サーフィンがなかなか上手くならない… サーフィンをもっと楽しみたい… とお困りの〈あなた〉へ。 その悩み、日本を代表するプロサーファーたちがズバリ解決しちゃいます!私たちはサーフィンがもっと楽しくなる世界初のアプリ【モバレク】です! 詳しくは↓↓↓

プロジェクト本文


はじめまして!【モバレク】チームです!
本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます!


早速ですが、

「なかなかサーフィンが上手くならない…」
「はじめて2年、だいぶ乗れるようになったけど次は何をしたらいいか分からない…」
「もう〇〇年もやってるのにまだリッピングできない…」
「時間とお金をかけて海に行っても数本しか波に乗れない…」

などとお悩みの方、いらっしゃいませんか?

「いや、自分は今のサーフィンに満足してるよ。」という方も、オルタナティブボードクラシカルボードなどでサーフィンのコアな部分を見てみませんか?


ここからは〈あなた〉がサーフィンに何かしらの悩みや課題を抱えているという前提でお話しさせていただきます。

もし、日本を代表するプロサーファーやチャンピオンたち〈あなた〉のサーフィンに寄り添ってくれて、克服すべき課題を一緒に考えてアドバイスしてくれることで「目の前にある壁」を乗り越えていけるとしたら…どうでしょう。


「いやいや、それができたら最高だけど、そんなの無理に決まってるでしょ」

いえ!
それをどこにいても実現するのが【モバレク】なのです!

【モバレク】は一流選手やチャンピオンが〈時間とお金をかけて身に付けた貴重なノウハウ〉を動画で分かりやすくお伝えするアプリです!


▼モバレクの概要


【モバレク】に興味を持っていただきありがとうございます!

まず、モバレクってどんな意味?となっている方も多いかと思います。
モバレクは【モバイル レクチャー】の略です。

その文字の通り、
モバイル ・・・携帯性のある通信手段=スマホやタブレット端末
レクチャー・・・説明、講義、(何かを)専門的に学ぶ

モバイルレクチャー・・・アプリからサーフィンを専門的に学べるサービス


今までありそうでなかったモバイルアプリ【モバレク】によって〈あなた〉がこの日本の、いえ世界のどこにお住まいだったとしても、プロサーファーからアドバイスをもらってサーフィンを進化(深化)させていくことが可能になります!


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


▼モバレクの具体的な内容


【モバレク】は2つのサービスが柱となっております。

・教科書動画
・ライディング動画添削 『モバレク先生』

上記のサービスをご利用いただくにはモバレクアプリをダウンロードしていただき、月額480円(税込)の有料プランに加入していただきます。
モバレクアプリの有料会員になっていただくと教科書動画がいつでも見放題。


教科書動画

モバレクは教科書動画として、これからサーフィンを始める初心者の方〜NSAで日本タイトルを狙うようなトップアマまで、全てのレベルのサーファーに向けて、田中 樹プロ監修のもと、一流のプロたちによるキメ細かい教科書となる動画をローンチから50本以上の大ボリュームでご用意してお届けします。

これによって、多くの方が悩みがちなマニューバーの解説や、動作の際の注意点などを詳しく学ぶことができます。

この教科書動画は
・ライディング動作解説
・陸上トレーニング
・サーフスケートを用いたトレーニング

の大きな3つのカテゴリに分かれていて、さらに動画をレベル別コンディション別に分けることでよくあるコンディション下でどういった点に注意すべきかなどが分かるようになっています。


↑中級者向けの動画コンテンツの魚骨図


さらに、コンテストプロのような激しいライディングではなく「スタイリッシュを目指す方たちのための教科書や、ロングボードボディボードの教科書動画も素晴らしいコーチ陣とともに構築されております。


また、ライディング解説に紐付いた陸上トレーニングをお伝えすることで、海に行けない状況でも課題のための練習をすることができます。


全ての動画はレギュラースタンス用、グーフィースタンス用に分かれており、ユーザー登録の時点でスタンスを入力していただくことで〈あなた〉と同じスタンスの動画で学んでいただけます。

↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!



ライディング動画添削サービス『モバレク先生』(別料金)


いま〈あなた〉がぶつかっている壁=課題 が分かる動画をスマートフォン等で撮影していただき、モバレクにアップロード。
アドバイスをもらいたいコーチを指定してメッセージを入力したらエントリー完了です!


『モバレク先生』は、教科書動画だけでは自分の改善点が分からない方や、プロとの交流を求める方におすすめのサービスとなっております。

一流のプロコーチやプロサーファーが〈あなた〉のサーフィンがさらに良くなるためのアドバイスをあなた〉のためにお届けします!

『モバレク先生』の返信は
①テキストでの返信
②動画での返信
③zoomなど対話での返信
以上の3パターンを予定しております。
※各コーチの状況などによって提供可能な返信形態、受付可能な枠数が変動しますのでご了承ください。

『モバレク先生』予定価格:一回4,000円〜(コーチや求める返信の形態によって変動)
※モバレクアプリ有料会員は割引価格でご利用いただけます。


現在サードゴールに挑戦中!

ネクストゴールとして掲げた、目標金額500%を達成できた暁には、クラウドファンディングを支援してくださった方に『モバレク先生』を1回無料で提供させていただきます!!!
詳しくはページ最下部をご覧ください!


ショートボード
田中 樹 ・・・トップ選手もコーチングするモバレクヘッドコーチ
牛越 峰統・・・フレンドリーな人柄で人気を集めるJPSAグランドチャンピオン
大原 洋人・・・US OPEN覇者、世界で戦う現役のヤングスーパースター※契約予定
稲葉 玲王・・・2019年度QSツアーランキング日本人トップを記録
村上 舜 ・・・2020年 QS5000での優勝が記憶に新しい、オリンピックに一番近い男
河谷 佐助・・・2019年JPSAチャンピオンを関西にもたらした大阪の星
佐藤 魁 ・・・トッププロであり海外転戦経験も豊富。テレビ出演もありファンも多い

ロングボード
細川 哲夫・・・ロングボードのカリスマで、ツインフィンやクアッドなども乗りこなす
浜瀬 海 ・・・2×JPSAチャンピオンの現役トッププロロングボーダー

ボディボード
大原 沙莉・・・日本が誇るボディボードのAPBワールドチャンピオン

オルタナティブボード
高貫 佑麻・・・パイプラインのチャージや様々なボードを乗りこなすフリーサーファー


私たちは今、これ以上ない豪華メンバーと共にサーフィンの教科書アプリの開発を行っています。
さらに『モバレクコーチメンバー』には僕たちと同じ志を持った多くのプロサーファーの参加を予定しておりますので、ぜひご期待ください!


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


▼応援の声


モバレクローンチに際して著名な方から応援メッセージを頂戴しましたので、以下にご紹介させていただきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高校生の時、先輩にサーフィンに連れて行ってもらった夏。まったく乗れなかったけど、サーフィンの魅力にひかれました。その後は電車でボードを担いで海に行き、教えてくれる人も周りにいなかったので、見様見真似でやり出したのが始まりでした。

あれから時が経ち、サーフィンはオリンピック種目になり、スポーツとしてもメジャーになった今、子供たちにとってビックチャンスをつかめる【将来の夢】の1つになってきています。

僕の始めた頃には、想像も出来ませんでした。

今回の活動が、【未来のヒーロー】への支えになり、ボクも含め多くのサーファーが、まるでローカルの先輩に頼れるような場所になると信じ、応援しています!

サーフィンがもっと上手くなれば、もっと違った景色が沢山みられる。
この場所で盛り上がって、みんなでいい波を気持ちよく乗りましょう!

吉沢 悠(俳優)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


▼モバレクチーム コアメンバーの想い


私たちは「より多くの方にサーフィンをもっと楽しんでもらいたい!」という信念のもとに集まったプロサーファー集団で立ち上げるアプリ開発チームです!

プロジェクト代表者に舟橋(門井)大吾、ヘッドコーチに田中樹、映像ディレクターに高貫佑麻を迎え、さらに多くの賛同者たちと共にこれからサーフィンの世界に革命を起こすチームです。以後お見知りおきください!

当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます!
【モバレク】チーム代表舟橋大吾(フナハシ ダイゴ)と申します!


僕は伊豆大島の出身で、10歳の時に他界した父親の夢でもあった「大島からプロサーファーを排出する」という夢を叶えるため高校卒業後に千葉県勝浦市のウェットスーツ製作会社で仕事をさせてもらいながら、サーフィンの練習に明け暮れ、24歳の時にJPSAショートボードのプロ公認を得る事ができました。

プロになってからもウェットスーツの仕事は続けてきて、32才の時に先代よりウェットスーツ事業を受け継ぎ、現在は勝浦市部原海岸の目の前の工場で、今世界中で話題となっている1mmウェットスーツ』を開発した「ネクストレベル」という会社を経営しております。

前出のとおり僕は離島の出身で、サーフィンは島にいる時に見よう見まねではじめました。
僕が育った島は波はあるけどプロサーファーはいないし、サーフィンの情報も届きにくい環境で、少しずつ乗れるようにはなっていったのですが「こういう時はどうしたらいいんだろう?」とひとりで頭を悩ませていたのを思い出します。

単身千葉に来たときは上手いサーファーが多くてカルチャーショック。同年代のプロもいるし、やはりサーフィンはアドバイスを受けられるか否かで上達スピードが大きく変わると痛感しました。

自分の経験からも、【モバレク】は地方や離島に住んでいるサーファーにもぜひお届けしたいアプリです!
僕がプロを目指すなかで感じた立地的なハードルをも取り払うことができると信じています!


はじめまして。
元プロサーファーで現在はトッププロ選手のコーチを務める田中樹(タナカ イヅキ)です!
【モバレク】のビジョンに共感し、チームの中ではヘッドコーチに就任させていただきました。


僕は10歳の時に父親の影響でサーフィンを初め17歳でプロ転向、2009年にJPSA 日本国内のプロツアーで年間グランドチャンピオンを獲得。
その後WSL世界ツアーのQSシリーズを中心に転戦し、2018年にプロツアーを引退した今は〈2019年度WSLのQSランキング日本トップ〉の稲葉玲王プロなど、主に世界を転戦しているトップ選手に対してコーチングしています。


僕自身、現役でQSツアーを何年もフォローすることで世界のサーフィンを目の当たりにするなかで、日本のサーファーの世界観を広げていきたい」と思いました。
それは日本のコンペティターサーファーのレベル向上も、一般の方のサーフィンの底上げも、です。

たくさんの人を直接コーチさせていただきたいという思いですが、物理的に難しい。そんな時にモバレクの話をいただきました。
僕は【モバレク】なら 初心者・中級者・上級者、老若男女すべてのサーファーに大きなメリットを提供できると確信しています!


はじめまして、プロサーファーで表現者として活動している高貫佑麻(タカヌキ ユウマ)と申します!
【モバレク】チーム内においては映像ディレクター兼オルタナ系コーチを務めています。


僕は両親の影響で9歳の時にサーフィンを始め、ショートボーダー時代にはNSAの全日本選手権ジュニアクラスで優勝、そして19歳でプロ転向しました。数年国内外ツアーに参戦しますが、サーフィンの新しい可能性と地球環境にアプローチすべく26歳でプロツアーを引退。
10歳からパイプラインにフォーカスし続け、現在はフリーサーファーとして世界中を旅しており、色々な人・価値観・ボードとの出会いに恵まれています。


サーフィンの懐は僕らが思っているよりもずっと深く、サーフィンの楽しみ方は自由で無限大。
しかし、僕が日本を旅する中ではまだ狭い価値観しか知らない方と出会うことが多く、「自分に合った世界観とボードを手に入れることでもっともっと楽しくサーフィンできるのに…」と思っていました。

特に日本はスモールコンディションが多いので、オルタナティブボードクラシックロングボードをチョイスすることでサーフィンの楽しさは何倍にも広がります!
そんな新しいサーフィンの価値観も交えながら、【モバレク】を通してみんなでハッピーにサーフィンできる未来にワクワクしています!


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


▼私たち日本のサーファーが置かれてる状況

今年の2月頃から新型コロナウィルスが猛威を振るい、全都道府県に緊急事態宣言が出された現在では各自治体によって差はあるものの、感染を拡大させないために海岸に面した駐車場を閉鎖するなど、サーフィンのために街から海に人が訪れるのを自粛する動きが続いております。

こんな状況だからこそ、かねてより構想のあった【モバレク】をアップグレードしてローンチすべくクラウドファンディングを実施させていただきました。

【モバレク】を使って…
ご自宅でサーフィンの教科書動画を観て「ライン取り」や「目線」「体の使い方」を勉強していただく。
さらにサーフスケートを使った練習の動画を観て、実際にライディングをイメージしながら身体を動かしてもらう。
ご自宅での時間が多くなるこの時間にこそもう一度サーフィンを見直すことができると思います。

サーフィンの神様と呼ばれるGerry Lopezさんの有名な言葉 ” Surf is where you find it ”まさにこのマインドを実行していけたらと思います。

新型コロナウィルスの影響で海に行くのを控える” STAY HOME ”な今だからこそ〈あなた〉のためにモバレクができることがあると確信しています。


▼日本サーフィンの未来のために…

私たち【モバレク】は多くの日本人サーファーに有益なコンテンツをたくさん提供することで「日本をサーフィン大国にする!」という私たちのもうひとつのビジョンにも近づけると考えています。


モバレクによって〈あなた〉を含めた日本サーフィン全体のレベルが上がる

海の中のレベルが高いと、自然とさらにレベルの高いサーファーが生まれる

日本からQSを駆け上がり、CTにクオリファイする選手や世界で活躍するフリーサーファーが現れる

メディアからもフォーカスされ、次世代の子供たちも心からプロサーファーに憧れる



誰でもSNSなどで自由に声をあげたり、クラウドファンディングでサービスを支援することができる今だからこそ、〈あなた〉のサーフィンを輝かせ、さらに日本のサーフィンの未来を作るプロジェクト【モバレク】を応援してください!


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!



▼実施スケジュール・資金の使い道


モバレクは2020年7月のローンチを目指し、現在アプリ開発を進めております。
※スケジュールは、Apple社の承認などにより変更となる場合があります。予めご了承ください。


今回のクラウドファンディングでは皆さまにモバレクのサービスとビジョンを知っていただき、もし魅力的なリターンを見つけていただけたらパトロンになっていただき、モバレクのローンチを心待ちにしていただけたらと思います!

今回のクラウドファンディングでご支援いただいた資金はアプリの開発費の一部として使わせていただきます。


▼リターンのご紹介


今回リターンにはモバレクローンチに先駆けてアプリの先行予約モバレクベータ版への参加など特別なリターンをご用意させていただきました!

詳しくはリターン選択時に内容をご確認ください。

※リターン実施スケジュールは、Apple社の承認などにより変更となる場合があります。予めご了承ください。


キャンプファイヤーの仕様として、支援金額を500円単位で上乗せいただくことも可能です!
↓参考画像


↓ここまで読んでご支援いただける方はこちらへ

「もっと知ってから!」という方は
続きをお読みください!


▼最後に


最後まで読んでいただきありがとうございました。

私たちの目指すビジョンは大きく言えば「日本サーフィンの底上げ」。

そのためにも「今日のあなたのサーフィンがどれだけ楽しいか」一番重要だと思っています。

「サーフィン楽しい!!」と心の底から思える人がもっともっと増えてほしい!


そして日本中の海に笑顔が溢れたら…こんな幸せなことはありません。
モバレクはそのために尽力して参りますので、今回のクラウドファンディングにもどうぞお力添えの程よろしくお願いいたします。

モバレクチーム一同



たくさんの方にご支援いただき、モバレクのクラウドファンディングは目標金額の300%まで達成することができました!本当にありがとうございます!

さらに多くの方に【モバレク】を使っていただき「日本サーフィンを底上げする!」というビジョンに近づくために、まだまだクラウドファンディングは続きます!
目標金額達成後もより多くの方々に「支援してよかった」と思ってもらえるような施策を検討させていただき、次なる目標として「ネクストゴール」を設定させていただきました!

モバレクからの御礼として、下記のネクストゴールを達成した際には、ご支援いただいた全ての方にライディング動画添削サービス『モバレク先生』大幅割引させていただきたいと思います!



2nd Goal セカンドゴール達成御礼!!
目標金額300%達成:半額でご提供!

3rd Goal サードゴール←現在挑戦中!!
目標金額500%達成:無料でご提供!

※モバレクの有料会員にご登録いただけるリターン(④〜⑧)をご選択いただいた方の割引率です。
リターン①〜③をご選択いただいた方には、目標金額300%達成で30%引き、目標金額500%達成で半額とさせていただきます。


『モバレク先生』は一回4,000円〜10,000円を予定しているサービスですので、多くの皆さまにモバレクにご支援いただき500%を達成できた際には、その4,000円〜10,000円のサービスを無料で受けていただける、大還元企画です!
モバレクの教科書動画と併せて使っていただくことで、サーフィンの大幅な改善が見込めます!
※『モバレク先生』について、詳しくは本文中の詳細をご覧ください。



引き続き【モバレク】のSNSなどでの拡散、応援、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!!!

モバレクチーム一同

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください