米国クアルコム社最新チップ「QCC5121」、Bluetooth5.0搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。
旧世代モデルから大好評だった独自のタッチコントロール機能に加え、頭の動きだけで操作を可能にした”TicMotion”、イヤホン独自の音声コマンド”TicHear”といった独自の最新コントロール技術を新たに搭載することで、ペアリングしたスマホなどのデバイスはもちろんイヤホンにすら触れることなく音楽再生などの操作を可能にしました。

 

2018年に発売され国内外のクラウドファンディングで3億円以上の支援を受けたTicPods Freeの後継となるTicPods2の最上位モデルがTicPods2 Proです。
TicPods2 Proではカナル型からインナーイヤー型に変更。バッテリーケースは旧モデルに比べ42%コンパクトになっています。


▼実際にTicPods2 Proを使ってみていただいたレビュー動画です


■モーションコントロール(TicMotion)

TicPods 2には、6軸センサーを搭載。着信時に頭の動きだけで通話のオン/オフの操作を可能しました。このオリジナルモーションコントロールを”TicMotion”と呼んでいます。
スポーツ中や荷物で両手が開いていないなんて時の着信もすぐに対応が可能です。

■音声コマンド (TicHear) 

▼Quick-Commands

多くのワイヤレスイヤホンで音声コマンド操作が出来ますが、それはペアリングしたデバイスのSiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントを利用するものでした。
そのため音声コマンド操作の際は「Hey Siri ~」「OK Google ~」といった音声アシスタントを起動するためのワードが必要でした。
TicPods2 Proはデバイスの音声アシスタントを使用せず、イヤホン独自の音声コマンド操作機能”TicHear Quick-Commands”を搭載しています。
TicHearによってイヤホンを装着後「play music」というだけですぐに音楽が再生されます。音楽の停止、次の曲の再生、前の曲に戻る、といった操作もイヤホンもデバイスにも触れることなく音声ですぐに操作が可能です。


*クイックコマンドは英文のみの対応、日本語には対応していません。

▼Wake-up word “Hey Tico”

クイックコマンドの他にTicHearでは「Hey Tico」と話しかけることで接続したデバイスのSiri・Googleアシスタントを起動することが出来ます。


■タッチコントロール (Tickle)

旧世代モデルで話題となったスライド操作によるボリューム調整をはじめとした独自の直感的タッチコントロール機能”Tickle”はTicPods2でも引き続き搭載。旧モデルに比べ、タッチの精度や感度も大幅に向上しストレスないタッチコントロールが可能になりました。 

■インナーイヤー検知機能

TicPods2 Proは自動で装着の有無を検知しています。耳から外すと音楽は一時停止、再び装着した瞬間に続きから再生。
余計なアクション無しで、すぐに音楽を聴くことができます。


「好きな音楽に合わせて音質を変更したい。」

「間違えて電話拒否にしたくないからモーションコントロールをOFFにしたい。」

など、お使いのスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、TicPods2 Proをもっと自分好みに使いやすく設定していただくことが可能です。
アプリを通してイコライザーの変更、左右イヤホン・ケースそれぞれのバッテリー残量の確認やアップデート、各コントロール機能のON/OFFなどの設定変更が行なえます。

■翻訳モード

専用アプリがアップデートされTicPods2 Proを使った翻訳機能が使えるようになりました。

イヤホンのマイクに日本語をしゃべるとスマホのスピーカーから英語が音声が流れる『イヤホン会話翻訳モード』や左イヤホンを日本語から英語に翻訳、右イヤホンを英語から日本語に翻訳と左右のイヤホンを使って翻訳しながら会話ができる片耳会話翻訳モードなど4つの翻訳機能が専用アプリを通してお使いいただけます。
翻訳は英語だけでなく日本語を含め19言語に対応しています。

※専用アプリのダウンロードをおすすめいたしますが、ダウンロードせずにスマートフォンなどのBluetooth機器とペアリングしてお使いいただくことも可能です。


TicPods2 Proには米国クアルコム社の最新チップ「QCC5121」を搭載しています。クアルコム社の「QCC3020」や「QCC3026」が現在は多くのワイヤレスイヤホンで採用されておりますが、これらのチップと比べても「QCC5121」は2倍の処理速度があります。この最新チップとBluetooth5.0と合わせて大幅に受信感度が向上しており、人混みにおける通信性能も大幅に向上しました。 


TicPods2 ProはQualcomm® aptXに対応しており、ペアリングしたデバイスからの音楽再生を最高音質で楽しんでいただけます。また、最新のチップとBluetooth5.0により低レイテンシーを実現、動画の音が遅れてしまうオーディオラグを抑え、ストレスなく音楽再生や動画視聴が楽しめます。 


TicPods2 Proは左右のイヤホンそれぞれに2つのマイクを備えています。左右に搭載している2つの高感度マイクにより、音声を拾うとアルゴリズムによってノイズが軽減され、クリアな音声を実現しました。街中などの周囲の雑音が気になる場所でも快適な通話が出来ます。 


バッテリーケースのサイズは71mm×32mm×24mm。旧世代モデルにくらべ42%のコンパクト化に成功しました。デニムのコインポケットにも収まるサイズです。 


IPX4レベルの防水性能を備えているので、スポーツやエクササイズ時の汗や急な雨などにも心配はいりません。 


Navy(ネイビー)・Ice(ホワイト)・Blossom(ピンク)の3カラーからお好きなカラーをお選びいただけます。 


※TicPods2 (standard)はTicPods2 Proより先行で発売されている廉価版モデルです。TicPods2 (standard)はTicHear・TicMotionは搭載されておらず、搭載されているチップはQualcomm®QCC3026になります。 


 


Mobvoiは、元Googleエンジニアによって2012年に中国にて設立。北京に本社を置き、シアトルとサンフランシスコにも支店を構えています。
中国語音声検索ソフトウェアにおいてGoogleとのパートナーシップ締結をはじめ、Volkswagen・SIGGoerTek・Sequoia・Capital・Zhenfundといったグローバル企業から出資を受けており総額2億5千万ドル以上の資金調達に成功しています。
音声認識やタッチセンサーなどの自社の高い技術をワイヤレスイヤホンに搭載することで今回の新製品「TicPods2 Pro」が誕生しました。
また、”WeChat” “Dianping” ”Didi Chuxing” “Weibo”といった中国で最も人気のあるアプリにも同社のソフトウェアが搭載されています。


お届け日から1年間の保証がついておりますのでご安心ください。
保証の対象は初期不良や通常のご利用で故障した場合となります。
自然損耗や経年劣化、誤ったご使用による破損などは保証の対象外となります。


Q.Apple製品やAndroid製品、どちらでも使用できますか?
A.はい。Apple製品・Android製品のどちらでもお使いいただけます。音声コーデックiOS端末の場合はAAC、Android機器の場合はaptx/AAC/SBC対応になります。

Q.TicPods2 ProとTicPods2は違いはなんですか?
A.TicPods2 ProはTicHearとTicMotionの音声コマンドとモーションコントロールを搭載しておりますが、TicPods2には搭載されていません。チップセットはTicPods2はクアルコム社の「QCC3026」、TicPods2 Proは「QCC3026」に比べ2倍の処理速度がある「QCC5121」を搭載しております。また、マイクはTicPods2がシングルマイク、TicPods2 Proがデュアルマイクになっており、TicPods2 Proのほうがノイズの少ないクリアな通話音質になります。

Q.片耳だけで使えますか?
A.TicPods2 Proの片側のみでの使用は左耳用イヤホンのみ可能です。右耳用イヤホン片側のみでの使用はできません。

Q.モーションコントロールで誤って電話拒否にしてしまわないか心配です。
A.モーションコントロールや音声コマンドは専用アプリからON/OFFの設定変更が行なえます。作動させたくない時はアプリでOFFに設定してお使いください。

Q.充電はどのように行いますか?
A.イヤホンの充電は、バッテリーケースにより格納するだけで行えます。また、バッテリーケースの充電も、付属のUSB-A to USB-Cケーブルの接続で、簡単に充電が可能です。

Q.接続可能な距離はどれくらいですか?
A.Bluetooth5.0の規格上は10m以内で安定した通信ができます。電波干渉のない状況下では更に長い距離での通信が測定上可能となっていますが、実際の使用状況により異なります。



最後までお読み頂きましたこと、心より感謝申し上げます。
スパーキークリエイトの内山と申します。
弊社は【生活を豊かにハッピーに】をモットーに、自社商品の開発並びに海外製品の輸入販売に取り組んでおります。
これからも自社商品の開発並びに海外製品の輸入販売に精進してまいりますが、まずは、今回のプロジェクトを成功させるべく引き続き邁進して参ります。
皆様、ご支援を頂けますと幸甚です。
どうぞ、宜しくお願い致します。  

 

▼TicPods2 Pro最速レビュー動画

TicPods2 Proのコントロール機能を実際に使っている様子をわかりやすく紹介していただいております。
ぜひ一度ご覧ください。

・モーションコントロール 

・スライドボリュームコントロール 

 ・音声コマンド 

リスク&チャレンジ

本製品は量産体制が確保された製品になり、プロジェクト終了後はメーカー側と協議の上、できる限り早くお手元に届けられるよう努力いたしますが、想定を上回る大量のご注文時や素材供給に時間が必要な場合など予期しないトラブル、または物流事情などで遅延が発生する場合がある点についてはご留意ください。

また各種カラーについてはご利用のモニター等環境によって見え方が異なる場合があります。

当プロジェクトはお申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名 : スパーキークリエイト株式会社

◯ 事業者の所在地: 〒120-0035 東京都足立区千住中居町28-7

◯ 事業者の連絡先: support@sparkycreate.com
※こちらではお申し込みは受け付けておりません。お問い合わせは当ページの「メッセージで意見や問い合わせを送る」ボタンよりお願い致します。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:
・クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)
・コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)
・銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/
・auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期:各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産・物流状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品:当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または弊社連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2020/04/06 10:42

    サポーターの皆さまこの度はTicPods2 Proに多くのご支援をいただきありがとうございます!当プロジェクトは4月5日を持って終了となりました。最終的に904,000円の支援金が集まりました。これもご支援および当プロジェクトをSNS等で拡散し応援して下さった支援者様一人ひとりのおかげです。改...

  • 2020/04/05 16:44

    サポーターの皆さま 当プロジェクトは残すところあと8時間となりました。 本日の23:59をもって終了となります。 終了まで残りあとわずかとなりましたが、一人でも多くの方にTicPods2 Proを知っていただけるよう取り組んでまいります! 引き続き応援の程、よろしくお願い致します。

  • 2020/04/04 15:37

    サポーターの皆様へ当プロジェクトは残すところあと2日となりました!早期支援でお得に手に入れるチャンスは4月5日(日)の23:59をもって終了となります。改めて厚くお礼申し上げます。残り2日ですが、精一杯取り組んで参ります!引き続き応援の程、よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください